慢性疲労症候群

慢性疲労症候群とはどのような病気? 症状や診断基準・治療法とは?

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

たっぷりと休んだはずなのに、疲れが取れない。常に体がだるく、ちょっと動いただけでもひどい疲れを感じる。このような症状に悩んでいる人はいませんか? 疲労感は誰もが覚えるものですが、十分な休息や睡眠を取っても疲労感が抜けないという場合や日常生活に支障が出るほど疲労感が強い場合は、慢性疲労症候群の可能性があります。では、通常の疲労と慢性疲労症候群の違いは何でしょうか?
今回は、慢性疲労症候群の診断基準を中心に、症状や治療方法などを解説します。

  1. 慢性疲労症候群の基礎知識
  2. 慢性疲労症候群の診断基準について
  3. 慢性疲労症候群の治療方法について
  4. 慢性疲労症候群に関するよくある質問

この記事を読めば、慢性疲労症候群の特徴や治療法まで詳しく分かるでしょう。興味がある人や、最近疲れやすいという自覚がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.慢性疲労症候群の基礎知識

はじめに、慢性疲労症候群の症状や原因、さらに発症しやすい人などを説明します。どのような病気なのでしょうか?

1-1.慢性疲労症候群の症状

慢性疲労症候群とは、生活に影響が出るほど強い疲労感・頭痛・微熱・筋肉痛などの症状が6か月以上続く病気です。特に、多くの患者さんは強い疲労感を覚え、寝たきりになる人もいます。

1-2.慢性疲労症候群の原因

慢性疲労症候群の原因は、現在のところはっきりと分かっていません。発症時に発熱・のどの痛み・リンパの腫れなどを訴える患者さんが多いことから、何らかの細菌感染が発症の引き金になるのではないかという仮説が立てられています。また、クラミジア・マイコプラズマ・トキソプラズマ・カンジダなどに感染したことをきっかけに慢性疲労症候群を発症したという例も報告されているのです。なお、このような例は、「感染後慢性疲労症候群」と呼ばれます。

1-3.慢性疲労症候群の特徴や問題点

慢性疲労症候群は、20~50代の人に発症しやすい病気で、患者さんの多くが女性です。ただし、男性が発症しないというわけではありません。また、少数ですが10代、50代以上の患者さんもいます。厚生労働省の調査によると、現在日本には推定30万人の患者がおり、そのうち30%が寝たきりの生活を送っているそうです。

また、慢性疲労症候群はレントゲン検査や血液検査・ホルモン検査・CT検査などを行っても、異常が見つかりません。そのため、仮病と疑われることも多く、精神的につらい毎日を送っている人もたくさんいます。現在は、筋痛性脳髄膜炎の会(旧名:慢性疲労症候群をともに考える会)も結成されており、ホームページから病気の情報等を得ることが可能です。