無月経の症状・原因

生理がこないのは無月経? 症状・原因・治療法など徹底解析!

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

「生理がなかなか来ない……」と感じている方は、無月経になっている可能性があります。無月経とは、妊娠してもいない・閉経を迎える年齢でもないのに生理が来ない状況のことです。生理は妊娠するために必要なので、無月経の状態が長く続くのはよくありません。また、無月経を放置するほど、治療にかかる時間も長くなるので早期治療が必要です。本記事では、無月経の基礎知識・症状・原因・治療法について説明します。

  1. 無月経の基礎知識
  2. 無月経の症状
  3. 無月経の原因
  4. 無月経の治療法
  5. 無月経に関してよくある質問

この記事を読むことで、無月経の基礎知識を身につけて適切な治療を始めることができます。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.無月経の基礎知識

無月経とは、どのような状態なのでしょうか。それでは、無月経について具体的に説明します。

1-1.定義

無月経の定義は「月経がない状態」です。そもそも、月経とは「通常、約1か月の間隔で起こる生理的な子宮出血」とされています。しかし、無月経は、毎月定期的にくる生理がこない状態です。妊娠・授乳中や閉経を迎える年齢になれば、自然と無月経になります。月経があるべき女性に無月経が起きる場合は、何かしらの原因が考えられるでしょう。

1-2.分類

無月経には、原発性無月経と続発性無月経の2種類があります。それぞれの特徴について、詳しくチェックしておきましょう。

1-2-1.原発性無月経

原発性無月経は、満18歳を迎えても初経がこない状態のことです。一般的に、初経が訪れるのは、平均10~15歳といわれています。もちろん、個人差はありますが、満18歳を過ぎても初経がこない場合は何かしらの原因が考えられるのです。不安な気持ちが大きいと思うので、1度検査することをおすすめします。

1-2-2.続発性無月経

続発性無月経は、今まで定期的に訪れていた月経が3か月以上停止している状態のことです。無月経の多くは、続発性無月経となります。また、続発性無月経は、その程度によって「第1度無月経」と「第2度無月経」に分かれるのです。第1度無月経はプロゲステロンの分泌が異常で、第2度無月経はエストロゲン・プロゲステロン両者の分泌に異常があります。第1度無月経のほうが、無月経の程度としては軽度です。

1-3.なりやすい人

無月経の原因はさまざまなので、一概に「こういう人がなりやすい」とはいえません。けれども、最近多いのが、ストレスと無理なダイエットによる無月経です。生理は、女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」の分泌量が変化すると同時に起こります。エストロゲンは妊娠の準備をすすめ女性らしさをつくり、排卵前に分泌量が増加するホルモンです。一方、プロゲステロンは妊娠の継続をサポートし、生理前に分泌量が多くなります。ストレス・無理なダイエットはホルモンバランスが乱れる原因となり、通常の生理がこなくなるのです。