月別アーカイブ 2018年7月

NVCを学びはじめました♫

皆さま、こんにちは!

カラダを通して魂を癒すドクター、矢崎智子です。


さて最近、NVCNonviolent Communication:非暴力コミュニケーション)というものを学び始めました。

NVCとは、マーシャル・ローゼンバーグさんという方が体系化したコミュニケーションの方法です。


在りし日のマーシャル博士。一見コワモテのおじさまですが、愛とユーモアに溢れていらっしゃいます♫


まだ学び始めたばかりで、NVCを一言で説明するのは難しいのですが、無意識的に反応して応酬するコミュニケーションではなく(私たちの多くはこれをやってしまっています


私にはここ最近ずっと「地球を天国にしたい」という思いがあり、病気に対するアプローチを通してそれをしようと思っていろいろなことをやっているのですが、私の中にはすでに天国は存在するのですが、三次元的な現実世界(もちろん自分が作っているのですけど~)との間には、まだまだギャップがあるのです。

そのギャップを埋めて、この世界を天国にするには、やはりどう人と関わるか、どうコミュニケーションするかが、とても重要だと思うのです。


この土日に受けていた、キャサリン・シンガーさんの「コア・ジャッカルを探して変容する」ワークショップ。

向かって左と右が通訳の安納献さんと鈴木重子さん、真ん中が講師のキャサリンさん。


セミナー中の様子。


インテグレートヒーリング(IHで潜在意識を変えていくと、人間関係は大きく変わっていくのですが、コミュニケーションというのは相手があるだけに、なかなか難しいこともあるのも事実。

そこでNVCに出会ったのは、わたし的にはかなりの衝撃というか、私の「前進」のニーズをものすごく満たしてくれたのでした。(←これはNVC的表現!笑)


だって、コミュニケーションがすべてうまくいったとしたら、この世は限りなく天国に近づくと思いませんか??


キャサリンと♫ 慈愛に溢れた素敵な方でした!


私がNVCを知ったのは、5月にコネクション・プラクティスというメソッドを学んだ時でした。

コネクション・プラクティスは、NVCとハートマス研究所が開発した「心臓/脳同調(コヒーランス)」というテクニックを組み合わせたものですが、これがまた素晴らしいんです♡

そう、これからの生き方の重要ポイントになるのは、やっぱりハート❤️なんですよ〜、みなさん!!

(声を大)


5月のコネクション・プラクティスの時の写真。一番左が講師のきくちゆみさん♫


これから自分のやっていくことにNVCをどう生かしていくか、まだ模索中ですが、ワクワクしています!

これはマーシャルさんの動画、すごくいいので、よろしければ見てみてくださいね。


その2/4

その3/4

その4/4


NVCについての情報はこちら NVC Japan

コネクション・プラクティスを提供しているラスールジャパン


ハートをひらきたい方はこちらへカモン♫

聖マリアのハートヒーリング会は、8月19日(日)開催です!

受付時間:昼12時~17

所要時間5分~10分前後

費用:プラクティショナー:2,000円

矢崎:5,000円

ご予約は必要ありません。いらした順番での施術となります。

アクセスはこちら


8月17日(金)に聖マリアのハートヒーリング Level 1セミナーを行います!

初の平日開催です!

詳しくはこちらをご覧ください♫


このエントリーをはてなブックマークに追加

遠隔ヒーリング&ヒーリング会終了しました♫

皆さま、こんにちは!

カラダを通して魂を癒すドクター、矢崎智子です。


7月8日は、第10回聖マリアのハートヒーリング会をおこないました❤️

(聖マリアのハートヒーリングについてはこちら


クライアントさまにお越しいただいてのいつものヒーリングに加えて、今日は初の試みで、無料一斉遠隔ヒーリングを行いました。

今回は、参加希望者さまの集合意識の身体に対して、聖マリアのハートヒーリング(STEP1:神聖幾何学ヒーリング)を行うという形でやらせていただきました。


遠隔ヒーリング中


まず、上位の第5〜7チャクラに比べて下位の第1〜3チャクラにエネルギーが流れにくく、チャクラをエネルギーで満たすまでに結構時間がかかりました。

第1チャクラは生存に関わる安心感や帰属感、第2チャクラは人間関係やセクシャリティ 、第3チャクラはアイデンティティや自尊心に関わるチャクラですが、これらのイシューにまつわるトラウマやブロックにより、チャクラが閉じているようでした。

根気よくエネルギーを流し、ハートにスターテトラヒドロンを設置すると、ハートはひらいた感覚はあるのですが、痛いというかヒリヒリする感覚がありました。



第1〜3チャクラが閉じていると、自動的にハートチャクラは閉じます。

参加された方皆さまが全員そうだったのかはわかりませんが、集合意識のハートはまだまだ閉じているのだなあ、と感じました。

一人一人やらせていただくのも有効ですが、このように大勢の方をガ〜〜っとやらせていただくのも、地球規模でハートがひらくのを目指すにあたってはいい方法だなあ、と思いました。

皆さまも、ハートをひらくにはまず第1〜3チャクラから癒してあげてくださいね〜



ヒーリング会ですが、まだハートヒーリングの知名度が低いためか、おいでくださった方はそう多くなく、この日参加したプラクティショナーは2名だったので、プラクティショナーの経験のために1回の料金で2人からヒーリングをやらせていただき、ゆっくりとフィードバック&お話つき、また、たまたまハンドマッサージの資格を取ったばかりのプラクティショナーさんがいたので無料のハンドマッサージつきと(時間の関係で全員にはさせていただけなかったのですが)、超お得な会でした。

ヒーリングをさせていただくだけではなくて、そのフィードバックをしてそれについてお話をすると、気づきが深くなるんですね。

何度か受けてくださっているリピーターの方は、「私、このヒーリングを受け始めてから人気者なんです!」とおっしゃっていました。

ハートがひらくと、人から好かれるようになるんですね。自然体でいられるし、愛の波動を発散しているから。


また、人嫌いの方でも犬や猫は好きだったりするのは、彼らのハートがひらいていて癒されるからなのですね。


なんでかよくわかんないけど、この人好きだなあ、と思われたら、人生ハッピーに運んでいきますよね(^^)


次回の聖マリアのハートヒーリング会は、8月19日(日)開催です!

受付時間:昼12時~17

所要時間5分~10分前後

費用:プラクティショナー:2,000円

矢崎:5,000円

ご予約は必要ありません。いらした順番での施術となります。

アクセスはこちら


ハートをひらきたい方、是非おいで下さいね〜


このエントリーをはてなブックマークに追加

7月8日(日)「ハートをひらく♡」無料遠隔ヒーリングのお知らせ

皆さま、こんにちは。

カラダを通して魂を癒すドクター、矢崎智子です。


急な告知で恐縮ですが、2018年7月8日(日)に、聖マリアのハートヒーリングによる「ハートをひらく♡」無料遠隔一斉ヒーリングを行います。

聖マリアのハートヒーリングは対面でのワークが基本なので、今回は初の試みです。


♡聖マリアのハートヒーリングとは・・・

お体に聖母マリアのエネルギー(≒天のエネルギー)とマグダラのマリアのエネルギー(≒地のエネルギー)を流し、上下のチャクラを癒したあと、ハートで統合することによって、ハートにスターテトラヒドロン(星形二重正四面体)が設置されます。それにより、ハートがひらきます。

聖マリアのハートヒーリングについてはこちら


なんかね、急かされているような気がするんですね。もっと多くの方のハートがひらくのを。

今回は、集合意識のハートがひらくのを見届けるような感じになるのかな?と思いますが^^



【開催日時】7月8日(日)昼12時〜より、矢崎と聖マリアのハートヒーリングのプラクティショナーにより行います。


【所要時間】だいたい15分くらいだと思います。


【対象】どなたでも。


【受け取り方】ヒーリングを受け取る意志を明確にしていただき、その時間になったら静かに感じてみてください。
(何かをしながらでも受け取れると思いますが、どんな感じか後ほどフィードバックをいただけると嬉しいので)

その時間に予定があるという方は、時間差での参加でも大丈夫です。


【申し込み方法】以下のお申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。

お申し込みフォーム


参加表明した時点から、エネルギーが動きはじめますよ〜。



なお、その日は武蔵小杉のアタナハクリニックにてハートヒーリング会(今回は遠隔の後から始めますので、12:15からです)も行っていますので、当日おいでになれる方は、直接おいでくださいませね〜〜。
(一斉ヒーリングを受け取って、さらに直に受けるのもGoodです!)


どのような形になるかはまだわかりませんが、とってもワクワクしています♡

皆さまのご参加をお待ちしておりま〜す♡

このエントリーをはてなブックマークに追加

小児期トラウマがもたらす病

皆さま、こんにちは。

カラダを通して魂を癒すドクター、矢崎智子です。


今回は、私のインテグレートヒーリング(IHで体の調整の中心となっている、「脳の調整」について書こうと思いましたが、その前に、ACE研究というものについて、ご紹介したいと思います。

ACEとは、Adverse Childhood Experiences(逆境的小児期体験)のことです。



1980年代よりアメリカで行われてきたACEについての数々の研究により、子ども時代の逆境体験と、成人後の身体疾患および精神障害(具体的には、心臓病、がん、自己免疫疾患、線維筋痛症、うつ病など)の発症に因果関係があることが、科学的に明らかになっているのです。


逆境とは、

・暴言や侮辱

・精神的または物理的なネグレクト(育児放棄)

・身体的または性的虐待

・親のうつ病、精神疾患、アルコールや他の物質への依存

・母親(時には父親が)やきょうだいが虐待される場面を目撃

・親の別居または離婚

・親との死別

・居住する地域における暴力

・貧困家庭

・クラスメートや教師によるいじめ

などが挙げれられます。


ACEスコアが高ければ高いほど、その後の診療を受ける回数は多く、説明のつかない身体症状が増えるそうなのです。



どんな影響を受けるのか・・・

例を挙げると


ACEスコアが「4」の人は、「0」の人に比べて、がんと診断される人が2倍

ACEスコアが1増えるごとに、成人後に自己免疫疾患で入院する人が20%上昇

ACEスコアが「4」の人がうつ病になる確率は、「0」の人の4.6

ACEスコアが「6」以上の人は、寿命がおよそ20年短い

ACEスコアが「7」以上の人は、飲酒も喫煙もせず、肥満でも糖尿病でもなく、コレステロール値が低くても、心臓病のリスクが「0」の人の3.6


などの結果が出ているそうです。


子どもが逆境体験をすることによって、子どもの具合が悪くなるという話ではなく(なる場合も多いでしょうが)、その体験から何十年もたった、成人してからの病気に、子ども時代の体験が関係している、という(一般的な医学常識からすれば)衝撃的な研究なのです。



ではなぜ、子ども時代の逆境と、成人期の疾患が関連するのでしょうか?

それには様々な理由があります。


ストレスを受けると、それに対抗するために「視床下部-下垂体-副腎系(HPA系)」や「視床下部-交感神経-副腎髄質系(SAM系)」が反応します。

それにより、いわゆるストレスホルモンであるコルチゾールや、アドレナリン、ノルアドレナリンなどが分泌されます。

アドレナリンなどのストレスホルモンが出ると、免疫細胞を刺激し、サイトカインという炎症性物質が放出されます。

慢性的なサイトカインの放出は慢性炎症を引きこし、臓器はゆっくりと損傷を受けます。

慢性炎症は「万病の元」であり、様々な疾患に炎症が関与していると言われています。


日薬理誌 (Folia Pharmacol. Jpn. )137. 185~188 (2011)よりお借りしました)


ストレスが長期間に渡ると、ストレスに関連する遺伝子にエピジェネティックな変異が起こり、その結果、ストレス反応が制御できなくなります。

普通なら、ストレスが起きても、それが過ぎればストレス反応のスイッチが切れ、元の状態に戻るはずが、スイッチオフにする遺伝子がオフになっているため、ずっとストレススイッチが入りっぱなしの状態になってしまうのです。

すると、延々とストレスホルモンが分泌され続け、慢性炎症が起き続けることになります。

つまり、慢性的なストレスが「病気の温床」となる慢性炎症を生み出し、その結果、何十年も経ってからの病気を引き起こすのです。

とくに発達段階の子どもの脳は、このような影響を受けやすいと言われています。


また、小児期の逆境体験によって、子どもの脳が影響を受けることもわかってきています。



例えば、

・子ども時代の性的虐待で大脳皮質の視覚野の容積が18%縮小

・体罰によって右前頭前野内側部(理性をつかさどる)の容積が19.2%縮小

・両親のDVを4年間目撃すると、視覚野容積が16%縮小

などが明らかになっています。


子どもの時代の長期にわたるストレスが、子どもの脳に器質的な変化を起こす、言い換えると「物理的に変形させる」というのです。


ストレスは脳のミクログリアを活性化し、脳で神経炎症を起こします。

その結果、正常な脳のニューロンが破壊されてしまうのです。

ACEの体験者では実際に、うつ病、双極性障害、不安障害、摂食障害、慢性疼痛(痛みは脳で感じます)、統合失調症などのリスクが上昇します。


逆境を体験した子どもでは脳の「扁桃体」の過剰反応が引き起こされていることもわかっており、さらに前頭葉がそれをコントロールすることができにくくなるため、思考力の低下、マイナス思考、不安、感情的な反応、などが起こりやすくなります。

そして欲求が満たされた時に喜びや快楽を感じる脳の「報酬系」も障害を受けることもわかっています。

つまり、人生に喜びを感じられなくなってしまうのです。


また、子どもの頃のストレスにより、寿命に関連する遺伝子のテロメア部分が短くなることもわかっているそうです。


これらの複合的な結果により、子どもの頃の逆境体験が成人期の病気を引き起こすわけです。

(もちろん、病気の原因はACEだけでなく、有害物質や栄養不足など他の要因もあります)



書いていると胸が痛くなってきますが・・・(T_T)


こういったことは、心理カウンセラーや、ヒーリングをやっている者にとっては当たり前というか、根本原因はそこでしょ、とわたし的には当然に思っていたことなのですが、それを患者さまや医療従事者にお伝えすると、「まさか~」とか「そんなこと関係あるわけないでしょ!」、という反応をもらうことがあります(時として、鼻で笑われるようなことも・・・)。

それが、このように科学的データで示されるようになったことは、隔世の感があります。


これが、なぜIHで脳の調整をするのか、という話につながっていくわけです。


続きます。

(いつになるかわかりませんが、なるべく早く書きたいと思います・・・(汗))


インテグレートヒーリング(IH)についてはこちら

最近のIHについてはこちら


このような体験をお持ちの方のハートが閉じてしまっているであろうことは、想像に難くないですね・・・

7月8日終了しました

8月19日(日)終了しました

9月24日(月・祝)

アタナハクリニックにて、聖マリアのハートヒーリング会を行います。


受付時間:昼12時~17

所要時間5分~10分前後

費用:プラクティショナー:2,000円

矢崎:5,000円

ご予約は必要ありません。いらした順番での施術となります。

アクセスはこちら


皆様のお越しをお待ちしております(^ ^)


このエントリーをはてなブックマークに追加