化学物質過敏症

化学物質過敏症とは? 原因物質の排除で症状の改善を!

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

「化学物質過敏症」をご存じですか? 化学物質に反応してさまざまな症状が現れることを言い、シックハウス症候群やアレルギーなどと間違われることも多くなっています。症状が現れる化学物質や症状の現れ方には個人差があるため、原因がわからないまま症状に悩み続けている人はたくさんいるでしょう。早めに化学物質過敏症であることに気づくためにも、考えられる原因や症状について把握しておくべきです。そして、治療法や予防法も知っておきましょう。

この記事では、化学物質症候群の症状やセルフチェック法、予防するためのポイントなどをまとめてご紹介します。

  1. 化学物質過敏症の基礎知識
  2. 化学物質過敏症の原因
  3. 化学物質過敏症の主な症状
  4. 化学物質過敏症をセルフチェックしよう!
  5. 化学物質過敏症の影響
  6. 化学物質過敏症の治療法
  7. 化学物質過敏症の予防法
  8. 化学物質過敏症、周囲のサポートについて
  9. 化学物質過敏症に関するよくある質問

この記事を読むことで、化学物質過敏症についてすべてわかります。早めに不快な症状を改善するためにも、ぜひ参考にしてください。

1.化学物質過敏症の基礎知識

まずは、化学物質過敏症について解説します。

1-1.化学物質過敏症とは?

化学物質過敏症とは、何らかの化学物質が体内に入ったり接触したりすることで引き起こされる症状です。特定の化学物質に対して起こすアレルギー反応のようなもので、症状の現れ方や程度には個人差があります。症状を起こす化学物質とは、ホルムアルデヒドやトルエン、キシレンなどです。農薬や排気ガス・シャンプー・化粧品・食品添加物など、さまざまなものに含まれており、複数の物質に対して症状を起こす人もいます。

また、タバコも化学物質過敏症の原因になることがわかっているのです。受動喫煙でも症状が出るため、近くに喫煙者がいる人は注意しましょう。

1-2.最近の傾向

私たちの身の回りでは、化学物質を含むものの存在が増え続けています。同時に、化学物質過敏症で悩む人も増加しているのです。化学物質は、たとえ微量であっても繰り返し接触することで体に何らかの反応を生じることがわかっています。今まで何ともなかった人に、突然、化学物質過敏症の症状が現れることもあるのです。

1-3.どんな人がなりやすい?

同じ状況下にいても、化学物質過敏症の症状が現れる人と現れない人がいます。化学物質過敏症になる人とならない人がいるのは、体質や体調、環境の違いによるものなのです。特に以下のような人は症状が現れやすいと言われています。

  • 薬品やOA機器を扱う職業の人
  • もともとアレルギーを持っている人
  • 新築の家に住んでいる人
  • 交通量の多い道路の近くに住んでいる人
  • ストレスをためこみやすい人

現在、日本人の10人に1人は化学物質過敏症であると言われています。気づいていない人も含めればさらに患者数が増えることが予想されるでしょう。その多くが、上記の項目に当てはまることがわかっています。特に、パーマ液やシャンプーを扱う美容関係、消毒液を扱う医療関係で働く人の中に、患者数が多いということです。

1-4.子どもの化学物質過敏症もある!

子どもの化学物質過敏症は、成人のものよりも深刻な問題です。子どもたちが通う学校の建材、教材には、大量の化学物質が使われていることが多いことを知っていますか? こういった環境が原因で化学物質過敏症を引き起こす子どもも少なくないのです。

子どもの化学物質過敏症は、今後の健やかな成長や性格の形成に悪影響を与えます。少しでも症状を抑えるために、大人が責任を持って対処する必要があるでしょう。

2.化学物質過敏症の原因

では、化学物質過敏症の原因について考えてみましょう。

2-1.なぜ発症するのか?

化学物質過敏症を発症する原因には、環境や体質、ストレスなどがあります。日ごろから化学物質に触れる機会が多いと、発症の可能性は高くなるのです。そのため、化学物質を扱う職場に勤めている人ほど、注意が必要になるでしょう。

また、遺伝子による体質についても、化学物質過敏症と関係があると考えられているのです。そのほかにも、ストレスがたまると抵抗力が落ち、化学物質過敏症になりやすいと言われています。

2-2.原因となる化学物質について

化学物質過敏症の原因となる化学物質は、以下のようなものに含まれています。

  • 殺虫剤、防虫剤
  • 香水、アロマオイル
  • 化粧品
  • 防臭剤、消臭剤
  • タバコの煙
  • シャンプー類
  • 灯油
  • 新建材、塗料
  • 排気ガス(光化学スモッグ)
  • 電気ストーブ

2-3.注意点

化学物質過敏症は、微量な原因物質にも反応します。そのため、どの物質に反応しているのか判断するのが難しいでしょう。まずは、自分がどんな化学物質に反応するのかを知ることが大切です。ある程度範囲を絞ることができるように、普段から自分の行動パターンと症状をよく観察しておきましょう。

3.化学物質過敏症の主な症状

次に、化学物質過敏症の症状について考えてみましょう。

3-1.症状は一つではない!

化学物質過敏症の症状は、人によって現れ方がまったく違う場合もあります。同じ化学物質に対しても、人それぞれの症状が現れるのです。目や鼻、皮膚など体に現れる症状もあれば、うつ状態のように心に現れる症状もあります。いずれにしても、健康障害が慢性化している場合は、化学物質過敏症の可能性についても考えてみる必要があるでしょう。

3-2.主な症状

では、具体的にどのような症状があるのでしょうか。主な症状をご紹介します。

3-2-1.自律神経症状

化学物質過敏症では、自律神経症状が現れることが多くなっています。具体的には、発汗異常や手足の冷え、疲れやすさなどが主な症状です。実際に、自律神経失調症を疑ったところ、化学物質過敏症だったという例は少なくありません。

3-2-2.神経精神症状

不眠などの睡眠障害、不安感、うつ状態などの神経精神症状も、症状の一つです。また、不眠による頭痛、記憶力の低下、集中力の低下などを引き起こすことも多いでしょう。化学物質過敏症は精神も蝕(むしば)む病気であるということを覚えておいてください。

3-2-3.気道症状

喉や鼻の痛み、気道の閉塞感など、気道症状として現れる場合もあります。「風邪をひきやすくなった」と思ったら化学物質過敏症だった、という例もあるため、十分注意してください。

3-2-4.感覚器症状

感覚器に現れる症状としては、ドライアイや疲れ目、充血、結膜炎、鼻づまり、耳鳴り、皮膚のかゆみ、じんましんなどがあります。こういった症状は花粉症と間違えやすいため、どのような状況で症状が現れるかよく考えて判断する必要があるでしょう。

3-2-5.消化器症状

吐き気や食欲不振、腹痛、下痢、便秘などの消化器症状もあります。症状が一時的ではなく、慢性化しているかどうかが判断のポイントになるでしょう。

4.化学物質過敏症をセルフチェックしよう!

自分の症状は化学物質過敏症によるものかどうか、セルフチェックしてみましょう。

4-1.なかなかわかりにくい病気である

人は健康に障害が起こると、原因を突き止めようとするものです。原因がわかれば治療法や対処法がわかり、症状の改善につなげることができるため、当然のことでしょう。しかし、化学物質過敏症は、なかなかわかりにくい病気です。原因物質も症状も人それぞれであることから、自分でも何が原因で症状が起こっているのかわからないことがほとんどと言えます。また、化学物質過敏症はごく最近になって注目を集めるようになったため、十分な知識がある医師が少ないという問題点もあるのです。実際に、胸の痛みで病院を受診したら「肋間(ろっかん)神経痛だと診断された」というような例は非常に多くなっています。

4-2.自己診断チェック項目

自分は化学物質過敏症かどうか、簡単にセルフチェックしてみましょう。

  • 香水の匂いで具合が悪くなる
  • 汗をあまりかかない
  • 意味もなく不安に襲われることがある
  • 食べものアレルギーがある
  • 人ごみに出かけることが多い
  • お酒をよく飲む
  • タバコを吸う習慣がある
  • 最近、新築の家に引っ越した
  • 新しいものを買うことが多い

原因不明の不快な症状に悩んでいる人は、上記の項目で当てはまるものがいくつあるかチェックしてみてください。当てはまる項目が多い人は、化学物質過敏症である可能性を考えましょう。

5.化学物質過敏症の影響

化学物質過敏症は社会生活にどのような影響を与えるのでしょうか。関連する病気についてもご紹介します。

5-1.社会生活への影響とは?

化学物質過敏症の人は、微量な化学物質にも反応してしまいます。私たちの日常生活は多種類の化学物質に囲まれており、通常の社会生活を送ることが困難になるでしょう。周囲の理解を得られずに社会的に孤立した状態になり、働けないことで経済的な困窮に陥るケースも少なくありません。化学物質過敏症の症状は、精神をも蝕(むしば)むものです。放置すると症状が悪化し「家から出られない」「起き上がることができない」などの状態を引き起こすこともあります。

5-2.周囲から理解されにくい病気である

化学物質過敏症は身近な病気でありながら、まだまだ周囲から理解されにくいという問題があります。このような病気があるということを知らない人もたくさんいるのです。そのため、理解されないことに苦しんでいる患者も少なくありません。協力してもらえないだけでなく、疑われたり理不尽な扱いをされたりすることもあるでしょう。最悪の事態を招く前に、まずはどうすれば周囲の理解を得ることができるのか考える必要があります。

5-3.関連する病気、症状

化学物質過敏症に関連する病気には、シックハウス症候群や電磁波過敏症などがあります。特にシックハウス症候群は、化学物質過敏症との結びつきが非常に強いのです。シックハウス症候群は化学物質過敏症の初期段階と言え、シックハウス症候群が原因で化学物質過敏症になるという考え方もあります。電磁波過敏症については、症状や対処法が化学物質過敏症とよく似ており、この2つは併発するケースが非常に多いです。

6.化学物質過敏症の治療法

では、化学物質過敏症はどのように治療するのでしょうか。診断方法や投薬についてご紹介します。

6-1.病院へ行くべき症状

化学物質過敏症は、病院に行けば健康保険で治療が受けられます。症状が繰り返し起こるときや長く続くときなどは、受診してみましょう。また、日常生活が困難になるほど重い症状が現れた場合、誰にも相談できず苦しんでいる場合なども、病院に行くべきです。化学物質過敏症は、何もせずに治る病気ではありません。適切な治療と対策によって、症状を軽減していくことを考える必要があるのです。

6-2.何科を受診すべきか?

症状が現れたとき、何科を受診すべきかわからないという人は多いでしょう。最初は、目なら眼科、胃痛なら消化器科というように、症状に合わせて受診することになると思います。しかし、化学物質過敏症の場合は、そこで原因が判明することはないでしょう。一番よいのは、アレルギー科を受診することです。数はまだ少ないものの、化学物質過敏症の治療を行っている病院はあります。適切な治療を受けることができるため、インターネットなどで探してみるとよいでしょう。

6-3.検査、診断方法

病院での検査方法としては、自律神経異常や瞳孔異常を確認し、中枢神経を含む視覚検査、眼球の運動や機能の検査、脳の画像検査などがあります。診断基準は国や行政によって異なりますが、一般的には以下のようなものです。

  • 持続あるいは反復する頭痛がある
  • 筋肉痛または筋肉の不快感がある
  • 持続する倦怠(けんたい)感と疲労感がある
  • 咽頭痛や微熱がある
  • 下痢、腹痛、便秘がある
  • 集中力や思考力の低下がある
  • 皮膚のかゆみや感覚異常がある

以上のような判定基準に基づき、症状と照らし合わせて診断します。

6-4.治療方法と投薬について

化学物質過敏症の治療は、予防と同じ意味で行われます。一番の治療は体にとって異物となる化学物質の減少を図ることです。そのため、以下のような生活指導が行われることになります。

  • 空気汚染を軽減するために換気をすること
  • 解毒促進のための食事指導
  • 健康状態を維持するための生活指導、運動療法
  • 新陳代謝を高めるための温熱療法

こうした治療に即効性はありません。完全に症状が改善するまでは長い時間がかかることになるでしょう。その間は、鎮痛剤や点眼薬、胃腸薬など症状に合わせた薬が処方され、症状を軽減しながら改善を図っていくことになります。

6-5.注意点

薬を服用することで症状は緩和されます。しかし、根本的な原因を取り除かない限り、解決には至らないということを忘れないでおきましょう。薬をやめれば再び症状は現れます。症状が軽くなったからと言って化学物質の排除を怠っていると病気はいつまでも完治しないのです。あくまでも生活指導の内容をしっかりと守り、化学物質を減らすことを第一に考えてください。

7.化学物質過敏症の予防法

次に、化学物質過敏症の予防法についてご紹介します。

7-1.誰でも発症する可能性がある!

化学物質過敏症は誰でも発症する可能性がある病気です。知らない間に化学物質が体内に蓄積し、いつ症状として現れるかわかりません。今は何ともなくても、将来症状に悩まされる日がくる可能性もあるのです。そのため、化学物質過敏症でない人も、普段からできるだけ注意して過ごす必要があります。特に、家族に化学物質過敏症の人がいる場合などは、意識して生活するようにしましょう。

7-2.日常生活で気をつけること

日常生活でできる化学物質過敏症の予防法は以下のとおりです。

  • 空気清浄機、浄水器を使う
  • 適度な運動を継続する
  • 睡眠を十分にとる
  • 過労やストレスを避ける
  • ビタミンやミネラル、マグネシウム、亜鉛、カルシウム中心の食事をとる
  • サウナで汗をかく

上記のことを注意していれば、体内に入り込む化学物質の量を減らし、すでに蓄積されてしまっている化学物質を排除することができます。

7-3.「考え過ぎ」はNG

化学物質を遠ざけることは必要です。しかし、あまり化学物質に対して敏感になり過ぎるのもよくありません。化学物質に対する敵対心や警戒心などが大きくなり過ぎると、かえってストレスになってしまうでしょう。その結果、症状が悪化してしまうこともあります。現代社会で生きていく上で、化学物質の存在はある程度仕方のないものです。そう思うことで症状が軽くなる人も多いということを覚えておきましょう。

8.化学物質過敏症、周囲のサポートについて

化学物質過敏症は、周囲のサポートが必要不可欠です。身近にこの病気の人がいるなら、何ができるか考えてみましょう。

8-1.周囲の人ができることとは?

周囲の人ができることには、以下のようなものがあります。

  • 苦しみを理解すること
  • 理解を広めようと努力すること
  • 相談に乗ってあげること
  • 助けてあげること

化学物質過敏症の人は、健康な人なら何でもないようなことができなくて苦しんでいます。そのことを理解し、少しでも生活がしやすくなるようにサポートしてあげましょう。

8-2.なぜサポートが重要なのか?

化学物質過敏症という病気は日本での認知度がまだ低い病気です。そのため、苦しみを理解できる人も少なくなっています。さまざまな不快症状に苦しみ、周囲の理解を得られない患者たちは、精神的にも追い込まれてしまうのです。最悪の場合、死を考える人もいるということを知っておいてください。周囲のサポートが患者の命を救うこともあるのです。

8-3.注意点

化学物質過敏症については、いまだに「精神的なもの」という考えを持つ人が少なくありません。そのため、患者が苦しみを告白しても「気のせい」「考え過ぎ」という言葉を使ってしまう人も多いのです。そのような言葉は、患者を最も苦しめます。絶対に言わないようにしましょう。

9.化学物質過敏症に関するよくある質問

「化学物質過敏症について知りたい」という人が感じるであろう疑問とその回答についてまとめてみました。

Q.化学物質過敏症とアレルギー症はどう違いますか?
A.アレルギー症は免疫反応によるものであり、化学物質過敏症は自律神経系への作用が中心です。人によって発症する物質と症状が異なる点も違っています。

Q.化学物質過敏症と同じように、認定が困難な病気にはどのようなものがありますか?
A.慢性疲労症候群や線維筋痛症・脳脊髄液減少症などがあります。いずれも医師の間での認識度が低く、誤診されることが多いのが現状です。

Q.新築の家に引っ越してから子どもの咳(せき)が続いています。化学物質過敏症でしょうか?
A.家の建材には化学物質が含まれているため、化学物質過敏症を発症した可能性は十分にあるでしょう。また、壁紙やフローリングに使用している接着剤にも、化学物質が含まれています。

Q.化学物質過敏症はマスクの着用で予防できますか?
A.一般的なマスクでは化学物質がとおり抜けてしまうため、完全な予防にはなりません。化学物質過敏症用のマスクであれば、中に簡易フィルターや活性炭が織り込まれているため、効果的に予防できるでしょう。

Q.化学物質過敏症が疑われます。病院に行く前に準備しておくべきことはありますか?
A.病院では問診が非常に重要になります。どんなときにどのような症状が現れるのか、自分の症状を細かくチェックし、メモしておくとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 化学物質過敏症という病気について、その原因や主な症状、対処法などをご紹介しました。化学物質過敏症は認知度が低く、周囲の理解も得られにくい病気です。しかし、確実にその症状に悩まされている人はいます。どのような病気なのか、どうしたら防ぐことができるのかを知り、すべての人が意識を高める必要があるのです。ぜひ、この記事を参考にして、病気について知ってください。

アタナハクリニック院長 矢崎 智子

監修者

矢崎 智子
アタナハクリニック院長
日本産科婦人科学会認定医/高濃度ビタミンC点滴療法学会理事/世界アンチエイジング学会認定医/日本内分泌学会・国際オーソモレキュラー医学会・病巣疾患研究会会員/日本線維筋痛症学会会員

1969年長野県生まれ。平成6年杏林大学医学部卒。産婦人科医としての経験を積んだあと、2005年11月、分子整合栄養医学に基づく栄養療法と東洋医学を中心とした統合医療をおこなうクリニックハイジーアを開設。関節リウマチや線維筋痛症、慢性疲労症候群、摂食障害など、通常治療困難とされる疾患や、不妊症などの婦人科疾患の治療において豊富な臨床経験を持つ。日本では数少ない機能性医療の専門家であり、最も経験豊富な一人。

平成24年、医療とヒーリングの統合を目指し、アタナハクリニックを開設。現在はキネシオロジー(筋肉反射テストを使ったセラピー)の一種であるインテグレートヒーリング(IH)を中心とした統合医療を行なっている。

著書
なぜあなたは食べすぎてしまうのか 低血糖症という病

雑誌掲載歴
2014年:『ゆほびか(6月号)』『スターピープル(vol49)』『スターピープル(Vol.48)』
2013年:『トリニティ(Vol.48)』
2011年:『日経ヘルス(1月号)』
2010年:『VoCE(12月号)』『AERA with BABY』『anan(1月20日号)』
2009年:『クロワッサン(6月10日号)』『クロワッサン(1月25日号)』