2017年12月17日聖マリアのハートヒーリング会のお知らせ

皆様、こんにちは。

カラダを通して魂を癒すドクター、矢崎智子です。

今日は告知です。


こちらのブログはしばらく全く更新しておらずA(^_^;、もう一つあったサイトで更新していたブログには書いていたのですが、現在月一のペースで聖マリアのハートヒーリング会というのをアタナハクリニックにて行なっています。


♡聖マリアのハートヒーリングとは・・・♡


お体に、聖母マリアのエネルギーとマグダラのマリアのエネルギーを流します。

ざっくりいうと、聖母マリアのエネルギーは天のエネルギー、マグダラのマリアのエネルギーは地のエネルギーです

それらは、陽と陰、ということもできれば、光と闇、ということもできます。

それらのエネルギーを、上下のチャクラを通して流し、ハートで統合させます。

すると、ハートにスターテトラヒドロン(星型二重正四面体)が設置されます。

それによってハートがひらく、というものです。

(スタートテトラヒドロン)

さらに、ヒーラーのハートからあふれ出てくる原初的な病気治癒の幾何学のエネルギーによって、肉体のヒーリングがなされます。

量子レベルの微細な幾何学が、肉体の傷ついた部分に入っていき、体が本来の状態へもどることを優しく促していきます。


♡なぜ、ハートが閉じてしまうのでしょうか?♡


ハートがひらいた状態とは、「いま・ここにある」「喜びに満ちた」状態です。

いわゆる、至福、です。

でも残念ながら、普段からハートをひらいて生きている人は、多くはありません。

なぜ多くの人は、ハートを閉じてしまっているのでしょうか?

それは、私たちが自分のエネルギー場にいろいろなものを抱えこみすぎて、それぞれのチャクラが閉じてしまっているからです。

抑圧された感情やトラウマ、不要な信念体系などのエネルギーは私たちの肉体に宿っていて、臓器に影響を及ぼし、チャクラの働きを低下させ、閉じさせてしまいます。
(病気や体調不良の方のチャクラは、大体閉じてしまっています)


♡ハートがひらくと、どうなるの?♡

それらのエネルギーが癒され解放されていくと、チャクラが活性化され、ハートがひらき、エネルギーが勝手に循環していきます。

ハートのエネルギーが天と地とをつなぎ、地球としっかりつながりながら、同時に高次元とつながっている状態になります。

ハートがひらいているとき、私たちは宇宙と地球のエネルギーを潤沢に受けとっているので、体は活力に満ち、健康でいられます。

同時に、ハートは愛のチャクラなので、愛を感じ、しあわせです。

ハートから愛をたくさん放出しているので、まわりの人もしあわせを感じるし、しあわせの連鎖が起きていきます。


聖マリアのハートヒーリングでは、二人のマリアの愛のエネルギーを各チャクラに流すことで、優しくチャクラを癒していき、ハートをひらいていきます。

詳しくは過去ブログのハートヒーリングのカテゴリをご覧くださいませ。



日時:2017年12月17日(日曜)

受付時間:昼12時〜17時

費用:5,000円(税込) 

所要時間10分〜15分前後

アクセスはこちら

ご予約は必要ありません。

いらした順番での施術となります。

皆さまのお越しをお待ちしております(^ ^)


HPをリニューアルいたしました

みなさま、こんにちは。

カラダを通して魂を癒すドクター、矢崎智子です。

だいぶ寒さが本格的になってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

さて、この度、アタナハクリニックのHPをリニューアルいたしました。

以前はサイトが二つあったのですが(ドメインが atanaha-clinic.jp atanaha-clinic.com  )、今回当サイト( atanaha-clinic.com )に統合する形となりました。

また、ブログは.jpのアドレスの方で更新していたのですが、今後のブログは今ご覧いただいているページ

http://www.atanaha-clinic.com/院長矢崎智子BLOG

で更新していくことになります。

過去ブログはここ↓でアーカイブとして見れます。(jpのブログへのアクセスは全部こちらに転送されます)

http://www.atanaha-clinic.com/integratedBlog/

どうぞよろしくお願いいたします。

また、今回、建築撮影のプロの方にお願いして、とても素敵な写真を撮っていただきました。

実物以上に美しく撮れています(笑)。

いくつかご覧頂ければ幸いです。

撮ってくださったのはこちらです。

「病気の枠組み」を抜けて、無条件に愛される自分に目覚める―「トリニティ・メソッド」とは?④

皆さま、こんにちは。

だいぶ間が空いてしまいましたが、トリニティ・メソッドについての続きです。

さてこれまで、私たちが体験していることはすべて、3Dのホログラムでできたアトラクションであることを書きました。

もちろん、病気も例外ではありません。

第1回はこちら
第2回はこちら
第3回はこちら

すべてのアトラクションが3つの条件付けでできています。すなわち、

二元性(感情により条件づけられる:1D)

時間(思考により条件づけられる:2D)

分離(肉体により条件づけられる:3D)

です。

「病気の枠組み」を抜けて、無条件に愛される自分に目覚める―「トリニティ・メソッド」とは?③


皆さま、こんにちは。

トリニティ・メソッドについての続きです。


第1回はこちら

第2回はこちら


前回は、私たちが人生で体験していることは、「感情」「思考」「肉体」の3Dで作られたアトラクションだ、ということを書きました。

アトラクションと言っているのは、「ものの例えとして便利だから」そう言っている訳ではありません。

私たちの「感情」にも「思考」にも「肉体」にも、それで創られている私たちの体験にも、実体はないのです

まさしくホログラムで、アトラクションなんです。

(ここはトリニティのセミナーで徹底的に教えられます)

「病気の枠組み」を抜けて、無条件に愛される自分に目覚める―「トリニティ・メソッド」とは?②

皆さま、こんにちは。
 
トリニティ・メソッドについての続きです。

すぐには病気の話にたどり着かなくて申し訳ないのですが、辛抱しておつきあいいただければ幸いです。

 
前回、無限の可能性を持つ本来の私たちが、その中からある特定の条件を選択して、この世という仮想世界に生きる「アバターの私」を作り、人生というRPGの中でそれぞれ固有の体験をしている、という話を書きました。


ホログラムを知っていますか?
 
よく映画などに出てくる、立体的な映像のことです。
 
私たちが人生で体験することは、ホログラムのようなものだと思うとわかりやすいです(実際、量子論ではそのような解釈がされています)。

(写真は映画「アイアンマン」からです。)


立体を捉えるには、3つの座標軸が必要です。
 
縦軸・横軸・奥行き軸の3つです。