月別アーカイブ 2019年5月

お久しぶりです&最近のIHについて

ご無沙汰しております。

気がつけば、前回のブログから随分と間が空いてしまいました。

いろんな変化がありすぎて、何を書けばいいかもはやわからなくなっていますが、時系列は無視して書きたいことを書いていこうと思います。

 

先日は、安納献さん・鈴木重子さんによる「ファミリーコンステレーション・ワークショップ」第2回を行いました。

 

ファミリー・コンステレーションとは、せき止められている家族内の愛の流れを再び流すことを目的とした、Body Centeredな心理セラピー(と言っていいのかな?)の一つです。

これがめっちゃ面白いのです✨

 

詳しくはまたの機会に書こうと思いますが、前回の募集記事はこちらです。

 

そして、最近のインテグレートヒーリング(IH)についてです。

 

前回は、IHで脳の調整をバリバリやってま~す、という内容だったと思いますが、そこからまたもやガラッと変わってしまいました。

 

どう変わったかというと、少し前から、「内的家族システム(IFS)」という心理療法を取り入れたことです。

 

IFSは、人はみな生まれながらに多重人格である、という概念に基づいた心理療法の一種です。

 

 

あなたは、こんな体験ありませんか?

 

夏に水着を着たいから、または、健康のために、ダイエットしてやせたい!

 

でも、同時に

 

甘いものが食べたい!!

 

(私は、しょっちゅうです汗)

 

これは、私の中の、ある副人格はやせたいと思っているのだけれど、別の副人格は甘いものを欲しがっている、ということが起きているのです。

(この副人格のことを「パーツ」と呼びます)

 

これは、人生におけるあらゆる場面で起こります。

 

会社を辞めて独立したい。でも、怖い。

 

離婚したい。でも、一人で生活していけるか不安。

 

様々な事例があげられると思いますが、病気も同じで、治りたい、でも治りたくない。

 

相反する状態を選んでいる複数のパーツが、同時にいるわけです。

 

(一人の人間の中にいくつかの副人格があるということは、脳科学的にもわかってきています)

 

 

私のIHでは、調整の対象として病気や症状の要因となっている感情や思いこみ(ビリーフ)をピックアップしていきますが、以前は「その方全体」での感情やビリーフを集めていました。

IFSの「パーツ」のような概念がなかったからです。

 

しかし、まず私が驚いたのは、IFSの概念に基づいて「個々のパーツ」が持っているそれを集め始めたら、それまでは全く出てこなかった感情やビリーフが出てくるようになったことです。

 

かなりの回数IHをさせていただいた方でも、エッ、こんな思い込み今までまったく出てこなかったよ・・・、というような感情や思い込みが出てくるのです。

 

それには理由があって、IFSでは主にパーツのカテゴリーが3つあると考えられています。

 

それが

・マネージャー

・ファイヤーファイター

・エグザイル(追放者の意)

です。

 

エグザイルは、いわゆる「インナーチャイルド」のようなもので、幼い頃の傷つきを抱えているパーツです。

 

このエグザイルに対して、上の2つ(マネージャーとファイヤーファイター)はプロテクターという分類に入るパーツです。

 

 

というところで、次回に続きま〜す。

 

今後のヒーリング会の予定

今のところ決まっているのは以下の通りです。

6/12(水曜)10:00〜13:00
6/23(日曜)13:00〜17:00
6/28(金曜)18:30〜21:00

(いずれも受付時間)

費用:プラクティショナー:2,000円(税込)
   矢崎:5,000円(税込)

(所要時間5分〜15分前後)

ご予約は必要ありません。いらした順番での施術となります。

場所:アタナハクリニック アクセスはこちら http://www.atanaha-clinic.com/アクセスマップ

 

聖マリアのハートヒーリングについてはこちら

 

皆様のお越しをお待ちしております❤️

 

イベントのお知らせなどはメルマガでいち早くお知らせします!

よろしければ登録してください!

メルマガ登録はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加