リウマチ性筋痛症

関節の痛み、難病が原因かも!? リウマチ性筋痛症の治療法を学ぼう!

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

平成4年の国民生活基礎調査によると、「手足の関節が痛む」と訴える人は日本全国で560万人にもおよびます。「きっと、年を取ったからだろう」と楽観視している方も多いと思いでしょう。しかし、中にはリウマチ性筋痛症という難病が原因のこともあります。もしも、リウマチ性筋痛症であれば早めにを始めなければいけません。そこで、今回はリウマチ性筋痛症の治療法についてご紹介します。自分の症状と照らし合わせてみましょう!

  1. リウマチ性筋痛症とは?
  2. リウマチ性筋痛症の原因とは?
  3. リウマチ性筋痛症の発生場所と主な症状について
  4. リウマチ性筋痛症の病状経過と影響について
  5. リウマチ性筋痛症の治療について
  6. リウマチ性筋痛症のセルフケア
  7. リウマチ性筋痛症に関してよくある質問

この記事を読むことで、リウマチ性筋痛症に関する基本的な知識を得ることができます。後悔しないためにも、しっかりとリウマチ性筋痛症について学んでいきましょう。

1.リウマチ性筋痛症とは?

1-1.リウマチ性筋痛症の基礎知識

正式名称はリウマチ性多発筋痛症(polymyalgia rheumatica; PMR)といいます。名称に「筋痛症」とありますが、どちらかといえば筋肉自体よりも関節(特に肩関節)に痛みが多く見られる病気です。また、「リウマチ」という名称がついているため誤解されがちですが、関節リウマチとは別の病気なのでご注意ください。50歳以上の方に発症しやすいといわれています。

1-2.難病指定について

リウマチ性筋痛症は現時点で原因がわかっておらず、難病として扱われています。しかし、難病の一種として扱われているにもかかわらず、現時点では難病指定されていません。厚生労働省が臨床調査研究分野の対象として指定することを難病指定といいます。難病指定されれば研究が進みだけでなく、医療費が減額されたり免除されたりするようになるのが特徴です。しかし、残念ながら難病指定される可能性は低いでしょう。なぜなら、難病指定されるには、次の条件を満たす必要があるからです。

  1. 発症の原因(メカニズム)が明らかでない
  2. 治療法が確立されていない
  3. 希少な疾患である
  4. 長期療養を必要とする
  5. 患者数が日本において人口の0.1%程度以下であること
  6. 客観的な診断基準(またはそれに準ずるもの)が成立していること

リウマチ性筋痛症の場合は効果的な治療法が存在しており、さらに診断方法も確立されています。つまり、(2)と(6)の条件を満たしていないのです。