過食はストレスが原因

【必見】過食はストレスが原因? 症状・診断・治療法など徹底解説!

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

食べても食べても満たされずに、食べすぎてしまうことを「過食(かしょく)」といいます。過食は本来の欲求を満たすものではなく、偽の欲望を充足するための代償行為といわれているのです。ですから、行為をくり返すたびに空(むな)しさや自己嫌悪を味わうことになるでしょう。また、恐怖・不安などのストレスが、過食に大きく関係しています。
過食から抜け出すためには、原因を知ることが大切です。本記事では、過食の基礎知識や原因・セルフチェック・改善のポイントなどについて説明します。

  1. 過食の基礎知識
  2. 過食の原因について
  3. 過食のセルフチェック
  4. 過食をやめるには
  5. 過食症について
  6. 過食症の診断・治療について
  7. 過食に関してよくある質問

この記事を読むことで、過食症を改善するために必要な知識を身につけることができます。気になっている方や悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

1.過食の基礎知識

過食から抜け出すためには、どのような特徴があるのか基礎知識を身につけることが大切です。それでは、詳しく説明します。

1-1.どういうことか

食べすぎてしまう行為のことを過食といいます。多くの人が経験したことのある普通の食べすぎではなく、摂食障害の1種です。摂食障害とは、食行動の異常に基づく原因不明の疾患となります。拒食症・過食症が有名ですね。食事を摂(と)る量が増えずに体重が減る拒食状態から、突然食べものを摂るようになって過食へ移行するケースが知られています。

1-2.過程について

過食は、短時間に大量の食べものを衝動的に食べる発作です。何かしらのきっかけによって精神が不安定になり、気持ちを落ち着かせるために過食を行います。短時間で大量の食事をした後に、嘔吐→下剤を飲む→長時間の絶食をする→再び大量の食事をするという、悪循環に陥りがちです。

1-3.なりやすい人とは

過食になりやすい人は、男性よりも女性に多い傾向があります。拒食症と同じで、ダイエットや美容に敏感な若い女性に起きやすいといえるでしょう。特に、「太るのが怖い」と感じている方が、過食をしやすいといわれています。過食をした後に罪悪感を覚え、その代償行為として意図的に吐こうとするのです。これを、過食嘔吐といいます。

1-4.どのくらい悩んでいるか

過食は、10~20代の女性に多いといわれており、無茶なダイエットや友人・恋人からの何気ない一言で摂食障害を引き起こしてしまう人もいます。過食症で悩んでいる人は、青年期~若年成人期における女性割合が全体の1~3%です。生涯で1度でも過食症の診断基準を満たした人は、なんと女性の12%におよぶといわれています。

1-5.最近の傾向

ドラマの題材やニュースでも、過食症・拒食症という摂食障害を取り上げることが増えました。注目されている病気であることは間違いありません。また、研究によると、過食症を患っている人の親が、過食症・抑うつなどの精神障害・アルコール依存症などを患っている確率が高いと判明したのです。親からの圧力や暴言・暴行が、過食を引き起こすきっかけにもなっています。