乳癌で使用する抗がん剤の副作用は? 副作用対策について知ろう!

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

「乳癌」は40~50代の女性に多い病気でしたが、最近は若い人の発症が目立ちます。乳癌の抗がん剤治療で悩んでいる人もいるのではないでしょうか。抗がん剤を使用した治療を行う際、もっとも不安に感じるのが「副作用」です。抗がん剤に出る副作用は度々メディアでもその過酷さが取り上げられていますよね。

そこで、実際に乳癌の治療における抗がん剤にはどのような副作用があるのでしょうか。これから詳しく説明するので、副作用について知りたい人はぜひチェックしてください。

  1. 乳癌に用いられる抗がん剤
  2. 副作用について
  3. 副作用対策

1.乳癌に用いられる抗がん剤

癌=抗がん剤とイメージする人が多いでしょう。そもそも抗がん剤とはどのようなものなのか、乳癌に用いられる抗がん剤について詳しく説明します。乳癌治療で悩んでいる人は必見です。

1-1.がん治療には欠かせない「抗がん剤」

がん治療にはさまざまな方法がありますが、主に選択されるのは“薬物療法”です。薬物療法で使われるのが「抗がん剤」になります。抗がん剤とは、がんの細胞をこれ以上増やさないように抑制する力を持っており、ほかにも成長の抑制、転移・再発の防止などさまざまな役割を担っているのです。抗がん剤の副作用は怖いですが、実際に抗がん剤治療を受けて癌を克服した人もたくさんいます。

抗がん剤の特徴は局所的ではなく、広範囲での治療が可能になるところではないでしょうか。より広い部分での治療ができるのでがん細胞の転移を防ぐことも可能なのです。また、症状によっても異なりますが、いくつかの抗がん剤を併用して効果を高める方法もあります。

1-2.乳癌に使用される抗がん剤は?

乳癌の治療には主に「手術」「放射線療法」「ホルモン療法」「化学療法」の4種類があります。乳癌の進行状態によって適切な治療法になるでしょう。抗がん剤を利用するのは「化学療法」になります。乳癌の治療に使われる抗がん剤は25~30種類があるのでその中から自分の状況・体質に合った種類を選ぶことになるでしょう。

主に使われている種類をいくつか挙げていきます。もっとも多く使用されている抗がん剤が「経口抗がん剤」で、エンドキサンやUFT、フトラフール、ミフロール、5-FUなどです。CMF療法やAC・EC・CAF療法、塩酸イリノテカン、マイトマイシンC、タキソール、タキソテールも乳癌に使用される抗がん剤の一種になるでしょう。抗がん剤の種類によって副作用の症状も異なります。副作用に関してはまた後ほど説明するのでチェックしてくださいね。

1-3.抗がん剤を使わない治療法

抗がん剤の治療に対して恐怖心がどうしても消えない方には、抗がん剤を使わない治療法をおすすめしています。テレビでも取り上げられていた治療法で“代替治療”と呼ばれているのです。必ず効果があるとは言えませんが、体に負担をかけずに治療できる方法として注目されています。

どのような方法があるのかというと、サプリメントやお茶のような健康補助食品や漢方等の利用です。副作用の心配がない治療の代替となるものを活用する方法になっています。代替治療を行う際はどのような効果があるのか、どのように治療し続ければ良いのかきちんと理解してから始めてくださいね。

乳がん治療には抗がん剤が用いられることが多いんですね。
はい。医師の説明をよく聞いて治療の期間などを決めてください。

2.副作用について

2-1.吐き気や嘔吐

乳癌の抗がん剤は主に「吐き気」と「嘔吐」が副作用としてやってきます。このような副作用のことを“消火器症状”と呼びますが、吐き気・嘔吐のほかにも食欲低下や下痢、口内炎、味覚症状、膀胱炎、骨髄特性、腎障害などが挙げられるでしょう。消火器症状は乳癌に使われる抗がん剤のほとんどに副作用として現れます。

抗がん剤の投与をやめればそのような副作用は起きませんが、投与を続ける限り付き合っていくことになるでしょう。しかし、副作用があまりにもひどい場合は医師の判断で投与をやめるケースもあります。抗がん剤の効き目が大きくなるのは細胞分裂が活性化する時なので、効き目が大きくなる分副作用も強く現れると思っておいてください。あまりにも辛抱できない場合は医師・看護師に相談することをおすすめします。

2-2.女性にとってダメージが大きい「脱毛」

実際に抗がん剤治療を行った女性の中には「吐き気や嘔吐はなんとか我慢できても髪の毛が抜け落ちるのだけは我慢できなかった」と応えた人がたくさんいました。女性にとって髪の毛はとても大切な部分です。しかし、抗がん剤を投与し始めるとどんどん髪の毛が抜け落ちていってしまいます。

最終的には髪の毛がすべてなくなったスキンヘッドになり、帽子が手放せなくなるでしょう。外出する時はもちろん、病室でも常に帽子を被る人がほとんどです。髪の毛が主な脱毛部分ですが、眉毛や体毛、睫毛まで体全体におけるすべての毛が抜け落ちるケースもあります。脱毛もある覚悟を持っておかなければ抗がん剤の治療は進められないでしょう。

やはり副作用はあるんですね。
はい。ただしすべての人にひどい副作用が出るとは限りません。

3.副作用対策

3-1.自分でできる脱毛対策

抗がん剤の副作用をできるだけ軽減するためにも自分でできる対策があります。その対策について詳しく説明するので治療を受ける前にぜひチェックしてください。女性にとってもっともショックが大きい「脱毛」の対策は“刺激の少ないシャンプー・リンスを使用すること”です。できるだけ頭皮に過剰な刺激を与えないやさしいシャンプー・リンスを使ってください。少しでも抜け毛が減らせるでしょう。

また、脱毛の精神的ショックを和らげるためにも治療を受ける前に髪の毛をバッサリショートにする方法もあります。ロングだった人は抜け落ちるたびに受けるショックが大きいです。そのため、事前に髪の毛をショートにし、抜け落ちる髪の量を減らしてください。たったこれだけでも精神的ショックが少なくなりますよ。

3-2.日常生活でできる対策

脱毛以外にもさまざまな副作用が現れますが、それぞれ日常生活でできる対策があるので紹介します。よく起こる嘔吐や吐き気が起きた場合、身体を締め付けない洋服を着てゆっくり深呼吸をしてください。気を紛らわすために大好きな音楽を聴いたり、テレビや映画を見るのも良い方法です。食事の時はゆっくり噛みながら食べ、無添加のジュースや微炭酸飲料を飲むと落ち着きます。白血球や血小板が少なくなる骨髄抑制が出てきた場合、常に“清潔さ”を保ってください。

トイレや外出先から帰ってきた後は必ず手洗い・うがいをする、マスクをする、ケガをしないように気をつける、清潔な下着をつけるなど心がけましょう。下痢の場合は、お腹に良いおかゆやヨーグルトを食べ、こまめに水分を補給してください。下痢の回数が多ければ多いほど脱水症状になる危険性もあるので要注意です。以上のような対策を心がけると副作用の症状が楽になるでしょう。

自分でできる対策もあるんですね。
はい。今は副作用で脱毛してしまった人向けのウィッグなども充実しています。「副作用があるから」と躊躇する必要はありません。

まとめ

乳癌の抗がん剤治療や副作用など説明してきました。副作用の症状・対策を事前に把握しておけば不安な気持ちも取り除けるはずです。症状や進行によって適切な治療が異なるので担当の医師としっかり相談しながら決めてくださいね。

  • がん治療には欠かせない「抗がん剤治療」
  • 経口抗がん剤などが使われる
  • 抗がん剤を使わない“代替治療”
  • 吐き気や嘔吐が代表的な副作用
  • ショックが大きい脱毛症状
  • 自分でできる脱毛対策
  • 日常生活でできる脱毛対策

どうしても抗がん剤治療に抵抗がある人は抗がん剤を使わない“代替治療”にも注目すると良いでしょう。

アタナハクリニック院長 矢崎 智子

監修者

矢崎 智子
アタナハクリニック院長
日本産科婦人科学会認定医/高濃度ビタミンC点滴療法学会理事/世界アンチエイジング学会認定医/日本内分泌学会・国際オーソモレキュラー医学会・病巣疾患研究会会員/日本線維筋痛症学会会員

1969年長野県生まれ。平成6年杏林大学医学部卒。産婦人科医としての経験を積んだあと、2005年11月、分子整合栄養医学に基づく栄養療法と東洋医学を中心とした統合医療をおこなうクリニックハイジーアを開設。関節リウマチや線維筋痛症、慢性疲労症候群、摂食障害など、通常治療困難とされる疾患や、不妊症などの婦人科疾患の治療において豊富な臨床経験を持つ。日本では数少ない機能性医療の専門家であり、最も経験豊富な一人。

平成24年、医療とヒーリングの統合を目指し、アタナハクリニックを開設。現在はキネシオロジー(筋肉反射テストを使ったセラピー)の一種であるインテグレートヒーリング(IH)を中心とした統合医療を行なっている。

著書
なぜあなたは食べすぎてしまうのか 低血糖症という病

雑誌掲載歴
2014年:『ゆほびか(6月号)』『スターピープル(vol49)』『スターピープル(Vol.48)』
2013年:『トリニティ(Vol.48)』
2011年:『日経ヘルス(1月号)』
2010年:『VoCE(12月号)』『AERA with BABY』『anan(1月20日号)』
2009年:『クロワッサン(6月10日号)』『クロワッサン(1月25日号)』