自己免疫疾患の症状

【必読】自己免疫疾患の症状や治療法とは? 症状を改善するポイント

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

本来、私たちの体には、ウイルスや菌などに対して抵抗する力が備わっています。いわゆる“自己免疫”です。健康を維持し続けるためには、自己免疫力を高めなければなりません。自己免疫が正常に働かなくなり、過剰に反応し攻撃を加えてしまうこともあります。そのときに現れる症状のことをまとめて、自己免疫疾患と呼ぶのです。自己免疫疾患は症状が出てから時間が経過するほど、症状が治るまで時間がかかるといわれています。そのため、症状が悪化しないうちに治療を始めなければなりません。そこで、本記事では、自己免疫疾患の基礎知識や原因・症状・治療法・セルフケアなどについて説明します。

  1. 自己免疫疾患の基礎知識
  2. 自己免疫疾患の主な病気について
  3. 自己免疫疾患の原因・症状について
  4. 自己免疫疾患の診断について
  5. 自己免疫疾患の治療法について
  6. 自己免疫疾患のセルフケア
  7. 自己免疫疾患にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、自己免疫疾患の症状を治すための基礎知識や治療法などを知ることができます。治療法を知りたい方はぜひ参考にしてください。

1.自己免疫疾患の基礎知識

自己免疫疾患の症状を緩和するためには、どんな病気なのか、種類について知る必要があります。それでは、詳しくチェックしておきましょう。

1-1.どんな病気か

それでは、自己免疫疾患の概要・免疫・怖さについて詳しく説明します。

1-1-1.概要

自己免疫疾患は、免疫寛容の破綻による疾患の総称です。免疫寛容とは、特定抗原に対する特異的免疫反応の欠如・抑制状態のことを指しています。免疫寛容が破綻すると、自己抗原に対して免疫反応を示してしまうのです。つまり、自分自身の正常な細胞・組織に対して、過剰に反応し攻撃を加えてしまいます。その結果、自己免疫疾患が起こるというわけです。

1-1-2.免疫について

もともと、私たちの体には外部からの異物を認識して排除する働きが備わっています。その大切な役割を担っているのが、免疫です。免疫は異物と反応する抗体をつくり、発病を抑える抵抗力を持っています。免疫細胞が正常に働くことで、毎日健康に過ごせるのです。

1-1-3.怖さとは

自分の体を自分で攻撃してしまう自己免疫疾患は、さまざまな症状が現れます。自己免疫機能が正常に働いていないため、自然治癒能力が生かしきれていません。また、免疫機能が低下していると、すぐにウイルスや菌の浸入を許してしまいます。現在現れている症状よりも、最悪な状態になるでしょう。

1-2.種類について

自己免疫疾患の種類は、大まかに、全身性自己免疫疾患と臓器特異的疾患の2つにわかれることができます。全身性自己免疫疾患は全身的な影響が出てくるもの、臓器特異的疾患は一部の臓器だけが影響を受けるものです。それぞれの種類については、次項の【2.自己免疫疾患の主な病気について】で説明します。