インテグレートヒーリングとは?

カラダのことは、カラダに聞こう。
~現代医学・代替療法・心理学・ヒーリングの統合~
医師によるインテグレートヒーリング(IH)のご案内

「なぜ私は病気なの?」
「この病気はどうしたら治るの?」
「私のカラダにとっていま一番必要なことは何?」

ご病気をお持ちの方は、少なからずこんな疑問を持ったことがあると思います。検査結果やマニュアルに沿った治療でうまくいっているなら問題ありませんが、そうではない場合、直接カラダにどうしたらいいのか、最善の方法を聞けたら一番いいと思いませんか? なぜって、カラダのことはカラダが一番わかっているからです。

アタナハクリニックでは、代替療法の経験豊富な医師が、インテグレートヒーリング(IH:筋肉反射テストを用いるヒーリング)によって、あなたの症状や病気についての必要な情報を、直接カラダに聞いていきます。そして、様々な治療法・調整法(ヒーリング法)の中から、最高最善の方法を、カラダに聞いて選びだします。頭で考えて試行錯誤するよりも、カラダに直接聞いた方が、どんぴしゃりの答えが出ます。そして、治療効果が出るのが断然早いのです!


もう薬はいりません。サプリもいりません。点滴もいりません。
モノを使わなくても、病気は治ります。

(※カラダが必要と言ってくる場合のみ物理的な治療を行いますが、必要最小限で済みます。)

インテグレートヒーリング(IH)とは?

~Integrated Healing ~統合された癒し~

IHではチャクラに沿ってヒーリングを進めていきます。IHは、キネシオロジーという筋肉反射テストを使ったセラピーの一種です。IHでは、セッションのテーマや、ヒーリング(治癒)を起こすために必要な情報(原因や状況・臓器の情報など)、それらの問題の解決法(ヒーリング法や物理的な治療法)まで、すべてカラダを通してあなたの潜在意識から直接答えを聞いて、ヒーリングを行っていきます。ヒーリングがあなたの人生に統合された時、現実が変容します(=病気が治ります)。

いろいろな治療法を試したのに効果が出ない方へ

教科書的な知識やネットなどの情報によって、様々な検査をしたり治療法を試したりしているのに、症状が改善しないという方も多いと思います。症状が改善しない原因はたった一つ、原因だと思っていることが違っているからです。それだけです。

私たちは、私たちが考えているよりも、もっと大きなエネルギー的存在です。カラダに影響するのは物質的なものだけではなく、感情的な抑圧や心理的トラウマ、潜在意識の思い込み(ビリーフ・信念体系)、体内を流れるエネルギーの滞り、電磁波や放射線や人の想念など、さまざまな目に見えない要因があります。起きた症状だけに捉われて病気の真の原因を理解することをしなければ、いつまでたっても病気は治らないでしょう。要するに的外れなのです。

検査ではわからない・医師やセラピストが知る由もないような病気の深い原因をカラダは教えてくれます。原因がわからない、またはなかなか治らない病気こそ、カラダの声を聞く価値があると言えるでしょう。

病気を治すのは医師ではなく、
あなた自身が持っている叡智(えいち)です。

不思議なことですが、あなたのカラダは、あなたの病気を治すために必要な情報をすべて知っています。キネシオロジーはそのカラダの叡智を知るためのツールであり、セラピストはカラダの通訳者にすぎません。IHで病気の癒しが起こるのは、セラピストがカラダの叡智から教わり、余計なことをせずその通りに実行するからです。


病気を手放す準備ができている方だけ来てください。

病気には多くの場合、少なからずの恩恵があり、その方の役に立っています。もし病気なしにその恩恵を受けられないとその方が思っていたら(潜在意識で)、病気が良くなることはないでしょう。

病気が治るということは、しばしばその方の心の持ちようの大変革が必要になります。心から病気を治したいと思っていない方、準備ができていない方は、IHをおすすめいたしません。

IHは、カラダ(=潜在意識)が伝えてくる、その時点でその方にとって安全で受容可能な調整だけを行うので、つらい思いをされることはまずありませんが、しばしばご自分の内側を見つめさせられる場合があるからです。

インテグレートヒーリングの流れ

インテグレートヒーリング(IH)は、筋肉反射テストを用いるキネシオロジーというセラピーの一種です。セラピストは、筋肉反射テストを用いて、クライアントのカラダ(=潜在意識)の答えを聞いて、ヒーリングを行います。IHはマッサージベッドに横になってお受けいただきます。

IHで用いられるプロトコルIHで行う調整法(矢崎の場合)
  • ネガティブなエネルギーコードの切断
  • 扁桃体(トラウマの座)の感情の解放
  • 体を青写真(体の設計図)の状態に戻す
  • 不要なサバイバルプログラム(生存のためのプログラム)の解除
  • DNA-細胞レベルの環境の調整
  • ディープレベルスイッチング(脳の深いレベルのエネルギーの乱れ)の調整
  • 視床下部-下垂体-副腎系(HPA系)の調整
  • 視床下部-下垂体-甲状腺系の調整
  • 魂の再統合
  • アッセンブリッジポイント(目に見えないエネルギーの取り込み口)の調整
  • インナーチャイルドの癒し
  • 怪我-ネガティブな影響の調整 など
  • 聖マリアのハートヒーリング(神聖幾何学ヒーリング)
  • 惑星チャイム(アキュト二クス)
  • 惑星音叉(アキュト二クス)
  • フィボナッチプロセス(アキュト二クス)
  • 各種音叉
  • フルトリニティ
  • ボディラブトリニティ
  • シータヒーリングのテクニック
  • 聖水
  • アロマ
  • クリスタル
  • レーザー
  • STB(Simply The Brain)・LEAP(脳の調整キネシオロジー)のテクニック
  • 治療グレードサプリメント
  • 薬物治療 など
IHで用いられるプロトコル
  • ネガティブなエネルギーコードの切断
  • 扁桃体(トラウマの座)の感情の解放
  • 体を青写真(体の設計図)の状態に戻す
  • 不要なサバイバルプログラム(生存のためのプログラム)の解除
  • DNA-細胞レベルの環境の調整
  • ディープレベルスイッチング(脳の深いレベルのエネルギーの乱れ)の調整
  • 視床下部-下垂体-副腎系(HPA系)の調整
  • 視床下部-下垂体-甲状腺系の調整
  • 魂の再統合
  • アッセンブリッジポイント(目に見えないエネルギーの取り込み口)の調整
  • インナーチャイルドの癒し
  • 怪我-ネガティブな影響の調整 など
IHで行う調整法(矢崎の場合)
  • 聖マリアのハートヒーリング(神聖幾何学ヒーリング)
  • 惑星チャイム(アキュト二クス)
  • 惑星音叉(アキュト二クス)
  • フィボナッチプロセス(アキュト二クス)
  • 各種音叉
  • フルトリニティ
  • ボディラブトリニティ
  • シータヒーリングのテクニック
  • 聖水
  • アロマ
  • クリスタル
  • レーザー
  • STB(Simply The Brain)・LEAP(脳の調整キネシオロジー)のテクニック
  • 治療グレードサプリメント
  • 薬物治療 など

テーマ設定

まずセッションのテーマを決めます。例えばここで「腰痛」が選ばれたとします。
(※必ずしもクライアントが取り組みたいテーマをカラダが選ぶとは限りませんが、その時に最高最善のテーマが選ばれます。)

セットアップ

ホログラフィックセットアップと言って、クライアント本人だけではなく、その方を含んだ宇宙全体にとって最高最善の答えが出るようにエネルギー場をセットアップします。このセットアップこそが、大きな変容を起こすIHが他のキネシオロジーと異なる点です。

情報収集

調整する(ヒーリングを起こす)ために必要な情報(例えば、腰痛がいつからどんな風に始まったか、腰痛の原因、関連するできごとや感情、臓器の情報など)を、カラダに聞いてピックアップしていきます。これは、それらの情報についての周波数を収集する作業です。

目標設定

目標=「そのヒーリングが人生に統合された時(=ヒーリングの効果が出た時)にどのような状態になっていたいか」を、カラダに聞きながら、簡潔な言葉で設定していきます。これは言うなれば、カーナビに目的地の住所を登録するようなものです。顕在意識と潜在意識(=カラダ)の目標が一致した時に最も早く現実化が起こりますので、目標設定は重要です。

調整(ヒーリング)

最も適した調整(ヒーリング)方法をカラダに聞き、それを行います。それまで集めた腰痛の持つ周波数のすべてが、それによって調整されるのです。予想を裏切る調整方法が選ばれることもあります。

サポート

IHではメタフィジカル(物理的な次元を超えたレベル)な調整を行うため、ヒーリングセッションが終わった後はカラダが物理的な対処を選択しないことが多いですが、しばしば必要とカラダが伝えてくることがあります。例えばサプリメント・ハーブ・ホメオパシーなどを一定期間とることが選ばれたり、何らかの習慣をやめる(タバコなど)、または始める(運動やアファメーションなど)こともあります。薬や手術が選ばれることもあります。珍しいものとしては、診断書を書くことが選ばれたことがありました(仕事を休む必要があるのに、本人が休めないと思っているケース)。

以上が、簡略化したIHセッションの流れです(実際にはもっと多くのステップがあります)。

インテグレートヒーリングは費用対効果が高い

~治療費用・期間について~

院長矢崎は分子栄養学に基づく栄養療法(オーソモレキュラー療法)に携わって10年になりますが、自費にならざるを得ない栄養療法をはじめとする代替療法に対して効果が遜色ないだけでなく、IHは費用対効果が高いという結論に至りました。

分子栄養学に基づく栄養療法は日進月歩で発展しており、薬物治療では治らない難病の患者様の福音になっていることは間違いありません。しかし、検査や治療のほとんどが保険が効かないため、高額な治療にならざるを得ず、いくら栄養療法が良い治療であっても患者様にとっては大きな負担になり、十分な治療が受けられないケースが多くみられます。

では、まず、栄養療法を受ける際にかかる費用(おおよその相場)を見てみましょう。


検査内容金額の目安
血液生化学検査(基本的な) 1万円~
毛髪ミネラル検査(毛髪からの重金属排泄能・ミネラル状態) 1~2万円
オリゴスキャン(皮膚で測定するミネラル・重金属検査) 1万5千円前後
唾液コルチゾール(副腎疲労の検査) 2万円前後
尿総合ホルモン検査(副腎や女性ホルモンを含めたホルモン状態) 6~7万円
総合便検査(腸内環境をみる検査) 6万円前後
尿中重金属排泄検査(尿からの重金属の排泄能・ミネラル状態) 2~3万円
遅延型食物アレルギー検査(隠れたアレルギーの検査) 3万円前後

通常、これらの検査を必ずしもすべてしなければならないわけではありませんが、症状によって絞り込んだとしても、少なくとも2~3種類の検査は必要になるでしょう。それに加え、治療用サプリメントによる治療が、クリニックにもよりますが、一か月あたり2~5万円かかります(10万近くかかるところも)。その治療で効果が出ればよいですが、もし出なければ「別の検査をしましょう」という話になり、結局検査代だけで10~20万円かかることもよくあります。

検査に加え、毎月のサプリメント代・点滴療法(1回1~2万円程度)なども行うとすると、治療効果が出ずに試行錯誤しているうちに月日が過ぎて、治療費の総額が100万円を超えてしまった・・・ということも珍しくありません。

栄養療法以外に、漢方や鍼灸・整体・その他いろいろな治療を患者様が独自で試されていることも多く、その費用も入れたらかなりの費用になるのは、想像に難くないでしょう。

それに対しIHは、セッションで集めた情報に対する波動を調整することが働きかけの主要な部分であり、基本的に物質は用いません。例外的に、カラダが必要という場合のみ物理的な治療を行うので、基本的にセッション料金以外にあまり費用はかかりません。もちろん患者さまのご希望があれば検査を行ってもよいですし、データがあれば調整の際の情報になるのでプラスに働くことはありますが、なくてもIHは行うことができます。

1~2回のセッションで大幅な改善が見られることもありますが、経過が長かったり複雑なケースでは10回以上のセッションが必要になることがあります。10回セッションを受けたとしても30万円(+消費税)であり、栄養療法を漫然と行うよりも費用と時間の節約になることが予想されます。

また、アタナハクリニックでは病気の治療目的に医師がIHを行うため、費用は治療費となり、確定申告の際に医療費控除を申請することができます(病気の治療が目的でない場合は除く)。


当院の料金

120分 3万円(税抜価格)
180分 4万5千円(税抜価格)←人気です!
120分(中学生以下) 2万円(税抜価格)

※時間は多少前後いたします。
※多くの場合、複数回のセッションが必要になります。
※料金は医療費控除の対象となります・
※病気や症状の治療以外のご相談は承っておりません。ご了承ください。

Aさん(39歳女性)の例

Aさんは、5~6年前から続く微熱・全身倦怠感・疲労感・体の痛み・睡眠障害・朝起きられないなどの症状があり、慢性疲労症候群と呼ばれる状態でした。会社にも行けず、心療内科で仮面うつ病と診断されていました。いくつもの病院で、抗うつ剤などの治療を受けましたが、改善しませんでした。

当院にて諸検査を行い、副腎疲労・遺伝子変異(MTHFRホモ変異)によるメチレーション障害(解毒障害)・マグネシウムをはじめとする栄養欠乏と診断しました。治療用サプリメントによる栄養療法(メガドーズのB12・葉酸も含む)・高濃度ビタミンC点滴療法・重金属キレーション療法(解毒治療)などを行いました。また、自分でも整体や鍼灸・漢方(自費の煎じ薬)などの治療を受けていました。2年間でAさんの治療費の総額は200万円を超えましたが、残念ながら症状は1割ほどしか改善しませんでした。

IHを開始し、7回のセッション・約半年間で、症状の6~7割が改善しました。IHセッションにかかった費用は21万円でした。サプリメントはまだ継続していますが、一番多い時の1/6に減りました。現在は仕事復帰の準備をしています。

なぜ、Aさんの症状は栄養療法では改善せず、IHで改善したのでしょうか? 栄養療法は奥が深く、答えが一つではありません。発展途上の分野でもあり、ひとつの病名に対するマニュアルのようなものがあるわけでもないので、医師が替わるとまったく違うアプローチになることもあります。もし違うやり方でAさんを治療したならば、改善した可能性はないとは言えません。

しかし、AさんのIHセッションでカラダが伝えてきた情報は、副腎疲労や栄養素の不足のような身体的な情報もありましたが、そのほとんどは幼少時からのご両親との関係における感情的な問題や、信念(ビリーフ・思い込み)についてでした。そしてそれらの調整を行った結果、症状が改善したわけです。

つまり、Aさんの症状の原因には栄養欠乏などの身体的な問題なども含まれますが、それらの物理的な問題が根本原因であったのではなく(むしろ結果?)、真の原因は、抑圧された感情や思い込みやエネルギー的な問題などの「目に見えない原因」であったといえます。そして、その真の原因にアプローチしなければ改善は見られなかったと考えられるのです。

また、病気に対して心理的なアプローチを行うメソッドも数多くありますが、このように改善が早いのは、IHが身体的・感情的・エネルギー的などを含むすべての原因や、それらに対する対処法の中から、最も真実に近い答えをカラダに直接聞けるメソッドだからだと考えられます。

全例でこのような改善がみられるとは限りませんが、IHが栄養療法に比べ費用対効果が高いと考える理由をおわかりいただけたかと思います。Aさんが初診でいらしたのがまだIHを始める前でしたので、だいぶ治療費と時間がかかってしまいました。最初からIHを提供できていれば・・・と思わざるをえません。

アタナハクリニックのインテグレートヒーリングの特徴

ヒーリングはクライアントとセラピストの相互作用によって引き起こされるものです。つまり、カラダの声を聞くという行為自体は同じでも、セラピストが異なると受け取る情報が違うため、違うヒーリングが起こります。

現代医学と代替療法に詳しく、ヒーリングの経験も豊富な医師が行うIHだからこそ受け取れるカラダの情報があり、だからこそ起こるヒーリング(治癒)があります。そういう意味では、アタナハクリニックのIHは、病気の治療に特化したIHと言えるでしょう。

また、IHの中でカラダが薬やサプリメントなどの物理的な対処法が必要であると伝えてきた場合、クリニックでそれらの処方を行うことが可能です。物販目的で行っているのではありませんので、サプリメントなど自分で買えるものは自己購入されても構いません(ご希望があれば筋肉反射テストで最適なものをチェックいたします)。

また、アタナハクリニックのIHは、一般のIHのやり方とは違う部分がいくつかあります。

1.プロトコルを複数使う
一般のIHでは1回のセッションにつきプロトコル(メニューのようなもの)は一つしか選びませんが、大概において一つの問題には複数の原因が関与しているため、アタナハクリニックでは複数のプロトコルを選びます。それにより、多面的で根治的な調整が可能となります。

2.完全に脱力した状態で筋肉反射テストを行う
手指、肩の三角筋、腕橈骨筋など、自力で筋肉を支える必要があるやり方の筋肉反射テストでは、潜在意識の抵抗が起こりやすいため、深い層にある問題をピックアップすることができません。完全に脱力した自力を一切必要としない筋肉反射テストを行うことで、より深いレベルでの情報収集ができ、大きな変容を導くことが可能となります。

3.カウンセリングではなく、カラダからの情報を集めるのがメイン
クライアントの顕在意識を通さずに、筋肉を通してカラダから直接集める情報がメインの調整対象であるため、カウンセリングのようにセッション中に患者様にお話しいただく必要性はそれほど多くありません。(お話が必要な場合もあります)。このため、眠ってしまわれる患者様も多いです。

(※一般のIHと区別するために、このやり方のIHを「UIH」と呼ぶこともあります。)


IHを体験された方の感想

職場で仕事がしやすくなり自信がつきました

(37才女性:発達障害)
1回目のセッション直後からすぐに、パニックになりやすく混乱しやすい傾向、物をどこにでも置き忘れてしまうこと、度が過ぎる不注意がなくなりました。不適切な言動などの発達障害の症状だと思っていた問題は気にならなくなり、職場で仕事がしやすくなり自信がつきました。


心も体もとにかく楽になりました

(50才女性:慢性疲労)
心も体もとにかく楽になりました。体の方の変化として、まっすぐに立てるようになりました。今までは、まっすぐにしているつもりでも、自然に左の肩が前に出てきて、体が右方向にねじれてしまい、整体でいくら治しても2日で元に戻っていました。まっすぐになったことで、今後のリハビリがすんなり進みそうです。また、寝付きが良くなりました。目の奥が痛くて邪魔をして、眠いのに眠れないということがなくなりました。


摂食障害と軽度のアルコール依存がぴたりと治りました

(38才女性:摂食障害)
長年付き合っていた摂食障害と軽度のアルコール依存がぴたりと治りました。脳と腸の連携がしっかり取れるようになったことから快便の毎日になりました。頭もクリアで安定しています。お酒も毎日ダラダラ飲むのではなく、楽しみたいときにだけ適量ですむよう変化しました。
ジャッジがますますなくなりました。食べるものもバランスを大事にするようになり、体に聞いて必要なものを食べる癖がつきました。体と心がしっかり連携を取り出したのがわかります。自分の肉体に対する愛情が深まりました。


院長矢崎智子より

病気の原因には物理的なものだけでなく心理的・感情的な問題が深く関わっていることも多いため、栄養療法だけでの治療効果には限界を感じていました。それが私がヒーリングを学ぶことになったきっかけですが、IHは数あるヒーリングの中でも、最も素晴らしいと思っています。何といっても、カラダに宇宙レベルの最高最善の答えを直接聞けることがその決め手です。

カラダが持つ叡智にはいつも驚かされることばかりです。IHは病気の治療だけでなくどんなことにも対応できますが、特に病気をお持ちの方には受けていただきたいと思います。

病気は悪いものではなく、その方の人生において大きな学びをもたらすありがたいものです。でも、もうすでに、病気を通して学ばなくてもいい時代に入ってきていると思います。人は自分らしく使命を生きられる時、自然と病気を手放していけるのではないでしょうか? IHを通して、多くの方がよりよい人生を創造していけることを願ってやみません。


ご予約・ご相談はこちら