耳鳴りの原因

耳鳴りが起こる原因は? 種類や治療方法など、疑問・悩みを解決!

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

耳鳴りは、多くの人が一度は感じたことのある体の不調です。電車や車に乗ってトンネルに入ったり、飛行機が離着陸したりするときに耳鳴りをよく感じる、という方もいるでしょう。耳鳴りは気圧の変化や体調などが原因で起こることが多いのですが、中には病気の症状として現れる耳鳴りもあります。

そこで、今回は耳鳴りの原因や治療方法をご紹介しましょう。

  1. そもそも耳鳴りって何?
  2. 耳鳴りの原因は?
  3. 耳鳴りの種類は?
  4. 病院を受診した方がよい耳鳴りは?
  5. 耳鳴りの治療を受けるには?

この記事を読めば、病院で治療を受けた方がよい耳鳴りの特徴についても分かりますよ。最近、耳鳴りがよく起こるようになったという方も、ぜひ読んでみてくださいね。

1.そもそも耳鳴りって何?

耳鳴りとは、実際には聞こえていない音が耳の中で聞こえる症状を指します。医学的には耳鳴(じめい)といい、誰にでも起こりうる体の不調の一種です。耳鳴りが起こった際に聞こえる音はさまざまで、人によって異なります。キーンと高い音が聞こえる人もいれば、ジーッという低い音が聞こえる方もいるでしょう。

耳鳴りは、環境の変化やストレスなどが原因でおこる突発性耳鳴りと、慢性的に起こる慢性耳鳴りがあります。2日以上断続的に耳鳴りが続いた場合は、難聴の前兆のこともありますので早めに病院へ行きましょう。

2.耳鳴りの原因は?

耳鳴りは、音の伝わり方に異常が起こることによって発生します。音は、外耳から内耳に伝わり蝸牛(かぎゅう)などの組織の中で電気信号化され、聴覚神経を経由して脳で音として認識されるのです。内耳でトラブルがあると、本来は発生しない異常な電気信号が脳に伝わり、音として認識されてしまいます。これが、耳鳴りです。

内耳のトラブルは高齢になるほど起こりやすくなるため、加齢に伴って耳鳴りは起こりやすくなるでしょう。

その一方で、ストレスが聴覚神経に悪影響を与えて耳鳴りが起こる場合もあります。若い年代の方で耳鳴りが断続的に発生している場合は、ストレスが原因であることも多いでしょう。この場合は、ストレスを解消して心身の調子を取り戻さない限り、耳鳴りが続きます。

3.耳鳴りの種類は?

耳鳴りは、聞こえる音の種類によって

  • 高音の耳鳴り(キーン、という高い音)
  • 低音の耳鳴り(ブーンという低音が聞こえたり、耳の中で音がくぐもって聞こえる)
  • 断続音が聞こえる耳鳴り(時計の音のように、断続して規則正しく雑音が聞こえる)

このように分類されます。この他、耳の中で爆発音のような音が聞こえたり、特定の音だけにエコーがかかって聞こえたりする耳鳴りを訴える方もいるでしょう。自分が聞こえる音について、「これは耳鳴りなのか?」と悩んでいる方もいると思いますが、他者に聞こえない雑音が断続的に聞こえた場合は、耳鳴りと判断してください。

4.病院を受診した方がよい耳鳴りは?

耳鳴りは環境の変化の他、ストレスなどでも発症することがあり、悩んでいる方もたくさんいます。しばらくすれば治まってしまう耳鳴りの場合は、がまんしてしまう方も多いことでしょう。しかし、耳鳴りは中耳炎やメニエール病・難聴などの症状として現れることもあります。ですから、

  • 耳鳴りが断続的に2日以上続いている
  • 耳鳴りと共に目まいなどが起こる
  • 急に耳鳴りが起こるようになり、2日以上治まらない
  • 耳鳴りと共に、耳の中に痛みやかゆみがある
  • 耳鳴りと共に不眠や食欲の減退、便秘・下痢などをしている
  • 他覚性耳鳴り

このような場合は、できるだけ早く耳鼻咽喉科を受診しましょう。特に、突発性難聴の場合は、治療が早いほど聴力も回復しやすいという特徴があります。逆に、発症してから2週間以上が経過した場合は、聴覚の回復が難しくなるでしょう。

5.耳鳴りの治療を受けるには?

この項では、耳鳴りの治療について解説します。どのような治療があるのでしょうか?

5-1.受診する科について

耳鳴りの原因は、前述したようにほとんどが内耳の異常です。ですから、まずは耳鼻咽喉科を受診しましょう。特に、耳の中が痛かったりかゆかったりする場合は、内耳炎や外耳炎の疑いがあります。メニエール病や突発性難聴も耳鼻咽喉科で治療を行う病気です。

また、大きい音を間近で聞き続けたことが原因で発症する、ヘッドホン難聴やイヤホン難聴でも耳鳴りが発症する場合があります。これらの難聴は年代に関わらず起こるので、イヤホンやヘッドホンで音楽を聴く習慣がある方は耳鳴りが頻繁に起こるようになったら、一度耳鼻咽喉科を受診しましょう。内耳を視診したり聴覚検査をしたりすれば、原因は大抵判明します。

耳鼻咽喉科を受診した結果、内耳に異常が見当たらず高血圧などの持病もない場合は、精神科や心療内科を受診しましょう。自律神経の失調やストレスが原因で耳鳴りが発生している可能性があります。

5-2.ストレスや脳の病気が原因だった場合

ストレスなどが原因でおこる自律神経失調症や、脳出血の前触れなどで耳鳴りがする場合は、内耳に異常は見られません。ですから、耳鼻咽喉科を受診して異常がないと分かった場合は、該当する科を紹介してくれます。脳の病気の場合は、CTやMRIを取れば原因が分かるでしょう。

ストレスが原因の耳鳴りの場合は、精神科や心療内科で心の健康を取り戻す治療を行います。

5-3.耳鳴りの治療方法について

突発性難聴やヘッドホン難聴などの場合は、ステロイドを中心に投薬治療を行います。治療開始が早いほど、聴力も早く回復しやすいでしょう。
メニエール病も専用の薬ができています。

加齢による難聴が原因の耳鳴りの場合は、補聴器の使用をすすめられることがあるでしょう。加齢による難聴は、聴覚神経の衰えが原因です。補聴器によって視神経を補うことで、耳鳴りも起こりにくくなる可能性があります。補聴器は、耳鼻咽喉科で処方箋を書いてもらい、めがね店などで購入可能です。耳鼻咽喉科によっては、業者が病院に出張してくれるところもあるでしょう。

ストレスが原因の耳鳴りや自律神経失調症と診断された場合は、投薬やカウンセリングなどで心の緊張をときほぐし、ストレスの発散方法を探していきます。時間がかかることもありますが、焦らず治療を続けていきましょう。

6.まとめ

いかがでしたか? 今回は耳鳴りの原因と治療方法についてご紹介しました。悩んでいる方が多い分、大したことないと考えられがちな耳鳴りですが、放っておくと大変なことになるケースもあります。ですから、2,3日耳鳴りが続いているようでしたら、耳鼻咽喉科を受診しましょう。急に耳鳴りが激しくなった場合も同様です。内耳に異常がなかった場合は、心療内科や精神科を受診してください。

アタナハクリニック院長 矢崎 智子

監修者

矢崎 智子
アタナハクリニック院長
日本産科婦人科学会認定医/高濃度ビタミンC点滴療法学会理事/世界アンチエイジング学会認定医/日本内分泌学会・国際オーソモレキュラー医学会・病巣疾患研究会会員/日本線維筋痛症学会会員

1969年長野県生まれ。平成6年杏林大学医学部卒。産婦人科医としての経験を積んだあと、2005年11月、分子整合栄養医学に基づく栄養療法と東洋医学を中心とした統合医療をおこなうクリニックハイジーアを開設。関節リウマチや線維筋痛症、慢性疲労症候群、摂食障害など、通常治療困難とされる疾患や、不妊症などの婦人科疾患の治療において豊富な臨床経験を持つ。日本では数少ない機能性医療の専門家であり、最も経験豊富な一人。

平成24年、医療とヒーリングの統合を目指し、アタナハクリニックを開設。現在はキネシオロジー(筋肉反射テストを使ったセラピー)の一種であるインテグレートヒーリング(IH)を中心とした統合医療を行なっている。

著書
なぜあなたは食べすぎてしまうのか 低血糖症という病

雑誌掲載歴
2014年:『ゆほびか(6月号)』『スターピープル(vol49)』『スターピープル(Vol.48)』
2013年:『トリニティ(Vol.48)』
2011年:『日経ヘルス(1月号)』
2010年:『VoCE(12月号)』『AERA with BABY』『anan(1月20日号)』
2009年:『クロワッサン(6月10日号)』『クロワッサン(1月25日号)』