副腎疲労はストレスが原因

副腎疲労はストレスが原因? 症状・治療法・予防法について徹底解説

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

「何をしても疲れやすい」「立ちくらみがする」などに当てはまる方は、副腎疲労を起こしている可能性があります。副腎とは、腎臓の真上にあるの小さな臓器です。副腎はホルモンバランスを保つために必要な臓器で、機能が低下すると疲労症状が出てきます。症状をやわらげるためには、必要な知識を身につけておかなければなりません。

そこで本記事では、副腎疲労の基礎知識や原因・セルフチェック・改善法・セルフケア・予防法について詳しく説明します。

  1. 副腎疲労の基礎知識
  2. 副腎疲労の原因について
  3. 副腎疲労のセルフチェック
  4. 副腎疲労の改善法
  5. 副腎疲労の予防法
  6. 副腎疲労に関するよくある質問

この記事を読むことで、副腎疲労から回復するために必要な知識と情報が入手できます。副腎疲労について知りたい方はぜひチェックしてください。

1.副腎疲労の基礎知識

症状をやわらげるためには、副腎疲労の基礎知識を身につける必要があります。副腎の役割やどんな症状かなど、詳しく見ていきましょう。

1-1.どんな症状か

副腎疲労は副腎疲労症候群(アドレナル・ファティーグ)とも呼ばれています。さまざまな原因によって副腎の機能が低下することでホルモンが出にくくなり、ストレスに対抗できなくなるのです。その結果、疲労だけでなく、イライラしやすくなる・うつ病など精神病の症状が出てきます。

1-2.副腎について

副腎は腎臓の真上に位置する臓器で、一般的な重さは約5グラムです。形は左右で異なり、左は半月状、右は三角形になっています。副腎の働きはホルモンを分泌し体の状態を一定に保つことです。副腎には副腎皮質と副腎髄質の2種類があり、それぞれ異なるホルモンを分泌しています。

  • 副腎皮質ホルモン:コルチゾール・アルドステロン・アンドロゲン
  • 副腎髄質ホルモン:アドレナリン・ノルアドレナリン

1-3.主な症状

主な症状は極度の疲労ですが、他にもさまざまな症状が出てきます。疲労と疲労以外の症状について以下にまとめてみました。

疲労症状

  • 疲労
  • 無気力・無関心
  • 集中できない
  • 体力減少
  • 何も考えられない

疲労以外の症状

  • 脂肪増加・筋肉減少
  • むくみ
  • 眠れない
  • 震え・動悸(どうき)
  • 背中や関節などの痛み
  • コーヒーや甘いものを好む

1-4.なりやすい人

副腎疲労になっている人には共通点がいくつかあります。以下にピックアップしてみたので、当てはまる部分があるかどうかチェックしてみてください。

  • 人への依存心がないのに、人から依存される
  • 完璧主義者
  • 独り身で感情のはけ口がない、1人で抱え込みやすい
  • 有能で、多くの仕事をこなすことができる

以上の共通点を見てわかるように、副腎疲労になりやすい人は責任感が強く、1人で抱え込んでしまうタイプです。失敗を許すことができず、ずっと引きずってしまいます。

1-5.放置するとどうなるか

副腎疲労を放置すると、精神的な負担が大きくのしかかります。副腎の機能は、ストレスに対する耐性と比例しているのです。そのため、悪化するほどストレスに対抗できなくなり、さらにストレスを感じやすくなる悪循環が始まります。また、うつ病などの精神病にかかる可能性も高まるのです。

1-6.最近の傾向

ストレス社会といわれている現代、毎日イライラすることが多い方もいるのではないでしょうか。実際に、腎臓疲労に悩む人も増えてきています。特に、更年期障害が出てきやすくなる40代女性の患者が多いのです。更年期障害と腎臓疲労が複雑に絡み合うケースもよく見られます。

副腎疲労が起こるとうつ病に近いような症状が出るんですね。
はい。しかし、個人では症状から副腎疲労であると見抜くのは難しいでしょう。

2.副腎疲労の原因について

副腎疲労の原因を突き止められれば、適切な治療法がわかります。主な原因や患者数・生活や社会への支障・関連する病気について詳しく見ていきましょう。

2-1.主な原因について

副腎疲労の主な原因は、慢性的に副腎ホルモンを分泌し、副腎機能が低下することです。人間はストレスを脳で感じ、副腎刺激ホルモンが分泌されます。そのホルモンの刺激を受けた副腎が抗ストレスホルモンを出す仕組みです。しかし、度重なるストレスにより、ホルモンが過剰に分泌されつづけた結果、副腎機能が低下してしまいます。よって、副腎疲労が出てくるのです。ストレス以外にも、感染症やアレルギー・体内の炎症・栄養バランスの悪い食事や不規則な生活習慣なども関係しています。

2-2.悩んでいる人の数

副腎疲労は病気や症候群ではないため、明確な調査数がありません。しかし、ストレスと関係している副腎疲労に悩む人の数は多いといわれています。実際に、精神疾患が増えていることが厚生労働省の調査でわかっており、ストレス社会であることは間違いないのです。疲労はありふれた症状のため気づきにくいですが、いつの間にか副腎疲労になっている可能性もあります。

2-3.生活や社会への支障

副腎疲労は、イライラしやすくなる・やる気が起きない・集中力や体力がなくなるなどの症状が現れます。普通にできていたことでもやる気が出なくなり、情緒不安定になるため、仕事やプライベートにおいてもさまざまな支障が出てくるでしょう。副腎疲労のために仕事ができず、離職した方もいます。

2-4.関連する病気

副腎疲労は、うつ病などの精神病や、甲状腺疾患・更年期障害・不眠症などにつながる可能性があります。直接、命にかかわる病気になるとは限りませんが、あらゆる病気を引き起こす可能性があるので注意が必要です。できるだけ、早めに対策を始めなければなりません。

副腎疲労はストレスが主な原因で発症するんですね。
はい。また、副腎疲労からうつ病や甲状腺疾患に移行していくケースもあります。

3.副腎疲労のセルフチェック

副腎疲労になっているかどうか、自分で簡単にチェックする方法があります。チェック項目・検査方法・注意点について見ていきましょう。

3-1.チェック項目

以下の項目に4つ以上当てはまる方は、副腎疲労の可能性があります。

  • 塩辛いものが無性に食べたくなる
  • コーヒーやチョコレートがないと仕事が手につかない
  • 栄養のあるものを食べていない
  • 朝、起きるのがつらい
  • 性欲がない
  • 以前楽しかったことが億劫(おっくう)になる
  • 失敗や手を抜いたことに嫌悪感を覚える
  • 小さなことでイライラする
  • 頭がボーッとする
  • 月経前症候群がひどくなる

3-2.検査方法

副腎疲労の検査で最も大切なのは問診です。毎日何を感じるのか、どのような症状が出ているのか具体的に伝えることで医師が判断します。また、病院では唾液検査を行い、唾液中のコルチゾールの分泌量を調べるのもよく行われる診断方法です。コルチゾールの日内変動を調べるために、8時・12時・16時・24時と1日4回にわけて唾液をとります。健康状態では7時~9時の間に、コルチゾールの分泌量が最も高くなるため、低下している場合は副腎機能がきちんと働いていない証拠になるのです。

3-3.注意点

「ただの疲れだろう」「時間を置けばよくなるはず」と決めつけてはいけません。腎臓疲労が悪化すると、うつ病になる恐れもあるのできちんと検査してもらいましょう。セルフチェックで気になる点があれば、放置せずに病院で診てもらってください。ただし、副腎皮質の存在を知らなかったり、他の病気と混同されたりすることも多いため、専門医や総合病院の受診をおすすめします。

おかしいなと思ったら病院を受診することが大切なんですね。
はい。副腎疲労でなくてもほかの病気が隠れていることもあります。

4.副腎疲労の改善法

受診すべき症状・病院の選び方・主な改善法・薬について詳しく説明します。

4-1.受診すべき症状

毎日ストレスを抱え込んで気力がわかないなど、精神への負担が大きくのしかかっている場合はすぐに受診すべきです。無意識のうちにストレスを抱え込んでいる人は、なかなか自分で気づくことができません。そんなときは、体に表れている症状に注目してみてください。アレルギーの悪化・生理周期の遅れ・寝つきの悪さ・更年期障害の悪化など、複数の症状が出ている場合も受診すべきです。

4-2.病院の選び方

副腎疲労の疑いがある場合は、内分泌内科・内分泌代謝内科を受診しましょう。どちらとも専門の科になるため、設置されていない病院もあります。その場合は一般の内科で構いません。丁寧な説明や唾液検査を行ってくれる病院が好ましいです。じっくり話を聞いてくれるかどうか、病院スタッフの対応もチェックするといいでしょう。また、インターネットで口コミや評判をチェックするのも選び方のポイントです。

4-3.主な改善法について

副腎疲労の主な改善法は、食事や睡眠などの生活習慣の改善・サプリメントが中心になります。医師のアドバイスを受けながら、少しずつ日々の生活を見直すことが必要です。また、漢方薬を用いるところもあります。腎臓疲労に効果的な漢方薬は、甘草・朝鮮五味子・オウギなどです。ホルモンバランスを整える“ホルモン療法”を行う場合もあります。

4-4.薬について

副腎疲労に即効性のある薬はありません。化学療法で治すのではなく、生活習慣の見直しが大切だからです。一般的に、腎臓疲労は体の自然治癒力をあげれば症状がやわらぎます。しかし、うつ病に進展してしまうと、抗うつ病を処方される可能性があるでしょう。

4-5.注意点

薬漬けの生活は症状を悪化させるだけです。薬ではなく、生活習慣の見直しや栄養のある食生活を心がけることが1番重要になります。化学薬品よりもホルモンバランスを整える栄養素を積極的に摂取していきましょう。詳細は、【5-2.食事・栄養素】で説明します。

副腎疲労をすぐに回復する治療法はまだないんですね。
はい。だからこそ早期に治療を開始することが大切です。

5.副腎疲労のセルフケア

副腎疲労の症状をやわらげるためには、セルフケアが最も大切なポイントです。自分でできるケアを紹介します。

5-1.ストレスのコントロール

1番効果的なセルフケアは、ストレスフリーの生活を送ることです。仕事にストレスを感じている場合は、思いきって休暇をとってみてください。身も心もリラックスできる環境をつくりましょう。ストレスを感じたときは、解消できる方法を探るのもコントロールのポイントです。たとえば、アロマオイルを焚(た)く・好きな音楽を聴く・公園を散歩するなど、ストレスの軽減方法を見つけましょう。

5-2.食事・栄養素

炭水化物(糖質)の摂取を控えめにすることがポイントです。甘いものや炭水化物の過剰摂取は、副腎疲労の悪化につながるインスリンの分泌量が増える要因になります。血糖値の上昇を抑えるタンパク質や脂質を摂取しましょう。また、うなぎ・にんにく・豚肉などに多く含まれるビタミンB群を摂取してください。ビタミンB群は副腎に栄養を与え、ホルモンの生産を助けてくれます。

5-3.運動

適度な運動はリフレッシュになります。精神はもちろんのこと、体も整えることで副腎の回復につながるというわけです。激しい運動が苦手な方でも、散歩・ウォーキング・ストレッチなど毎日続けられる運動を心がけてください。

5-4.睡眠

副腎疲労の回復は夜に行われるため、夜11時までには寝てください。睡眠を十分にとることも、大切なセルフケアです。昼夜逆転生活になっている方は日光を15分ほどあびると、体内時計のズレをもとに戻すことができます。

5-5.やってはいけないこと

喫煙者はタバコを控えてください。タバコに含まれているニコチンは副腎皮質を刺激するため、アドレナリン・ノルアドレナリンの分泌量が増えてしまいます。その結果、副腎疲労の症状が悪化するのです。ストレスからタバコを吸ってしまう方は多いと思いますが、できるだけ辛抱しましょう。また、コーヒーの飲みすぎにも要注意です。カフェインのはたらきによって副腎ホルモンが過剰に分泌されるため、副腎が疲れてしまいます。

ストレスのコントロールが大切なんですね。
はい。ただし、暴飲暴食はNGです。

6.副腎疲労の予防法

副腎疲労は自分しだいで予防することができます。主な予防法をチェックしておきましょう。

6-1.主な予防法は?

主な予防法は、規則正しい生活習慣とストレスフリーの生活です。副腎の状況は日々の生活と密接に関係しています。規則正しい生活習慣が何よりも効果的な予防なのです。レトルト食品・コンビニ弁当などを控え、栄養バランスの整った食事・自炊を心がけてください。そして、自分にとってストレス解消となる方法を見つけ、上手にコントロールしていきましょう。

6-2.注意点

「生活習慣を改善しなければならない」という意気込みが、逆にストレスになってしまう方も多いようです。大切なのは、ストレスを感じないことなので無理に改善しようとはせず、少しずつできることから始めてみてください。自分でコントロールできない場合は、病院・クリニックの力を借りるといいでしょう。たとえば、「アタナハククリニック」では、自分自身や病気と向き合う直観治療を行っています。

食生活や生活習慣に気を配りながらストレスのない生活をすることが大切なんですね。
はい。食生活のバランスを取る手助けとしてサプリメントの服用もおすすめです。

7.副腎疲労に関するよくある質問

副腎疲労に関するよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.副腎疲労は完治できるのか?
A.副腎疲労は完治できる症状です。しかし、症状がよくなったかと思えば、再発するケースをよく見ます。「症状がやわらいだから」と日常生活に乱れが出ると再発の可能性が高まるのです。長期的視野で治療を続けましょう。

Q.ホルモン療法の具体的なやり方は?
A.抗エストロゲン剤などのホルモンを体内に取り入れます。ホルモン療法の投与方法は、経口投与・皮下脂肪内への注射などさまざまです。どのような方法があるのか、きちんと医師から説明を受けて治療しましょう。

Q.極度の疲労症状が出る場合は?
A.副腎疲労の症状が悪化している状態なので、すぐに病院を受診したほうがいいでしょう。慢性疲労症候群になっている可能性が非常に高いのです。また、極度の疲労症状は甲状腺機能低下症に関係している可能性もあります。

Q.副腎ケアにおすすめのサプリメントが知りたい。
A.なかなか栄養バランスの整った食事ができない場合は、サプリメントを活用してください。おすすめしたいのは、ビタミンBやビタミンCのサプリメントです。これらの栄養素は副腎皮質ホルモンの生成を促します。ただし、高容量ビタミンCを摂取する場合は、ビタミンC不耐症やミネラル不均衡を起こす恐れがあるので注意が必要です。医師のアドバイスを受けながら摂取したほうがいいでしょう。

Q.副腎疲労と腸内環境は関係しているのか?
A.関係しています。副腎疲労患者は腸内環境が悪いという共通点があるのです。胃腸機能が低下しているため、まずは、腸内環境を整えていかなければなりません。便秘やおなかの膨張が気になる方は、医師に相談してください。

まとめ

副腎疲労の主な原因はストレスによる副腎機能の低下です。ホルモンを分泌してバランスを整える副腎が正常に機能しなくなると、イライラしやすい・やる気が起きない・寝つけないなどの疲労症状が出てきます。放置しているとうつ病などの精神病にかかる可能性があるため、できるだけ早めに対策を立てなければなりません。副腎を回復させるためには、生活習慣の見直しが大切なポイントになります。必要な知識を身につけ、正しい方法で治療を行えば症状もやわらぐものです。疲労症状から抜け出すためにも、規則正しい生活を心がけてください。

アタナハクリニック院長 矢崎 智子

監修者

矢崎 智子
アタナハクリニック院長
日本産科婦人科学会認定医/高濃度ビタミンC点滴療法学会理事/世界アンチエイジング学会認定医/日本内分泌学会・国際オーソモレキュラー医学会・病巣疾患研究会会員/日本線維筋痛症学会会員

1969年長野県生まれ。平成6年杏林大学医学部卒。産婦人科医としての経験を積んだあと、2005年11月、分子整合栄養医学に基づく栄養療法と東洋医学を中心とした統合医療をおこなうクリニックハイジーアを開設。関節リウマチや線維筋痛症、慢性疲労症候群、摂食障害など、通常治療困難とされる疾患や、不妊症などの婦人科疾患の治療において豊富な臨床経験を持つ。日本では数少ない機能性医療の専門家であり、最も経験豊富な一人。

平成24年、医療とヒーリングの統合を目指し、アタナハクリニックを開設。現在はキネシオロジー(筋肉反射テストを使ったセラピー)の一種であるインテグレートヒーリング(IH)を中心とした統合医療を行なっている。

著書
なぜあなたは食べすぎてしまうのか 低血糖症という病

雑誌掲載歴
2014年:『ゆほびか(6月号)』『スターピープル(vol49)』『スターピープル(Vol.48)』
2013年:『トリニティ(Vol.48)』
2011年:『日経ヘルス(1月号)』
2010年:『VoCE(12月号)』『AERA with BABY』『anan(1月20日号)』
2009年:『クロワッサン(6月10日号)』『クロワッサン(1月25日号)』