無排卵月経

無排卵月経は不妊症の一種! 原因と気になる症状を徹底解析!

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

「無排卵月経」という言葉をご存じでしょうか。女性が妊娠するためには、排卵していることが条件になります。「自分は毎月月経があるので問題ない」と思っている女性も多いでしょう。しかし、月経があっても排卵していないこともあるのです。この状態を「無排卵月経」と言い、不妊の原因でもあります。特に30代に多いと言われている無月経排卵。あなたは本当に心配ありませんか? この記事では、無排卵月経のメカニズムや原因などを詳しくご紹介しましょう。

  1. 無排卵月経の基礎知識
  2. 無排卵月経の症状
  3. 無排卵月経の原因
  4. 無排卵月経をセルフチェック!
  5. 無排卵月経の治療について
  6. 無排卵月経のセルフケア
  7. 無排卵月経にかんするよくある質問

この記事を読むことで、自分にその可能性があるかどうかわかるはずです。将来のためにも、早めに治療しましょう。

1.無排卵月経の基礎知識

まずは、無排卵月経という病気について解説します。

1-1.定義

無排卵月経は排卵障害の一つで、不妊の原因になります。通常、月経がある人は「排卵している」と思い込むものでしょう。そのため、排卵していないことに気づかず、発見や治療が遅れる傾向にあります。月経の起こり方に特徴がある場合も多いため、早めに気づくためにもよく観察しておいてください。

1-2.メカニズム

月経の周期を作っているのは、女性ホルモンです。月経とは子宮内膜から出る出血のことであり「エストロゲン」と「プロゲステロン」と呼ばれる女性ホルモンがその調整を行っています。そして、排卵はエストロゲンの分泌量が一気に上昇することで起こるため、エストロゲンの分泌異常が起こると、排卵が起こらなくなってしまうのです。しかし、出血は起こります。その理由は、子宮内膜は増殖するものの、排卵にいたるほど成熟しないため、エストロゲンが急速に減少して子宮内膜がはがれおちてしまうためです。

1-3.なりやすい人と患者数

無排卵月経は、ホルモンバランスの乱れから引き起こされることが多くなっています。更年期や産後の女性に多いのはそのためでしょう。また、普段から慢性的にストレスを抱えている人や無理なダイエットをしている人なども要注意です。また、寝る時間や食事の時間が定まっていない人、激しい運動をしている人などもなりやすいと言われています。現在、日本人女性の約4割が何らかの月経異常を抱えており、そのうちの半数が無排卵月経を起こしているのが現状です。気づいていない人も含めると、さらに多くの女性が無排卵月経を抱えていることが予想できます。