「 その他の病気 」一覧

アタナハクリニック公式ブログ、その他の病気に関する記事の一覧です。症状のことや治療方法・予防方法などについて詳しく解説しています。

「太るのが怖くて食べられない」「むちゃ食いしては吐いてしまう」などの症状に悩んでいる方は、摂食障害の可能性が高いでしょう。摂食障害は、食行動を中心にいろいろな問題が生じる病気のことで、男女問わずすべての年代で誰でも発症する可能性があります。原因は1つだけでなく、社会・文化的要因、心理的要因、生物学的要因など複雑に絡み合っているのが特徴です。体重に対する過剰なこだわりが特徴的で、自分で意識的に嘔吐したり、下剤を使ったりするなどの症状が見られます。

本記事では、そんな摂食障害の具体的な症状のほか、原因や治療方法について解説しましょう。

  1. 摂食障害の症状やサインは?
  2. 摂食障害のセルフチェック法
  3. 摂食障害の特徴と危険性
  4. 摂食障害の原因をチェック!
  5. 摂食障害の治療法とセルフケアのポイント
  6. 摂食障害に関してよくある質問

この記事を読むことで、摂食障害の具体的な症状や原因・治療法などが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

続きを読む


関節・筋肉・腱(けん)など全身に生じる痛みが長く続く場合、線維筋痛症の恐れがあります。線維筋痛症は、全身の筋肉や関節に激しい痛みが特徴です。症状の具合は人それぞれで、遺伝的な原因・感染症・ストレス・身体的なトラウマなどさまざまな原因が考えられます。けれども、症状や進行具合にあわせて適切な治療を行えば、症状は少しずつ和らぎ始めるので安心してください。大切なのは、症状にあった適切な治療を行うことです。

そこで、本記事では、線維筋痛症の主な症状や改善方法などについて解説します。

  1. 線維筋痛症のメカニズムを解説!
  2. 線維筋痛症の主な症状は?
  3. 線維筋痛症の特徴と診断方法
  4. 線維筋痛症の治療方法
  5. 線維筋痛症に関してよくある質問

この記事を読むことで、線維筋痛症の特徴的な症状や改善のポイントなどが分かります。気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む


線維筋痛症を発症すると、全身に強い痛みを感じます。こわばりや睡眠障害なども併発するため、早めに医療機関を受診することが大切です。線維筋痛症の診断基準となる圧痛点や治療方法などを覚えておきましょう。

  1. 線維筋痛症とは?
  2. 線維筋痛症の症状
  3. 線維筋痛症の原因
  4. 線維筋痛症の診断基準となる圧痛点とは?
  5. 線維筋痛症の治療について
  6. 線維筋痛症でよくある質問

原因不明の痛みに悩んでいる方は、線維筋痛症の症状などを理解し、受診時の参考にしてください。また、診断方法についても併せて解説します。

続きを読む


「しっかりと睡眠を取っているのに疲れがたまる」「朝がつらくて起きられない」という状態が続いている場合、副腎疲労の可能性があります。副腎疲労は慢性的な疲労感が代表的な症状で、ストレスが原因になっていることがほとんどです。

本記事では、そんな副腎疲労のメカニズムや治療方法などについて解説しましょう。

  1. 副腎疲労のセルフチェック
  2. 副腎疲労の症状・原因は?
  3. 副腎疲労のメカニズム
  4. 副腎疲労の治療方法
  5. 副腎疲労のセルフケアと予防策
  6. 副腎疲労に関してよくある質問

この記事を読むことで、副腎疲労のメカニズムを知り、回復へとつながるポイントが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

続きを読む


複合性局所疼痛症候群(CRPS)とは、ケガや手術など激しい痛みを感じる事柄が起こった後、ケガや手術の際についた傷が治っても、慢性的な痛みが続く病気です。痛みのほかには、骨の萎縮やむくみなどがみられ、適切な治療を受けないと長期間痛みや不調で苦しむこともあるでしょう。また、自分が複合性局所疼痛症候群であると気づかず、痛みに悩まされている人もいると思います。
そこで、今回は複合性局所疼痛症候群の症状や診断基準・治療方法などを解説しましょう。

  1. 複合性局所疼痛症候群の基礎知識
  2. 複合性局所疼痛症候群の治療について
  3. 複合性局所疼痛症候群に関するよくある質問

この記事を読めば、複合性局所疼痛症候群が疑われる症状が現れた場合、すぐに適切な対応をすることができます。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


内臓疲労とは、暴飲暴食・過度な小食・運動のし過ぎなどが原因で起こる内臓の不調です。病気ではありませんが、内臓疲労をそのままにしておくと常に体が重く、肌荒れや便秘・下痢などの不調が出てきます。さらに、免疫力も低下してさまざまな病気になる可能性もあるでしょう。特に、夏や年末年始は内臓が疲れやすい時期です。

そこで今回は、内臓疲労の原因や対処方法・予防法を解説します。

  1. 内臓疲労の基礎知識
  2. 内臓疲労と間違えやすい病気
  3. 内臓疲労の回復方法・予防法
  4. 内臓疲労に関するよくある質問

この記事を読めば、内臓が疲れ気味の時、どうしたらよいのかもよく分かるでしょう。最近、食欲がないという方や疲れやすいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む


「萎縮性胃炎は治るのか?」と不安に思っている人は多いでしょう。萎縮性胃炎とは、胃炎が慢性化した状態のことです。治療せずに放置しておくと、胃がんに進行する可能性もあります。そのため、早期の発見・対処が必要になるのです。この病気は、一度発症すると完治するのが難しいと言われています。しかし、適切な治療を受け、生活習慣の見直しなどをすることで進行を防ぐことが可能です。重篤な病気に発展する前に、病院を受診しましょう。

この記事では、萎縮性胃炎について詳しくご紹介します。

  1. 萎縮性胃炎の基礎知識
  2. 萎縮性胃炎のセルフチェック
  3. 萎縮性胃炎の治療法
  4. 萎縮性胃炎の予防法
  5. 萎縮性胃炎に関するよくある質問

この記事を読むことで、萎縮性胃炎が分かるはずです。ぜひ参考にして、早期発見を実現してください。

続きを読む


多発性硬化症は、若い女性に多く見ることができる神経難病のひとつです。発症すると、全身にさまざまな神経症状が出て日常生活を送るのもほかの人の助けが必要になることもあります。また、多発性硬化症は予後が重要で、できるだけ再発を予防することが重要です。

今回は、多発性硬化症の予後に注目し、最新の治療と注意点を踏まえながら詳しく解説します。

  1. 多発性硬化症の基礎知識を学ぼう
  2. 多発性硬化症の予後について
  3. 多発性硬化症の予後の治療について
  4. 多発性硬化症の予後で気を付けるべきこと
  5. 多発性硬化症の予後に関するよくある質問

この記事を読むことで、多発性硬化症にかんする正しい知識が身に付き、予後の治療や気を付けるべきことを学び、安心して生活できることがわかります。まずは、ひとつずつ丁寧に読み進めてください。

続きを読む


「血圧が上昇している」「不安やうつなどの精神症状が気になる」など悩んでいる方は、マグネシウム欠乏症の可能性があります。マグネシウム欠乏症は、名前のとおり、マグネシウムが不足することで起きる症状です。マグネシウムの過剰摂取もよくありませんが、不足しすぎるのもよくありません。しかし、症状を緩和するためには、一体どう対処すればいいのでしょうか。

そこで本記事では、マグネシウム欠乏症の基礎知識や原因・症状・改善方法・セルフケアなどについて詳しく説明します。

  1. マグネシウム欠乏症とは?
  2. マグネシウム欠乏症の原因
  3. マグネシウム欠乏症の症状
  4. マグネシウム欠乏症の経過と影響
  5. マグネシウム欠乏症の改善方法
  6. マグネシウム欠乏症のセルフケア
  7. マグネシウム欠乏症に関してよくある質問

この記事を読むことで、マグネシウム欠乏症について詳しく知ることができ、改善方法やセルフケアがわかります。症状で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む


本来、私たちの体には、ウイルスや菌などに対して抵抗する力が備わっています。いわゆる“自己免疫”です。健康を維持し続けるためには、自己免疫力を高めなければなりません。自己免疫が正常に働かなくなり、過剰に反応し攻撃を加えてしまうこともあります。そのときに現れる症状のことをまとめて、自己免疫疾患と呼ぶのです。自己免疫疾患は症状が出てから時間が経過するほど、症状が治るまで時間がかかるといわれています。そのため、症状が悪化しないうちに治療を始めなければなりません。

そこで本記事では、自己免疫疾患の基礎知識や原因・症状・治療法・セルフケアなどについて説明します。

  1. 自己免疫疾患の基礎知識
  2. 自己免疫疾患の主な病気について
  3. 自己免疫疾患の原因・症状について
  4. 自己免疫疾患の診断について
  5. 自己免疫疾患の治療法について
  6. 自己免疫疾患のセルフケア
  7. 自己免疫疾患に関するよくある質問

この記事を読むことで、自己免疫疾患の症状を治すための基礎知識や治療法などを知ることができます。治療法を知りたい方はぜひ参考にしてください。

続きを読む