院長紹介

院長プロフィール

矢崎 智子(やざき ともこ)
長野県にて漢方を取り入れた内科開業医の家に生れる。

平成6年杏林大学医学部卒。日本産科婦人科学会認定医。高濃度ビタミンC点滴療法学会理事。世界アンチエイジング学会認定医。日本内分泌学会・国際オーソモレキュラー医学会・病巣疾患研究会会員。日本線維筋痛症学会会員。

2012年度シータヒーリング マスター&サイエンスインストラクター。
2013年度マトリックス・エナジェティクス基礎修了。
2015年度インテグレートヒーリング(IH)プラクティショナー。
2017年度アキュトニクスLevel1~3、フィボナッチプロセス修了。


産婦人科医として大学病院等で勤務の後、鍼灸の研修を経て、平成15年に代官山矢崎医院を開設。平成17年に移転および名称変更しクリニックハイジーアを開設。

クリニックハイジーアにて、分子整合栄養医学(サプリメント療法)や、東洋医学(漢方・鍼灸)、重金属のキレーション療法、ナチュラルホルモン補充療法、高濃度ビタミンC点滴療法、遅延型食物アレルギー検査に基づく食事療法、腸内環境改善による難病治療などの自然医療・機能性医療(薬物治療に頼らない、人体の機能生理学に基づいた治療の総称)に従事する。

関節リウマチや線維筋痛症、慢性疲労症候群、摂食障害などの、通常治療困難とされる疾患や、不妊症などの婦人科疾患の治療において豊富な臨床経験を持つ。日本では数少ない機能性医療の専門家であり、最も経験豊富な一人。

自然でかつ根本的な医療を追及する過程においてヒーリングに開眼し、シータヒーリングのマスター&サイエンスインストラクター資格を取得。

平成24年に、医療とヒーリングの統合を目指し、クリニックハイジーア院長を退任し、アタナハクリニックを開設。

現在はキネシオロジー(筋肉反射テストを使ったセラピー)の一種であるインテグレートヒーリング(IH)を中心とした統合医療を行なっている。

著書

「なぜあなたは食べすぎてしまうのか」(東京書籍)
その他、雑誌取材多数。