マイコプラズマ感染症

マイコプラズマ感染症の症状はどんなもの? 予防法や治療法は?

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

マイコプラズマ感染症は、マイコプラズマという病原菌に感染することによって発症します。肺の中で菌が繁殖することが多く、マイコプラズマ肺炎と診断されることもあるでしょう。5~14歳の子どもに発症しやすい病気ですが、大人にも感染します。家族に1人感染者が出ると、家族全員が感染することもあるでしょう。

今回は、マイコプラズマ感染症の症状や治療方法などのついて解説します。

  1. マイコプラズマ感染症の基礎知識
  2. マイコプラズマ感染症と細菌感染症との違い
  3. マイコプラズマ感染症の治療方法
  4. マイコプラズマ感染症に対するよくある質問

この記事を読めば、感染を予防する方法や重症化させない方法も分かることでしょう。感染を予防したい方や、お子さんの感染が心配という方はぜひ読んでみてくださいね。

1.マイコプラズマ感染症の基礎知識

はじめに、マイコプラズマ感染症の症状や原因・特徴などを紹介しましょう。どのような病気なのでしょうか?

1-1.マイコプラズマとは?

マイコプラズマとは、正式名称をマイコプラズマ・ニューモニエと言い、ウィルスと細菌の中間のような病原菌です。肺炎の10%~20%はマイコプラズマの感染が原因ともいわれているポピュラーな菌で、定期的に流行することでも知られています。

感染者は前述したように5~14歳までの子どもが多いのですが、大人が感染することも珍しくありません。子どもが感染したら、一家全員にうつってしまったということもあります。

1-2.マイコプラズマの症状について

マイコプラズマに感染すると、初期の頃はせきが長期間続きます。この時点では風邪と区別がつかないため、病院に行かない方も多いでしょう。また、症状が出はじめたばかりの頃は、検査をしても陰性症状が出ることもあるため、病院で風邪と診断されることもあります。ただし、マイコプラズマが流行している場合は、初めから感染を疑うこともあるでしょう。

症状が進むにつれてせきが激しくなり、熱も出てきます。肺炎になると熱も39度近くに上がることがありますが、高熱が続くことは少なく、1日の内に熱が上がったり下がったりすることが多いでしょう。

大人は子どもよりも自覚症状があいまいで、微熱・せき・倦怠感などが1、2か月以上続くこともあります。仕事をしている方の場合、「この程度では休めない」と無理して出勤し、感染を広げてしまうこともあるでしょう。細菌性肺炎からマイコプラズマ肺炎に移行する例もあり、やっと病院に行って診察を受けたら重症化していたという例もあります。

大人も子どもも、マイコプラズマは2~3週間の潜伏期間を経て発症しますので、流行地域に出かけていって感染し、帰宅してからしばらくして発症することも珍しくありません。また、流行が収束してから発症する例もあります。

1-3.マイコプラズマの特徴

マイコプラズマは、細菌感染の治療に使われるペニシリン系やセフェム系の抗生物質では効果がありません。そのため、治療にはマクロライド系やテトラサイクリン系の抗生物質が使われます。細菌感染による肺炎や風邪と診断されて抗生物質を投与されたのに効果がなく、そこで初めてマイコプラズマに感染したことが分かることもあるでしょう。

しかし、2002年頃からマクロライド系の抗生物質に耐性のあるマイコプラズマ菌が報告されるようになりました。国立感染症研究所により、2011年~2012年かけて大阪府内でマイコプラズマが流行した際、分離菌の80%以上が抗生物質に耐性のあるマイコプラズマであったという報告が行われています。しかし、近年は耐性菌が減少傾向にあるため、過剰に心配することはありません。