複合性局所疼痛症候群

複合性局所疼痛症候群とはどのような病気? 診断基準や治療方法は?

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

複合性局所疼痛症候群(CRPS)とは、ケガや手術など激しい痛みを感じる事柄が起こった後、ケガや手術の際についた傷が治っても、慢性的な痛みが続く病気です。痛みのほかには、骨の萎縮やむくみなどがみられ、適切な治療を受けないと長期間痛みや不調で苦しむこともあるでしょう。また、自分が複合性局所疼痛症候群であると気づかず、痛みに悩まされている人もいると思います。
そこで、今回は複合性局所疼痛症候群の症状や診断基準・治療方法などを解説しましょう。

  1. 複合性局所疼痛症候群の基礎知識
  2. 複合性局所疼痛症候群の治療について
  3. 複合性局所疼痛症候群に関するよくある質問

この記事を読めば、複合性局所疼痛症候群が疑われる症状が現れた場合、すぐに適切な対応をすることができます。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.複合性局所疼痛症候群の基礎知識

はじめに、複合性局所疼痛症候群がどのような病気かということを説明します。発症の原因には、どのようなものがあるのでしょうか?

1-1.複合性局所疼痛症候群とはどのような病気か?

前述の通り、複合性局所疼痛症候群とは外傷・手術・疾患(しっかん)などで激しい痛みを経験した後、傷が完治したにも関わらず、痛みや骨の萎縮・むくみなどが発生する病気です。人によっては、ケガの痛みよりもケガが治った後に感じる痛みのほうが激しい、ということもあります。また、ケガや傷の程度に比べて、痛みが不自然に強かったり痛みが長引いたりすることもあるでしょう。人によっては血流の変化や障害が起こることもあります。

1-2.なぜ、痛みが続くのか?

複合性局所疼痛症候群は、ケガなどが原因によって発症します。これは、ケガなどをしたことにより知覚神経・運動神経・交感神経が活発化し、ケガなどをした箇所を中心に筋肉の緊張や血流障害が発症するのです。そのため、血流が悪くなって組織の酸素が不足し、発痛物質が作られます。この発痛物質が知覚神経を刺激して痛みを感じるのです。つまり、ケガをした箇所を動かさなかったり、何らかの理由で血流が阻害され続けるほど、発痛物質が作られやすくなります。そのため、ケガをしているのだからと、その箇所を動かさないようにしていた期間が長くても、複合性局所疼痛症候群が発症する可能性もあるでしょう。

1-3.複合性局所疼痛症候群の種類と診断基準

複合性局所疼痛症候群は、神経損傷を伴わないCRPS1型と神経損傷を伴うCRPS2型があります。日本では、厚生労働省CRPS研究班により、日本独自のCRPS判定指標が作成・公表されており、それに従って医師は診断を下すのです。複合性局所疼痛症候群は、激しい痛みに加え、早期の段階から骨の萎縮・関節の拘縮(こうしゅく・強張って固まること)・うつ状態などの廃用障害(はいようしょうがい)を引き起こすこともあります。そのため、早期発見と治療が大切です。現在、日本の診断基準は

  • CRPSの誘因となる侵害的な出来事もしくは、固定を必要とするような原因があったこと
  • 持続する疼痛(とうつう)があり、疼痛部位に浮腫、血流の変化、あるいは発汗異常などがあること
  • 関節に稼働制限域がある
  • 皮膚・爪・髪のいずれかに萎縮変化があること
  • 診察時に刺激を受けたことにより、疼痛過敏の症状が出ること

以上のようなものになります。これに2つ以上当てはまる場合は、複合性局所疼痛症候群(CRPS)の可能性があるでしょう。現在、日本では約16万人の複合性局所疼痛症候群(CRPS)患者がいると推測されていることを考えると、誰でも発症の可能性があると言えます。