動脈硬化

動脈硬化は改善できる? その方法とは? 皆様の疑問を解説します。

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

動脈硬化症とは、文字どおり動脈が硬くなって血液が流れにくくなる病気のことです。動脈は血液を全身に送る役割を担っており、それが硬くなって血液の流れが悪くなれば、心筋梗塞や動脈瘤・脳出血など命にかかわる病気を引き起こすこともあるでしょう。動脈は、一度硬化してしまえば完全に元に戻すことはできませんが、症状を改善させることはできます。

そこで、今回は動脈硬化を改善・予防する方法をご紹介しましょう。

  1. 動脈硬化の基礎知識
  2. 動脈硬化を進行させる原因とは?
  3. 動脈硬化の診断や治療方法
  4. 動脈硬化の進行を遅らせるセルフケア
  5. 動脈硬化に対するよくある質問

この記事を読めば、動脈硬化の恐ろしさやセルフチェックの方法も分かりますよ。動脈硬化が気になるという方や、健康診断などで動脈硬化と診断された方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.動脈硬化の基礎知識

はじめに、動脈硬化が起こるメカニズムや原因、合併症などをご紹介します。動脈硬化はなぜ起こるのでしょうか?

1-1.動脈硬化って何?

動脈硬化とは、動脈の壁が厚くなったり硬くなったりして、働きが悪くなる症状の総称です。動脈は、一生涯心臓から高圧で血液が送られ続けます。そのため、動脈は3層構造の壁を持ち、真ん中の中膜(ちゅうまく)と呼ばれる部分が厚くなっているのが特徴です。また、中膜の内側には弾力性のある内膜(ないまく)があり、血管にかかる力を分散しています。

動脈硬化とは、内膜に脂肪沈着という現象が起こるところから始まるのです。脂肪沈着とは、血液に含まれるコレステロールなどが内膜内にたまる現象で、時間が経つにつれて脂肪はこぶのように盛り上がっていきます。すると、動脈内部は狭くなり、血液が流れにくくなるのです。そのため、心臓はさらに高圧力で血液を押し出すようになります。そうなると、内膜が傷ついて血栓ができることもあるでしょう。この血栓が血管を詰まらすと心筋梗塞や脳出血につながります。また、脂肪沈着が起こった内膜は弾力性を失い、破れやすくなるでしょう。

動脈硬化は、比較的太い動脈で起きやすく、詰まったり破けたりすれば命にかかわることもあります。

1-2.動脈硬化は生まれた時から始まっている?

動脈硬化は、中高年に発生する症状というイメージがあります。しかし、動脈の硬化自体は生まれた時から始まっているのです。ただし、若い年代の時は脂肪沈着が起こっても、こぶのように盛り上がるまで進行することはほとんどありません。しかし、加齢によって細胞の新陳代謝が衰え、脂肪沈着が進行しやすくなります。そのため、動脈硬化が原因の病気も発症しやすくなるのです。

1-3.動脈硬化の怖さ

動脈硬化は、それ自体命にかかわる症状ではありません。前述したように、加齢に伴って動脈はどうしてもある程度は硬化します。しかし、動脈硬化がひどくなると、心筋梗塞や心肥大・脳出血・動脈瘤破裂(どうみゃくりゅうはれつ)・脳梗塞など命にかかわる病気の原因にもなるでしょう。また、動脈硬化は、ある程度進行するまで全く自覚症状がありません。また、自覚症状も足の痛みやむくみなど分かりにくいことも多く、健康診断や人間ドックで動脈硬化の進行を指摘され、慌てる人も珍しくないのです。