膠原病

【必見】膠原病の症状や原因・治療法などについて徹底解析!

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

「関節の腫れやこわばりが気になる」「皮膚に紅斑(こうはん)や紫斑(しはん)が現れる」などの症状が出ている場合、膠原病(こうげんびょう)のおそれがあります。膠原病が悪化すると、関節の変形や臓器に障害が起こり、日常生活に支障をきたしかねません。また、1度進行した障害はもとに戻らないといわれているため、早期発見が大きなポイントです。そこで、本記事では、膠原病の基礎知識や原因・症状・経過と影響・治療法について説明します。

  1. 膠原病の基礎知識
  2. 膠原病の原因
  3. 膠原病の症状
  4. 膠原病の経過と影響
  5. 膠原病の治療について
  6. 膠原病に関してよくある質問

この記事を読むことで、膠原病の原因や症状・治療法などについて詳しく知ることができます。悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

1.膠原病の基礎知識

膠原病とは、一体どのような病気なのでしょうか。基礎知識を深めることで、改善のコツをつかむことができます。それでは詳しくチェックしていきましょう。

1-1.どんな病気か

真皮(しんぴ)・軟骨・骨・腱(けん)・靭帯(じんたい)などを構成するコラーゲンに障害・炎症を生じるさまざまな疾患の総称が「膠原病」です。全身性エリテマトーデス・全身性硬化症・皮膚筋炎・関節リウマチ・リウマチ熱・結節性多発性動脈炎の6疾患を古典的膠原病といいます。現在は、これらに加えて、以下の疾患を含めて膠原病といわれているのです。

  • リウマチ性多発筋痛症
  • 側頭動脈炎
  • 多発性筋炎
  • シェーグレン症候群
  • 混合性結合組織病
  • 重複症候群
  • 好酸球性多発血管炎性肉芽腫(にくげしゅ)症
  • ベーチェット病
  • ウェゲナー肉芽腫症など

1-2.国の難病指定について

難病情報センターホームページで「膠原病」と検索してもヒットしません。なぜなら、膠原病とは、1つの病気の名前ではなく、共通の特徴を持つ複数の病気の総称だからです。難病指定に登録されているのは、膠原病ではありませんので注意してください。膠原病の1種であるベーチェット病・全身性エリテマトーデス・全身性強皮症・悪性関節リウマチなど、病名1つ1つが難病指定されています。

1-3.メカニズム

膠原病の特徴は、全身にさまざまな疾患が現れることです。本来ならば体を守るための免疫システムが誤作動を起こすことで、自分の体を攻撃してしまいます。膠原病は、別名・全身性自己免疫性疾患とも呼ばれており、病名ではありません。そのため、膠原病のうち、どのような病気であるか見極めることが大切なポイントとなります。

1-4.種類

膠原病の種類はさまざまありますが、代表的なのは以下のとおりです。それぞれの特徴についても、ピックアップしてみました。

  • 関節リウマチ:左右対称に全身の関節にこわばり・痛みや腫れが出るなど、進行すれば関節が壊れる
  • 全身性エリテマトーデス:細胞の核成分に対する抗体を中心とした自己抗体が作られることで、全身の諸臓器が侵されてしまう病気
  • 全身性強皮症:強皮症の1種で、消化管や肺などの内臓臓器の硬化を伴う
  • 多発性筋炎・皮膚筋炎:数週間~数か月にわたって進行する、体幹などの筋力低下をもたらす炎症性筋疾患
  • シェーグレン症候群:自己免疫に異常が生じ、自己抗体やリンパ球によって自身を攻撃してしまう病態
  • 混合性結合組織病:全身性エリテマトーデス・強皮症・多発性筋炎・皮膚筋炎などの病気の症状を同時に持っている病気
  • 抗リン脂質抗体症候群:動脈・静脈の血栓症、または胎盤微小血栓を主な病態とする自己免疫血栓症
  • 血管炎症候群:血管炎を原因とした多種多様の臨床症状や疾患郡の総称

1-5.なりやすい人・患者数

膠原病は、男性よりも女性に多い傾向があります。特に、妊娠が可能な年齢に発病しやすいことが分かっており、女性ホルモンが免疫異常を高めていると考えられているのです。また、外で仕事をする機会が多い人(紫外線を浴びやすい人)・ストレスを感じやすい人なども膠原病になりやすい傾向があります。膠原病の患者数は、種類によって異なるでしょう。たとえば、関節リウマチは約50万人以上、全身性エリテマトーデスは4万3,000人、皮膚筋炎・強皮症は2万2,000人ほどです。