機能性低血糖症になってしまう原因

機能性低血糖症になってしまう原因とは ~各症状と治療法について~

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

最近、朝に頭がボーとして起きられないことはないでしょうか。その上、甘いものばかり食べて体からだるい人は要注意。異常な眠気や精神が安定しないときは、機能性低血糖症の可能性があります。
この記事では、機能性低血糖症の原因と症状についてまとめました。

  1. 機能性低血糖症とは
  2. 機能性低血糖症の症状
  3. 機能性低血糖症の原因
  4. 機能性低血糖症の治療法
  5. まとめ

1.機能性低血糖症とは

「機能性低血糖症」という病気は、聞き慣れない人も多いかと思います。まずは、機能性低血糖症という病気についてご紹介しましょう。

1-1.機能性低血糖症について

機能性低血糖症とは、血糖値が低くなってしまう状態のことです。病院やニュースなどで「低血糖」は糖尿病にかんする言葉だと思っている人もいるでしょう。しかし、機能性低血糖症は現代人の誰もが発症可能性のある病気です。
機能性低血糖症は、糖からエネルギーを作る機能がうまく働かない状態のことを指します。現代では、この状態に知らない内になっている人が多くいるのです。
機能性低血糖症になると体のだるさや眠気、頭痛などが出てきます。しかし、多くの人が血糖値が原因とは考えないため解決しないことが多い病気です。

1-2.血糖値とは

「血糖値」という言葉を健康にかんするニュースや記事で見かけることがあるかと思います。この血糖値という言葉の意味をしっかり確認しておきましょう。
血糖値とは、血液に含まれるグルコース(ブドウ糖)の濃度のことです。この血糖値は、人が生きていく上で最も利用しているエネルギー源となっています。特に、脳の活性化に使われているのです。脳を動かすためにもグルコースの安定化は重要事項となります。
この血糖値の安定化を図るため、体の臓器たち総動員で血糖のコントロールをしているのです。しかし、血糖値が安定しないと体の各症状に被害が出てきます。そのひとつが「機能性低血糖症」です。

1-3.うつに関係していると言われている

現代では、うつ病など精神的な病気になる人が増えています。この機能性低血糖症は、うつ病とも深く関係していると言われているのです。
機能性低血糖症になると血糖値が乱れます。血糖値が乱れると脳に送られるグルコースも安定しないため精神状態も乱れてくるのです。また、低血糖を回復して体温維持に働き掛けるホルモンは、精神状態の回復にも関係しています。そのホルモンが出てくることによって、精神状態が乱れてうつ病に拍車が掛かるのです。