チョコレート嚢胞

チョコレート嚢胞の治療法からセルフケアのポイントまで!

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

チョコレート嚢胞(のうほう)の症状や治療法をご存じでしょうか? チョコレート嚢胞は不妊症の原因にもなる怖い病気です。卵巣がんを引き起こすこともあるため、早めの診断と治療開始が望ましいでしょう。生理のたびにつらい症状に悩まされているという女性は、できるだけ早く病院を受診してください。この記事では、チョコレート嚢胞の原因や症状・治療法・セルフケアのポイントなどをまとめてご紹介しましょう。

  1. チョコレート嚢胞の基礎知識
  2. チョコレート嚢胞の症状
  3. チョコレート嚢胞の経過と影響
  4. チョコレート嚢胞の検診と治療について
  5. チョコレート嚢胞のセルフケア
  6. チョコレート嚢胞に関するよくある質問

この記事を読むことでチョコレート嚢胞という病気についてわかるはずです。ぜひ参考にして自分の症状と向き合ってください。

1.チョコレート嚢胞の基礎知識

まずは、チョコレート嚢胞という病気について解説します。

1-1.チョコレート嚢胞とは?

チョコレート嚢胞は「子宮内膜症性卵巣嚢胞」とも呼ばれ、卵巣内部に発生する子宮内膜症のことです。卵巣の中にできた袋に古くなった子宮内膜や月経血がたまっていくため、チョコレートのように見えることからこの病名がつきました。

1-2.原因とメカニズム

子宮の内側には「子宮内膜」があります。何らかの原因によって子宮以外の場所に内膜がついてしまうのが「子宮内膜症」です。内膜が卵巣の中に入り込むチョコレート嚢胞はその原因がまだ解明されていません。しかし、女性ホルモンであるエストロゲンが影響していることは確かです。チョコレート嚢胞が起こるメカニズムとして考えられる説には以下のようなものがあります。

  • 子宮内にある内膜が卵管を逆流して腹腔(ふくくう)内に入る
  • 腹膜が内膜に似た組織に変化する
  • アレルギーや遺伝が影響している

1-3.なりやすい人と患者数

近年、子宮内膜症の患者は増加傾向にあり、その中でも5人に1人はチョコレート嚢胞を抱えていることがわかっています。以下の特徴を持つ人は、特にチョコレート嚢胞になりやすいといわれているため、より注意が必要です。

  • 初潮を迎えるのが早かった人
  • 1回の月経期間が長い人(7日以上)
  • 月経周期が28日周期より短い人
  • 妊娠や出産の経験がない人
  • 家族に子宮内膜症患者がいる人