潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎ってどんな病気?症状・原因・治療法を詳しく解説!

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

「潰瘍性大腸炎」という名前をニュースや新聞などで見かけるようになりました。最近増加している病気のひとつですが、潰瘍性大腸炎についてほかの人に詳しく説明できる人はなかなかいないものです。今回は、潰瘍性大腸炎について症状・原因・治療法を詳しく解説します。

  1. 潰瘍性大腸炎の基礎知識を学ぼう
  2. 潰瘍性大腸炎の原因や症状について
  3. 潰瘍性大腸炎の治療法について
  4. 潰瘍性大腸炎のセルフケア
  5. ​潰瘍性大腸炎にかんするよくある質問

この記事を読むことで、潰瘍性大腸炎にかんする正しい知識が身に付き、病気への理解が深まります。同時に、症状や原因・治療法がわかるので、適切な対応をすることが可能です。まずは、記事をじっくり読んでみてください。必ず役に立つはずです。

1.潰瘍性大腸炎の基礎知識を学ぼう

潰瘍性大腸炎の基礎知識

最初に、潰瘍性大腸炎の基礎知識を学びましょう。最近の傾向やなりやすい人など、詳しく解説します。

1-1.潰瘍性大腸炎とはどんな病気?

潰瘍性大腸炎とは、厚生労働省で「特定難治性疾患」としての認定を受けています。つまり、完治が難しい病気なのです。たとえば、一度治療が完了しても、数年後に再発する可能性も高く、油断できません。下痢などの症状がつらいだけでなく、職場でもトイレの回数が増えるなど周囲に対しても気を遣う必要があるため、多くの人が悩んでいる病気でもあるのです。

1-2.潰瘍性大腸炎の最近の傾向について

20~30代の若い世代をはじめ、難病の中でも急増しているのが最近の傾向です。以前は欧米諸国に多く見ることができましたが、日本でも増加が目立ちます。潰瘍性大腸炎の原因は、現時点でははっきりとしないもの、食生活との関係が注目されており、今後の研究成果を見逃すことができません。

1-3.潰瘍性大腸炎になりやすい人や患者数

潰瘍性大腸炎になりやすい人には、以下のような傾向があります。当てはまる人は、注意が必要です。

  • 年齢が若い(20~30代)
  • 和食より洋食を好む
  • ストレスを溜(た)めやすい
  • 家族に潰瘍性大腸炎の経験者がいる

1-4.潰瘍性大腸炎を放置するとどうなる? 関連する病気は?

潰瘍性大腸炎は、適切な治療を行わないと悪化する一方です。放置すると炎症部分が広がり、大量出血しやすく、悪性化する可能性もあります。また、以下の病気との関連性が報告されているので覚えておきましょう。

  • アフタ性口内炎
  • 関節炎
  • 静脈血栓
  • 中毒性巨大結腸症
  • 大腸がん

2.潰瘍性大腸炎の原因や症状について

潰瘍性大腸炎の原因や症状

潰瘍性大腸炎の原因や症状について学びましょう。主な原因や症状・セルフチェックの方法を解説します。

2-1.潰瘍性大腸炎の主な原因

潰瘍性大腸炎は、現時点では原因が断定できていません。しかし、主に食生活に関連があるのではという見方が大きく、さまざまな研究が進められています。理由は、洋食を好む若い人に増えているからです。また。家族に発病経験者がいると、発症する確率が高いことから、遺伝との関連にも注目が集まっています。さらに、ストレスに弱い人に発症しやすい傾向があるのも事実です。

2-2.潰瘍性大腸炎の主な症状

潰瘍性大腸炎の主な症状は、下痢と血便です。最初はお腹(なか)の調子が悪く、単なる食あたりだと感じる人も多いことでしょう。しかし、下痢が続き、重症化して血便が出るようになるとこれはおかしいと考え、慌てて受診することになるのです。さらに、腰痛や発熱・関節の痛み・発しん・体重減少などが現れることもあります。

2-3.潰瘍性大腸炎のセルフチェック

潰瘍性大腸炎のセルフチェックをしてみましょう。思い当たる点がある人は、速やかに医師に相談してください。

  • 下痢が続いている
  • 腹痛を起こしやすい
  • 便に血が混ざる
  • 便が軟便で粘液が混ざっている
  • ダイエットしていないのに体重が減る
  • 腰痛が出ることがある
  • 原因不明の発熱がある
  • 下痢と同時に発しんが出る

3.潰瘍性大腸炎の治療法について

潰瘍性大腸炎の治療法

潰瘍性大腸炎の主な治療法・病院・注意点について解説します。

3-1.潰瘍性大腸炎は治療が困難な病気

潰瘍性大腸炎は、治療が困難であるため、じっくりと取り組む必要があります。理由は、完治したように見えても再発する確率がとても高いためです。治療を終えてからも、経過観察を続け、日常生活にも気を配ってください。また、周囲の人に病気の特徴を理解してもらい、協力を得ることも必要です。

3-2.潰瘍性大腸炎の主な治療法

潰瘍性大腸炎の主な治療法について解説します。

3-2-1.潰瘍性大腸炎の薬について

潰瘍性大腸炎の治療は、主に薬物投与となります。具体的には、医師の判断によって以下のようなものを使用することになるでしょう。なお、投薬開始後に副作用が強く表れる場合は、薬の種類を変更することもあります。

  • サラゾスルファピリジン錠
  • アミノサリチル酸製剤
  • ステロイド薬
  • 免疫調整薬

3-2-2.潰瘍性大腸炎の治療の流れ

病院で潰瘍性大腸炎の治療を受ける場合は、医師による問診の後、以下のような検査を受けることになります。

  • 便検査
  • 血液検査
  • 大腸造影検査
  • 内視鏡検査

以上の検査結果を総合して判断し、潰瘍性大腸炎との診断を下します。患者の症状によって適切な薬を医師が選び、投薬治療で経過観察をしていく方法が主流です。なお、必要に応じて手術などの方法を採ることもあります。

3-2-3.潰瘍性大腸炎の最新の治療法

潰瘍性大腸炎の治療法は、各医療機関において常に最新の方法を研究しています。特に、以下の2つの方法に注目しましょう。

  • 抗菌剤内服療法(ATM療法):抗菌剤3種類を2週間服用し特定の細菌と除去する方法
  • 糞便(ふんべん)移植療法:健康な人(基本として親族で20歳以上)の糞便(ふんべん)を処理した後、チューブなどで直接大腸に注入する方法

なお、最新の治療法は保険適用外となるため、治療費用が全額患者負担となります。治療を希望するときは、費用負担についてもよく考え、医師と相談してから受けましょう。

3-2-4.潰瘍性大腸炎の手術について

薬物治療で効果が無いときは、手術で大腸を切除することもあります。また、潰瘍性大腸炎で大腸がんが見つかったときも同様です。切除範囲や部位によっては、人工肛門(こうもん)を装着する必要があります。

3-3.潰瘍性大腸炎の病院について

潰瘍性大腸炎は、病院で適切な治療を受けることが必要不可欠です。受診する前に必要な知識を学びましょう。

3-3-1.潰瘍性大腸炎で受診すべき症状とは

以下の症状が出ているときは、すぐに受診しましょう。一刻を争うこともあるため、場合によっては救急車を呼んで早急に対応してください。

  • 大量出血がある
  • 強い腹痛を伴う下痢がある
  • 貧血や意識障害などの重い併発症状がある

3-3-2.潰瘍性大腸炎は何科を受診する?

潰瘍性大腸炎の疑いがあるときは、消化器科もしくは消火器内科を受診しましょう。まずは、症状をきちんと申告し、検査を受けてください。受診する前に、潰瘍性大腸炎の治療を行っている医院であることを確認しましょう。消化器科や消化器内科であっても、専門知識に乏しいところでは適切な治療を受けることができないからです。

3-3-3.潰瘍性大腸炎の病院の選び方

潰瘍性大腸炎で病院に通うときは、以下の条件を満たすところがベストです。

  • 潰瘍性大腸炎の治療を行っている
  • 潰瘍性大腸炎の知識に詳しく常に最新の治療法を模索している
  • 患者に病状や治療方針をわかりやすく説明している
  • 医師や看護師など医療スタッフを信頼できる
  • 医療設備が整っていて清潔な院内を維持している
  • ほかの患者からの評判がいい
  • 自宅から通うことができる範囲にあると望ましい

なお、当アタナハクリニックでも、自然医療と直感医療の立場から、潰瘍性大腸炎の治療を行っています。患者ひとりずつの病状に向き合い、誠実な治療を志しているので参考にしてください。

3-4.潰瘍性大腸炎の治療法にかんする注意点

潰瘍性大腸炎は、専門的かつ長期間の治療が必要になります。そのため、治療方針をきちんと説明し、患者を主体に考えてくれる病院選びが大切です。単に家から最も近いからという理由だけで選ぶのはやめましょう。また、自己判断で治療を中断せず、医師の指示に従って進めることが結局は最良の方法となります。

4.潰瘍性大腸炎のセルフケア

潰瘍性大腸炎のセルフケア

潰瘍性大腸炎のセルフケアを学びます。普段の生活に気を付けることで自律神経を整え、腸内環境に気を配りましょう。

4-1.潰瘍性大腸炎と腸との関係

潰瘍性大腸炎は、腸内環境が発症や症状の悪化にかかわっているとの見方があります。普段から腸内環境を良好に保っている人は発症率が低いからです。反対に、腸内環境が何らかの原因で悪化している人は、潰瘍性大腸炎になるリスクが高いと言えます。潰瘍性大腸炎のセルフケアを考えるときに、腸内環境を良好に整えることも重要だと覚えておきましょう。

4-2.潰瘍性大腸炎の予防方法

潰瘍性大腸炎を予防するには、以下の方法を心がけましょう。いずれも自律神経を整え、免疫力を高めるために有効な方法です。

  • 不規則な生活リズムを改める
  • 良質な睡眠をたっぷり取る
  • ストレスを適度に発散する
  • 栄養バランスのいい食事を心がける

4-3.潰瘍性大腸炎の食事について

潰瘍性大腸炎を予防するためには、栄養バランスの整った食事を心がけることが必要です。しかし、特定の食品や栄養素を徹底的に避ける必要はありません。腸内環境をよくするためにも、各栄養素をバランスよく摂取するようにしましょう。糖質・脂質過多になりやすい人は、意識して野菜・果物・豆製品を食べてください。ヨーグルトや納豆などの発酵食品も、腸内環境の改善に役立ちます。

4-4.潰瘍性大腸炎のセルフケアでやってはいけないこと・注意点

潰瘍性大腸炎のセルフケアを行っていることを理由に、病院での治療をおろそかにしてはいけません。あくまでも、セルフケアは病院での治療を受けていることを前提にしたものです。予防の段階であっても、気になる症状が出たときは、必ず病院で受診しましょう。セルフケアを過信してはいけません。

5.潰瘍性大腸炎にかんするよくある質問

潰瘍性大腸炎を発症した後は妊娠が難しくなりますか?

最後に、潰瘍性大腸炎にかんするよくある質問に回答します。ほかの人がどんなことで悩んでいるのか参考にしてください。

5-1.潰瘍性大腸炎は必ず大腸がんに移行するのですか?

潰瘍性大腸炎の人は、大腸がんの発症確率が高くなると言われています。しかし、必ず大腸がんに移行するとは限りません。また、定期検診を受けていれば、初期段階での発見も可能です。大腸がんも初期状態で早期発見に至れば、怖い病気ではなくなりました。まずは、大腸がんのことをひとまず頭から離し、潰瘍性大腸炎の治療に励みましょう。

5-2.潰瘍性大腸炎が再発した場合に気を付けることは?

再発したら、すぐに受診して治療を開始してください。潰瘍性大腸炎は、再発しやすい病気であり、再発を繰り返すごとに症状が悪化しやすい傾向があります。しかし、早期に治療を開始することができれば、重症化を避けることが可能です。再発した場合は、仕事が忙しくても体のことを考えて治療を優先しましょう。

5-3.潰瘍性大腸炎の疑いがあるときに他院にセカンドオピニオンを求めてもいいですか?

潰瘍性大腸炎の治療は、長期化することが多くなります。従って、治療を受ける病院との信頼関係が重要です。もしも、現在治療を受けている病院に不満や不信感を抱いているのなら、ほかの病院にセカンドオピニオンを求める方法もあります。病院を選ぶのは、患者の権利です。病状を正しく知り、納得して治療に集中するためにも、セカンドオピニオンを求めることも考えましょう。

5-4.潰瘍性大腸炎を発症した後は妊娠が難しくなりますか?

潰瘍性大腸炎と妊娠には関連性はありません。予後を良好にコントロールできれば、自然分娩も可能です。潰瘍性大腸炎があっても、ほかの妊婦と比較して流産など特定のリスクが上がることもありません。ただし、妊娠中はこまめに通院し、医師の指示に従ってください。

5-5.発症後はいつまで治療を受ける必要があるのでしょうか?

潰瘍性大腸炎は、再発率がとても高いことが特徴であるため、症状が落ち着いてからも2~3年程度は薬物治療を続けることが多くなります。従って、自己判断で勝手に治療をやめることは避けてください。中には、前回の発症から5年以上経過してから再発するケースもあります。薬を飲むのが面倒に感じても体をためと考え、治療を続けてください。

まとめ

潰瘍性大腸炎の解説

今回は、潰瘍性大腸炎について詳しく解説しました。潰瘍性大腸炎は、完治が難しい病であることは事実です。しかし、適切な治療を受け、日常生活でもセルフケアに気を配ることでうまく付き合っていくことができます。そのためにも、潰瘍性大腸炎がどんな病気かじっくり学ぶことが大切なのです。病気の知識を正しく持ち、治療法を理解していれば必要以上に怖がることはありません。最後まで読み進めてきた人は、もしも自分や周囲の人が潰瘍性大腸炎になったとき、適切な対応ができるはずです。

アタナハクリニック院長 矢崎 智子

監修者

矢崎 智子
アタナハクリニック院長
日本産科婦人科学会認定医/高濃度ビタミンC点滴療法学会理事/世界アンチエイジング学会認定医/日本内分泌学会・国際オーソモレキュラー医学会・病巣疾患研究会会員/日本線維筋痛症学会会員

1969年長野県生まれ。平成6年杏林大学医学部卒。産婦人科医としての経験を積んだあと、2005年11月、分子整合栄養医学に基づく栄養療法と東洋医学を中心とした統合医療をおこなうクリニックハイジーアを開設。関節リウマチや線維筋痛症、慢性疲労症候群、摂食障害など、通常治療困難とされる疾患や、不妊症などの婦人科疾患の治療において豊富な臨床経験を持つ。日本では数少ない機能性医療の専門家であり、最も経験豊富な一人。

平成24年、医療とヒーリングの統合を目指し、アタナハクリニックを開設。現在はキネシオロジー(筋肉反射テストを使ったセラピー)の一種であるインテグレートヒーリング(IH)を中心とした統合医療を行なっている。

著書
なぜあなたは食べすぎてしまうのか 低血糖症という病

雑誌掲載歴
2014年:『ゆほびか(6月号)』『スターピープル(vol49)』『スターピープル(Vol.48)』
2013年:『トリニティ(Vol.48)』
2011年:『日経ヘルス(1月号)』
2010年:『VoCE(12月号)』『AERA with BABY』『anan(1月20日号)』
2009年:『クロワッサン(6月10日号)』『クロワッサン(1月25日号)』