慢性疲労症候群

慢性疲労症候群を疑っている人は必見!よくある症状や原因を解説!

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

慢性疲労症候群に悩まされている人が、とても多くなっています。そこで、この記事では慢性疲労症候群の疑いがある人に向けて、基本的な知識だけでなく、よくある症状や原因について解説しましょう。

  1. 慢性疲労症候群とはどんな状態?
  2. 慢性疲労症候群の代表的な症状は?
  3. 慢性疲労症候群の原因は?
  4. まとめ

慢性疲労症候群について詳しく知りたい人は必見です。

1.慢性疲労症候群とはどんな状態?

まずは、慢性疲労症候群がどんな状態なのかを解説していきましょう。基本的な知識を学ぶことも、慢性疲労症候群を改善するためにも、必要なことです。

1-1.慢性疲労症候群とはこんな症状

慢性疲労症候群は、原因不明の強い疲労感が6か月程度以上の間継続的に続く症状を指します。また、十分な休息や睡眠を取っても、疲労回復が感じられない点も特徴でしょう。なお、仕事やスポーツなど原因がはっきりとわかっている場合は、慢性疲労症候群とは呼びません。

1-2.慢性疲労症候群はほかの病気と混同されやすい

慢性疲労症候群は、症状がとても多いことから、ほかの病気と混同されやすいことも特徴です。たとえば、感情の起伏の激しさや不眠などの症状は、うつ病と誤診されやすいでしょう。
また、微熱や倦怠(けんたい)感・関節痛などは、風邪(かぜ)と診断されることもあります。慢性疲労症候群なのに、ほかの病気と誤診されたままでは症状が悪化するので注意するべきでしょう。

1-3.慢性疲労症候群になりやすい人

慢性疲労症候群になりやすい人にも、ある種の傾向があります。たとえば、物事にのめり込んでしまうタイプの人でしょう。物事にのめり込んでしまうタイプの人は、基本的に性格がまじめで素直な人が多いです。自分でも気が付かないうちに、我を忘れて物事を進める傾向があるため、さまざまな限度を超えてしまい慢性疲労症候群になりやすいと言われるので気を付けましょう。

2.慢性疲労症候群の代表的な症状は?

慢性疲労症候群の症状は、人によってさまざまです。代表的な症状について解説していきましょう。

2-1.強い疲労感

慢性疲労症候群の名前のとおり、強い疲労感があることが代表的な症状です。強い疲労感とは、疲れてベッドに倒れこんだらもう起き上がれないぐらいの状態と考えると良いでしょう。もしも、十分な睡眠を取っても、ゆっくり入浴しても、何をしても強い疲労感がぬぐえないのなら、慢性疲労症候群を疑うべきです。

2-2.体温調節機能の低下

慢性疲労症候群の症状として、体温調節機能の低下を見ることができます。たとえば、気温が低くなくても悪寒を感じたり気温が低いのに体がほてったりすることも。風邪(かぜ)をひいたときのような微熱がずっと続くこともあるでしょう。風邪(かぜ)と違うのは、解熱剤を飲んでも熱が下がりにくい点です。体温調節機能がうまく働かないことで、日常生活に支障が出る場合もありますから、軽く見てはいけません。

2-3.筋肉痛や関節痛

筋肉痛や関節痛も、慢性疲労症候群の症状として挙げられるでしょう。まるで風邪(かぜ)をひいたときのような、だるさを伴った筋肉痛や関節痛ですね。医師の診断を受けても、原因がよくわからない筋肉痛や関節痛は、慢性疲労症候群の可能性があると言えるでしょう。

2-4.思考力や記憶力の低下

慢性疲労症候群の症状のひとつに、思考力や記憶力の低下もあります。脳の働きがうまくいかなくなることで、ひどい場合は認知症と同様のレベルにまで達することもあるでしょう。一時的な疲労時と比べて、慢性疲労症候群の場合は十分な休息を取っても記憶力の回復を見ることができないことで判別できます。

2-5.睡眠障害

慢性疲労症候群になると、睡眠障害が認められる場合があります。十分な時間の睡眠を取っているにもかかわらず、眠気や疲れが取れなかったり、反対に不眠に悩まされたりするケースも。さらに、明晰(めいせき)夢と呼ばれる内容のはっきりした夢を見やすくなることも特徴です。

2-6.精神的な症状

慢性疲労症候群になると、精神的にも影響があることを否めません。たとえば、うつ状態になったり、感情の起伏が激しくなったりですね。なぜかわからないけど、イライラが止まらないという自覚がある人もいます。また、むずむず脚症候群も慢性疲労症候群の症状として現れることも。強い疲労感だけでもつらいものですが、慢性症疲労症候群になると精神的に不安定になりやすいことも覚えておいてください。

3.慢性疲労症候群の原因は?

それでは、慢性疲労症候群になってしまう原因には何があるのでしょう。慢性疲労症候群の原因とされる、主なものについて解説していきます。

3-1.ホルモン分泌の異常

体内のホルモン分泌の異常が、慢性疲労症候群の原因のひとつとされます。慢性疲労症候群を発症している患者の調査で、特定のホルモン分泌量が低下していたことからホルモン分泌の異常が関係しているとのこと。さらに、ホルモン分泌の低下は、ストレスなどの精神的なものも大きく影響されると言われています。

3-2.特定遺伝子が原因

慢性疲労症候群は、特定遺伝子が原因で発症するとの見方もあります。現在でも研究が進められている途中なので、確固たる研究報告を待ちましょう。

3-3.過度のストレス

過度のストレスが、慢性疲労症候群の引き金になることもあるでしょう。ストレスによって、体内の免疫機能が低下するため、慢性疲労症候群を発症すると言われています。

また、ホルモンバランスを崩す原因にもなり、ますます慢性疲労症候群の症状が悪化することに。普段からストレスを感じやすいとの自覚がある人は、自分なりのストレス解消法を実行しましょう。たとえば、リラックス効果の高いアロマを利用することも、ひとつの方法です。

4.まとめ

さて、慢性疲労症候群について詳しく説明をしてきました。ここでもう一度、今回ご紹介した慢性疲労症候群に関するポイントをまとめましょう。

  • 慢性疲労症候群についての基本を学ぶ
  • 慢性疲労症候群の基本的な症状を知る
  • 慢性疲労症候群の原因を認識して対応する

皆さんに慢性疲労症候群の疑いがある場合は、速やかに医師に相談するなどして、適切な対応をしてください。勝手な自己判断を下したせいで症状が悪化しないように、気を付けましょう。

アタナハクリニック院長 矢崎 智子

監修者

矢崎 智子
アタナハクリニック院長
日本産科婦人科学会認定医/高濃度ビタミンC点滴療法学会理事/世界アンチエイジング学会認定医/日本内分泌学会・国際オーソモレキュラー医学会・病巣疾患研究会会員/日本線維筋痛症学会会員

1969年長野県生まれ。平成6年杏林大学医学部卒。産婦人科医としての経験を積んだあと、2005年11月、分子整合栄養医学に基づく栄養療法と東洋医学を中心とした統合医療をおこなうクリニックハイジーアを開設。関節リウマチや線維筋痛症、慢性疲労症候群、摂食障害など、通常治療困難とされる疾患や、不妊症などの婦人科疾患の治療において豊富な臨床経験を持つ。日本では数少ない機能性医療の専門家であり、最も経験豊富な一人。

平成24年、医療とヒーリングの統合を目指し、アタナハクリニックを開設。現在はキネシオロジー(筋肉反射テストを使ったセラピー)の一種であるインテグレートヒーリング(IH)を中心とした統合医療を行なっている。

著書
なぜあなたは食べすぎてしまうのか 低血糖症という病

雑誌掲載歴
2014年:『ゆほびか(6月号)』『スターピープル(vol49)』『スターピープル(Vol.48)』
2013年:『トリニティ(Vol.48)』
2011年:『日経ヘルス(1月号)』
2010年:『VoCE(12月号)』『AERA with BABY』『anan(1月20日号)』
2009年:『クロワッサン(6月10日号)』『クロワッサン(1月25日号)』