線維筋痛症

線維筋痛症の診断基準が知りたい。圧痛点とはどのようなもの?

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

線維筋痛症とは、身体のあちこちに激しい痛みが出るのに、検査をしても全く異常が出ない病気のことです。痛む場所が日によって変わることもあるので心因性の病気と誤診されることも珍しくありません。現在は、現在はこのに病気に対する理解も広まってきており、早期診断も可能になってきました。しかし、まだ「どのような病院でも診断が可能」と言うわけではありません。そのため、自分が線維筋痛症だと気がつかずに悩んでいる人も、いまだたくさんいます。また、治療法を探している人も多いことでしょう。

今回は、線維筋痛症の診断方法である圧痛点の話を中心に、線維筋痛症について解説します。

  1. 線維筋痛症の基礎知識
  2. 線維筋痛症の診断方法
  3. 線維筋痛症の治療について
  4. 線維筋痛症に関するよくある質問

この記事を読めば、線維筋痛症の自覚症状や特徴などもよく分かるでしょう。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.線維筋痛症の基礎知識

はじめに、線維筋痛症とはどのような病気かということを解説します。痛み以外にも症状は出るのでしょうか?

1-1.線維筋痛症とはどのような病気?

線維筋痛症とは身体の一部、もしくは全身に強い痛みを感じる病気です。痛みの強さは人それぞれですが、重症化すれば日常生活を送ることも困難になります。痛みのほかには、だるさや倦怠感・睡眠障害・抑うつ症状などが発生することも多いでしょう。厚生労働省の発表によると、患者数は約200万人であり、20~60代の女性に発症しやすいと言われています。

1-2.線維筋痛症の特徴

線維筋痛症の最大の特徴は、患者さんが強い痛みを訴えていても、レントゲン検査や血液検査・CT検査等には異常が出ないということです。ですから、心因性の病気や気のせい・仮病などと誤診されることも多く、周囲の理解を得られない患者さんも珍しくありませんでした。

1-3.線維筋痛症の進行具合

線維筋痛症を治療せずに放っておくと、痛みが強くなるだけでなく痛みに対する不安からうつ状態や失感情症になる人も珍しくありません。線維筋痛症を発症した人の30~50%がうつ病を合併していると言われています。現在、線維筋痛症は1~5までのステージに分類されており、ステージ3以上で日常生活を送ることが困難になり、ステージ4以上でほぼ寝たきりの状態になる可能性もあるでしょう。なお、詳しいステージの症状は以下のとおりになります。

  • ステージ1:痛みはあるが、日常生活は問題なく行える
  • ステージ2:痛みに加えて、不安・不眠・うつ状態などの症状が出る。日常生活が徐々に困難になる
  • ステージ3:爪や髪への軽微な刺激でも痛みを感じるようになり、日常生活が大変困難になる
  • ステージ4:自分の体重が痛みを引き起こすため、長時間同じ姿勢を保てなくなり、ほぼ寝たきりになる
  • ステージ5:全身の痛みに加えて目の乾きや尿路感染などが発症し、日常生活はほぼできなくなる

1-4.線維筋痛症の原因

線維筋痛症の原因はまだはっきりとはわかっていません。手術やケガなどで何らかの強い痛みを感じたことがある経験や、ストレスなどによって脳が誤作動を引き起こし、痛みを感じる神経が過敏になっているのではないかという説が現在のところは有力です。