「 その他の病気 」一覧

多発性硬化症は、若い女性に多く見ることができる神経難病のひとつです。発症すると、全身にさまざまな神経症状が出て日常生活を送るのもほかの人の助けが必要になることもあります。また、多発性硬化症は予後が重要で、できるだけ再発を予防することが重要です。

今回は、多発性硬化症の予後に注目し、最新の治療と注意点を踏まえながら詳しく解説します。

  1. 多発性硬化症の基礎知識を学ぼう
  2. 多発性硬化症の予後について
  3. 多発性硬化症の予後の治療について
  4. 多発性硬化症の予後で気を付けるべきこと
  5. 多発性硬化症の予後に関するよくある質問

この記事を読むことで、多発性硬化症にかんする正しい知識が身に付き、予後の治療や気を付けるべきことを学び、安心して生活できることがわかります。まずは、ひとつずつ丁寧に読み進めてください。

続きを読む


「潰瘍性大腸炎」という名前をニュースや新聞などで見かけるようになりました。最近増加している病気のひとつですが、潰瘍性大腸炎についてほかの人に詳しく説明できる人はなかなかいないものです。今回は、潰瘍性大腸炎について症状・原因・治療法を詳しく解説します。

  1. 潰瘍性大腸炎の基礎知識を学ぼう
  2. 潰瘍性大腸炎の原因や症状について
  3. 潰瘍性大腸炎の治療法について
  4. 潰瘍性大腸炎のセルフケア
  5. ​潰瘍性大腸炎にかんするよくある質問

この記事を読むことで、潰瘍性大腸炎にかんする正しい知識が身に付き、病気への理解が深まります。同時に、症状や原因・治療法がわかるので、適切な対応をすることが可能です。まずは、記事をじっくり読んでみてください。必ず役に立つはずです。

続きを読む


「血圧が上昇している」「不安やうつなどの精神症状が気になる」など悩んでいる方は、マグネシウム欠乏症の可能性があります。マグネシウム欠乏症は、名前のとおり、マグネシウムが不足することで起きる症状です。マグネシウムの過剰摂取もよくありませんが、不足しすぎるのもよくありません。しかし、症状を緩和するためには、一体どう対処すればいいのでしょうか。

そこで本記事では、マグネシウム欠乏症の基礎知識や原因・症状・改善方法・セルフケアなどについて詳しく説明します。

  1. マグネシウム欠乏症とは?
  2. マグネシウム欠乏症の原因
  3. マグネシウム欠乏症の症状
  4. マグネシウム欠乏症の経過と影響
  5. マグネシウム欠乏症の改善方法
  6. マグネシウム欠乏症のセルフケア
  7. マグネシウム欠乏症に関してよくある質問

この記事を読むことで、マグネシウム欠乏症について詳しく知ることができ、改善方法やセルフケアがわかります。症状で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む


本来、私たちの体には、ウイルスや菌などに対して抵抗する力が備わっています。いわゆる“自己免疫”です。健康を維持し続けるためには、自己免疫力を高めなければなりません。自己免疫が正常に働かなくなり、過剰に反応し攻撃を加えてしまうこともあります。そのときに現れる症状のことをまとめて、自己免疫疾患と呼ぶのです。自己免疫疾患は症状が出てから時間が経過するほど、症状が治るまで時間がかかるといわれています。そのため、症状が悪化しないうちに治療を始めなければなりません。

そこで本記事では、自己免疫疾患の基礎知識や原因・症状・治療法・セルフケアなどについて説明します。

  1. 自己免疫疾患の基礎知識
  2. 自己免疫疾患の主な病気について
  3. 自己免疫疾患の原因・症状について
  4. 自己免疫疾患の診断について
  5. 自己免疫疾患の治療法について
  6. 自己免疫疾患のセルフケア
  7. 自己免疫疾患に関するよくある質問

この記事を読むことで、自己免疫疾患の症状を治すための基礎知識や治療法などを知ることができます。治療法を知りたい方はぜひ参考にしてください。

続きを読む


マイコプラズマ感染症は、マイコプラズマという病原菌に感染することによって発症します。肺の中で菌が繁殖することが多く、マイコプラズマ肺炎と診断されることもあるでしょう。5~14歳の子どもに発症しやすい病気ですが、大人にも感染します。家族に1人感染者が出ると、家族全員が感染することもあるでしょう。

今回は、マイコプラズマ感染症の症状や治療方法などのついて解説します。

  1. マイコプラズマ感染症の基礎知識
  2. マイコプラズマ感染症と細菌感染症との違い
  3. マイコプラズマ感染症の治療方法
  4. マイコプラズマ感染症に対するよくある質問

この記事を読めば、感染を予防する方法や重症化させない方法も分かることでしょう。感染を予防したい方や、お子さんの感染が心配という方はぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


「月経の周期が乱れがち」「月経が極端に短い」と悩んでいる人はいませんか? 月経の悩みはなかなか人に相談できず、ひとりで不安を抱えている人も多いことでしょう。月経の周期や日数が乱れる原因の1つに、無排卵月経があります。無排卵月経自体は、決して珍しいことではありません。しかし、何らかの原因で無排卵月経が続けば、不妊の原因にもなります。

また、月経の状態だけで無排卵月経かどうかを判断するのは難しく、無排卵月経だと気づくのが遅れ、治療が大変になったというケースもあるのです。

そこで今回は、無排卵月経の原因や特徴的な症状、治療方法を解説しましょう。

  1. 無排卵月経の基礎知識
  2. 無排卵月経の症状
  3. 無排卵月経の原因
  4. 無排卵月経をセルフチェック!
  5. 無排卵月経の治療について
  6. 無排卵月経のセルフケア
  7. 無排卵月経に関するよくある質問

この記事を読めば、無排卵月経の予防方法や病院を受診する目安も分かります。妊活を考えている人や、月経に関して悩みがある人も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


インテグレートヒーリングとは、筋肉反射テストを応用した治療法(応用キネシオロジー)の一種であり、精神や感情に働きかけて病気の原因を探り、治療をしていくセラピーです。「病は気から」という言葉があるように、精神と肉体は深く結びついています。投薬や手術で病気やケガ自体はよくなっても、体や心の調子がずっとすぐれないという方は珍しくありません。インテグレートヒーリングは、心と体の声に耳を傾け、心身を不調にしている本当の原因を探っていくセラピーです。

今回は、インテグレートヒーリングの効果などについて解説しましょう。

  1. インテグレートヒーリングの基礎知識
  2. インテグレートヒーリングの効果は?
  3. インテグレートヒーリングの方法
  4. インテグレートヒーリングに関するQ&A

この記事を読めば、インテグレートヒーリングが必要な症状などについてもよく分かりますよ。病気の原因が分からずにつらい思いをしている方や、病気やケガが治ったのに心身の不調が回復しない方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


耳鳴りは、多くの人が一度は感じたことのある体の不調です。電車や車に乗ってトンネルに入ったり、飛行機が離着陸したりするときに耳鳴りをよく感じる、という方もいるでしょう。耳鳴りは気圧の変化や体調などが原因で起こることが多いのですが、中には病気の症状として現れる耳鳴りもあります。

そこで、今回は耳鳴りの原因や治療方法をご紹介しましょう。

  1. そもそも耳鳴りって何?
  2. 耳鳴りの原因は?
  3. 耳鳴りの種類は?
  4. 病院を受診した方がよい耳鳴りは?
  5. 耳鳴りの治療を受けるには?

この記事を読めば、病院で治療を受けた方がよい耳鳴りの特徴についても分かりますよ。最近、耳鳴りがよく起こるようになったという方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


「何をしても疲れやすい」「立ちくらみがする」などに当てはまる方は、副腎疲労を起こしている可能性があります。副腎とは、腎臓の真上にあるの小さな臓器です。副腎はホルモンバランスを保つために必要な臓器で、機能が低下すると疲労症状が出てきます。症状をやわらげるためには、必要な知識を身につけておかなければなりません。

そこで本記事では、副腎疲労の基礎知識や原因・セルフチェック・改善法・セルフケア・予防法について詳しく説明します。

  1. 副腎疲労の基礎知識
  2. 副腎疲労の原因について
  3. 副腎疲労のセルフチェック
  4. 副腎疲労の改善法
  5. 副腎疲労の予防法
  6. 副腎疲労に関するよくある質問

この記事を読むことで、副腎疲労から回復するために必要な知識と情報が入手できます。副腎疲労について知りたい方はぜひチェックしてください。

続きを読む


リウマチ性多発筋痛症とは、関節リウマチのように関節の強張りや痛みがあるものの、関節の炎症や骨の破壊・腫れなどは起こらない病気です。50歳以上の女性に発症しやすい病気で、患者数は関節リウマチの10分の1以下といわれています。命に別状がある病気ではありませんが、関節や筋肉の痛みが続くと日常生活にも支障が出てくるでしょう。さらに、この病気を発症すると巨細胞性動脈炎(きょさいぼうせいどうみゃくえん)という厄介な病気が合併症として発症することがあります。

今回は、リウマチ性多発筋痛症の症状や治療方法をご紹介しましょう。

  1. リウマチ性多発性筋痛症とは?
  2. リウマチ性多発性筋痛症かな、と思ったら
  3. リウマチ性多発性筋痛症の治療法について
  4. リウマチ性筋痛症の予防方法はあるの?
  5. リウマチ性多発性筋痛症に関するよくある質問

この記事を読めば、リウマチ性多発筋痛症の可能性がある症状が出た場合、すぐに対処できます。最近、肩を中心とした筋肉痛や関節痛がに悩まされているという方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む