卵巣嚢腫と卵巣がんの違いは?

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

お腹を押さえる女性女性にとって大切な器官である卵巣。
卵巣は体の中で最も様々な種類の腫瘍が発生する場所でもあります。
その中でも特に多いのが卵巣嚢腫という症状です。
卵巣嚢腫というとがんを思い浮かべる方も多いと思いますが、『卵巣嚢腫=がん』ではありません。
では、卵巣嚢腫と卵巣がんの違いは何なのでしょうか?
そこでこの記事では、卵巣嚢腫と卵巣がんの違いを説明します。
卵巣嚢腫と卵巣がんを正しく理解するためにお役立てください。

卵巣嚢腫とは?

卵巣嚢腫というのは卵巣に出来る良性の腫瘍です。
卵巣にはたくさんの腫瘍ができますがその9割が良性の腫瘍だと言われています。
その良性の腫瘍の中でも最も多いのが卵巣嚢腫なのです。
卵巣嚢腫にはいくつか種類があります。

  • 子宮内膜症が原因で起きるチョコレート嚢腫
  • 卵巣の上皮から発生してさらっとした液体がたまる漿液性嚢腫
  • ゼラチンのようなドロッとした液体のたまる粘液性嚢腫

等があります。

卵巣嚢腫は10代から年配の人にまで起きる確率の高い病気なので、年齢に関わらず全ての女性が注意する必要があります。
また、卵巣嚢腫の自覚症状はほとんどありません。検査で偶然見つかることが多い病気なので定期的に子宮や卵巣の検査をしておく必要があるでしょう。
卵巣嚢腫は良性の腫瘍ですが大きくなると下腹部が膨らんで違和感や痛みを感じることがあります。
また、卵巣の機能を妨げ不妊症の原因を作ることもあるのです。
更にひどくなって腫瘍が破裂すると、腹膜炎やショック症状を起こす危険もあります。
卵巣嚢腫は良性の腫瘍ですが、経過をしっかり見極めて手術するかしないかを決定する必要があるでしょう。

卵巣がんとは?

卵巣がんというのは卵巣にできる悪性の腫瘍です。40代から60代の女性が発症しやすいと言われています。
卵巣がんは、

  • 急激に進行する
  • 早期診断法がない
  • 自覚症状がほとんどない

という特徴があり、発見が遅れることが多い病気です。
卵巣がんは良性の卵巣嚢腫が悪性化してできる場合も多いと言われています。
ですから、卵巣が腫れている場合や卵巣に何かできている場合は、卵巣がんに関する精密検査を受けることが大切です。
卵巣がんの疑いが強い場合は手術によって腫瘍を摘出し、最終的な確定診断が行われます。

卵巣嚢腫と卵巣がんの違いとは?

ここまでで、卵巣嚢腫と卵巣がんについて簡単に解説しました。
では、この2種類の腫瘍にはどのような違いがあるのでしょうか?

卵巣嚢腫

  • 卵巣にできる良性の腫瘍
  • 卵巣嚢腫は年齢に関わらず発症することがある
  • 原因はまだはっきりと解明されていない

卵巣がん:卵巣にできる悪性の腫瘍

  • 卵巣にできる悪性の腫瘍
  • 40代から60代の女性に多く見られる
  • 卵巣がんは卵巣嚢腫が悪性化して起きることが多い

卵巣嚢腫と卵巣がんにはこのような違いがあります。
卵巣嚢腫と卵巣がんには違いがありますが、そのままにしておくと体に悪影響を及ぼすという面では共通しています。
ですから卵巣や子宮を定期的に検査するのは大切なことなのです。
卵巣周辺に違和感がある場合は、なるべく早く検査を受けるようにしてください。

アタナハクリニック院長 矢崎 智子

監修者

矢崎 智子
アタナハクリニック院長
日本産科婦人科学会認定医/高濃度ビタミンC点滴療法学会理事/世界アンチエイジング学会認定医/日本内分泌学会・国際オーソモレキュラー医学会・病巣疾患研究会会員/日本線維筋痛症学会会員

1969年長野県生まれ。平成6年杏林大学医学部卒。産婦人科医としての経験を積んだあと、2005年11月、分子整合栄養医学に基づく栄養療法と東洋医学を中心とした統合医療をおこなうクリニックハイジーアを開設。関節リウマチや線維筋痛症、慢性疲労症候群、摂食障害など、通常治療困難とされる疾患や、不妊症などの婦人科疾患の治療において豊富な臨床経験を持つ。日本では数少ない機能性医療の専門家であり、最も経験豊富な一人。

平成24年、医療とヒーリングの統合を目指し、アタナハクリニックを開設。現在はキネシオロジー(筋肉反射テストを使ったセラピー)の一種であるインテグレートヒーリング(IH)を中心とした統合医療を行なっている。

著書
なぜあなたは食べすぎてしまうのか 低血糖症という病

雑誌掲載歴
2014年:『ゆほびか(6月号)』『スターピープル(vol49)』『スターピープル(Vol.48)』
2013年:『トリニティ(Vol.48)』
2011年:『日経ヘルス(1月号)』
2010年:『VoCE(12月号)』『AERA with BABY』『anan(1月20日号)』
2009年:『クロワッサン(6月10日号)』『クロワッサン(1月25日号)』