「 がん全般 」一覧

アタナハクリニック公式ブログ、がん全般に関する記事の一覧です。症状のことや治療方法・予防方法などについて詳しく解説しています。

わが国のがん検診受診率は全体の約40%と言われています。がんを早期発見するために何より大切ながん検診。「受けたい」と思っていても、なかなか実現できない人も多いのではないでしょうか。がんは不治の病ではありません。早期に発見して治療することで、その多くが完治するものです。将来のため、そして、家族のためにも、がん検診は絶対に受けるべきでしょう。この記事では、がん検診の目的や種類・検査方法などをまとめて解説します。

  1. がん検診の基礎知識
  2. がん検診について
  3. がん検診の疑問
  4. 女性・男性のがん検診について
  5. がん検診にかんするよくある質問

この記事を読むことで、いかにがん検診が大切かわかります。「どうやって受診すればよいのかわからない」という人も、ぜひ参考にしてください。

続きを読む


悪性リンパ腫と聞くと、絶対に治らない病気と思う方もいるでしょう。しかし、悪性とついていますが、適切な治療をしていけば完治できる病気です。症状が末期になったとしても、実際に治った人はいます。

そこで、悪性リンパ腫の末期症状や末期の治療法・心との関係について詳しく説明しましょう。悪性リンパ腫の末期症状が知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 悪性リンパ腫の末期症状
  2. 悪性リンパ腫末期の治療法
  3. 悪性リンパ腫と心の関係性
  4. まとめ

続きを読む


医師は患者の癌(がん)の状態を見て余命宣告します。医師から末期癌(がん)と言われていたのに半年や1年以上、または完治することだってあるもの。では、何を基準に判断しているのでしょうか。この記事では癌(がん)の余命宣告を受けたときの対応についてまとめました。

  1. 余命宣告の根拠は?
  2. 余命宣告後の治療
  3. 癌を予防する方法
  4. まとめ

続きを読む


日本人の死亡原因No.1になっているのが「癌(がん)」です。じん臓癌(がん)や肺癌(がん)、胃癌(がん)などさまざまな種類はありますが、癌(がん)の原因になっている物質があります。「癌(がん)悪質液」と言われているものです。

そこで、これから癌(がん)悪液質とは何なのか、症状や特徴、癌(がん)悪液質によるダメージや生存率など詳しくお話していきましょう。癌(がん)悪液質について知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 癌(がん)悪液質とは?
  2. 癌(がん)悪液質の症状
  3. 癌(がん)悪液質がもたらす影響・生存率
  4. まとめ

続きを読む


現在、癌は早期発見早期治療をすれば、寛解できる可能性も高くなりました。でも、癌が発症した箇所や進行状況によっては、治療が難しく5年生存率が低くなることもあります。その一方で、ステージが進んだガンと診断され、これからどうすればいいのか悩み、不安で一杯の人も多いことでしょう。しかし、手術が難しい箇所に発症し、進行した癌でも適切な治療を行えば、症状が改善し、社会復帰できる可能性もあるのです。

そこで今回は、肝臓癌でステージ4の場合の生存率・余命・治療方法等を解説します。正確な情報を多く集めれば、それだけ治療方法の選択肢が広がるでしょう。

  1. 肝臓癌ステージ4とは
  2. 肝臓癌ステージ4で現れる症状
  3. 肝臓癌ステージ4の生存率と余命
  4. 肝臓癌ステージ4の一般的な治療法

この記事を読むことで、肝臓癌の症状や病院へ行くべき目安なども分かります。家族、もしくはご自身が肝臓癌と診断されたという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


日本人の死因トップである「がん」はステージによって進行度が変わります。
ステージがすすむにつれ完治する確率は低く、生存率も変わるものです。
中でもがんの症状すすんでいる状態を「末期がん」と呼んでいます。
これから、末期がんの生存率や定義、一般的な治療法について説明しましょう。
たとえ、末期がんになったとしても完治できないわけではありません。
がんに勝つためには病気について知ることが大切です。

  1. 末期がんの生存率
  2. 末期がんの定義
  3. 末期がんの一般的な治療法
  4. まとめ

続きを読む


末期がんになるといろいろな症状が出てきます。腹水もそのひとつ。今回は、この腹水の治療法や痛みを緩和する方法をご紹介しましょう。

がんも末期になると「痛みをできる限り取りのぞいて、家族との時間を大切に過ごす」という治療法になります。ですから、通常の腹水の治療とは異なる方法もあるのです。

家族ががんになり、最後を穏やかに迎えさせてあげたいと思っている方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 末期がんと腹水の関係は?
  2. 末期がんにおける腹水の治療法は?
  3. 家族にできることは?
  4. おわりに

続きを読む


子宮頸がんは、がんの中では珍しく20代~30代に発症するケースが多いものです。
ですから、発見が遅れてしまうことも珍しくありません。
今回ご紹介する子宮頚部異形成とは、子宮頚部の組織の異常のことで、将来子宮頸がんに変化する恐れのある組織異常です。
しかし、子宮頚部異形成が見つかったからといって、必ずしもがんに変化するわけではありません。
今回は、子宮頚部異形成の原因や対処法も一緒にご紹介していきます。
20代以上の女性はぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 子宮頸がんとは?
  2. 子宮頚部異形成とは?
  3. 子宮頚部異形成の症状や治療方法とは?
  4. 手術をしたら妊娠や出産に影響はあるの?
  5. 子宮頸がん検査の重要性と検査の方法とは?
  6. おわりに

続きを読む


がんは性別や年代を問わずに発生し、日本人の死因第1位の病気。
今回、原因や症状、さらに治療法をご紹介する甲状腺がんは種類によっては若い人が発症しやすいのです。
通常、がんの治療は腫瘍(しゅよう)部分を切り取る手術が行われます。
しかし、甲状腺がんはステージによっては手術をする方がリスクの高いこともあるのです。
今回は、甲状腺がんの種類や治療法、さらに遺伝の割合などもご紹介しましょう。
家族に甲状腺がんの患者がいるという方も、ぜひ読んでみてください。

  1. 甲状腺とは?
  2. 甲状腺がんの原因とは?
  3. 甲状腺がんの初期症状とは?
  4. 甲状腺がんの治療方法とは?
  5. 海藻を食べると甲状腺がんが予防できるって本当?
  6. おわりに

続きを読む


人間の病気の中でも最も恐ろしいと言われている癌、その治療費のことを知りたいと思っている人は多いでしょう。特に女性特有の癌を心配している女性は、少なくないと思います。そこで、癌の治療のために病院を選びたいと思っても、平均的な治療費が分からずなかなか選べない…と、頭を抱えていませんか?

この記事では、癌の治療費についてご紹介していきます。癌の治療を視野に入れている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

  1. 癌の治療費について
  2. 治療費の自己負担と補助について
  3. 癌治療の入院日数は?

続きを読む