肥満の原因について

肥満の原因について徹底解析! 正しい治療・予防法で痩せよう!

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

「なぜ肥満になるのか」「自分で肥満を予防することはできるのか」など、肥満について悩んでいる方は多いでしょう。肥満になるのは、何かしらの原因があります。きちんと原因を把握しなければ、どんどん太り、糖尿病・高血圧・脂質異常症などの生活習慣病のリスクが高まるのです。健康的な体型になるためには、肥満の知識を深めなければなりません。そこで、本記事では、肥満の基礎知識や肥満度チェックの方法・体への悪影響・対策・治療法などについて説明します。

  1. 肥満の基礎知識
  2. 肥満度チェック
  3. 肥満の体への影響について
  4. 肥満の対策法
  5. 肥満の治療法
  6. 肥満の予防法
  7. 肥満に関してよくある質問

この記事を読むことで、肥満の基礎知識や原因について知り、正しい治療を始めることができます。悩んでいる方や治療法が知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

1.肥満の基礎知識

まずは、肥満について知識を深めることが大切です。ここでは、定義や主な原因、種類・タイプ、なりやすい人などを説明します。

1-1.肥満とは

肥満とは、一般的に正常な状態に比べて体重が多い状態のことです。体脂肪が平均値よりも多く、肥満体型になっています。日本肥満学会における肥満の定義はBMI25以上です。BMIとは、肥満の目安となる体格指数のことで、体重(kg)÷身長(m)の2乗で求めることができます。内脂肪蓄積の指標は、ウエスト周囲長が男性85cm以上、女性90cm以上です。また、体脂肪率(%)も大切なポイントとなります。一般的に、健康的とされる体脂肪率は、男性が10~19%、女性が20~29%で、それ以上の数値は肥満です。

1-2.主な原因

肥満の原因は、人によってさまざまです。よくある原因としては、以下の5つがあります。

  • 暴飲暴食による過剰な摂取カロリー
  • 老化や運動不足による基礎代謝量の低下
  • 食生活の乱れによるミネラルなどの栄養不足
  • ホルモンや自律神経バランスの崩れ
  • 慢性の便秘

多くの人に見られるのは、不規則な生活習慣や乱れた食生活です。体質的に便秘になりやすい・神経質でストレスを感じやすいなど、体質や環境・性格も関係しています。

1-3.種類・タイプ

肥満には、りんご型肥満(男性型肥満)と洋なし型肥満(女性型肥満)の2種類があります。りんご型肥満は男性に多く、ビール腹や胃のあたり・ウエストなどの上半身に脂肪がつく種類です。内臓に脂肪が多くつく、内臓脂肪肥満の人が当てはまります。一方、洋なし型肥満は女性に多く、下腹部や太もも・おしりなどの下半身に脂肪がつく種類です。皮下脂肪型肥満の人が当てはまります。

1-4.なりやすい人・患者数

肥満になりやすいのは、食生活や生活習慣が乱れている人です。また、精神的に不安定な状態が続いたり、慢性的な便秘が続いたりしている人も肥満になりやすい傾向があります。太りやすい=遺伝的な要因があると考えられていますが、実際のところは遺伝が3割、環境が7割なのです。ほとんどの人が環境に原因があり、現在も肥満者が増え続けています。平成26年度の国民健康・栄養調査によると、肥満者の割合は男性が28.7%、女性が21.3%でした。

1-5.最近の傾向

最近は、大人だけでなく、子どもの肥満も増加しています。テレビゲームの発達で外に遊びに出かけることが減り、運動不足になる子どもが増えているのです。また、食生活の欧米化などにより、肥満の原因となる食生活を続けることも関係しています。子どもの肥満は、今の時代ならではの問題と言えるでしょう。