不眠の対策法

【必見】眠れない原因は何? 不眠の対策法・治療法を詳しく解説!

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

良質な睡眠は、健康の基本です。しかし、不眠で悩んでいる人も多くいます。眠れないことで、疲れが取れず、毎日つらい思いをしていることでしょう。できるだけ気持ちよくぐっすりと眠りたいものですよね。そこで、今回は、眠れない原因を探ると共に、不眠の対策法や治療法について詳しく解説します。

  1. 不眠の基礎知識
  2. 眠れない病気について
  3. 眠れない原因について
  4. 眠れない状態のセルフチェック
  5. 眠れないときのセルフ対策法を解説
  6. 眠れない症状の治療について
  7. 眠れない原因についてよくある質問

この記事を読むことで、眠れない原因について理解でき、適切な対策を行うことができます。まずは、記事をじっくり読み進めてみてください。

1.不眠の基礎知識

最初に、不眠の基礎知識を学びましょう。主な症状やなりやすい人・患者数や最近の傾向などを解説します。

1-1.不眠とはどういうこと?

不眠とは、十分に眠れない状態が週に3回以上かつ3か月以上続くことです。さらに、眠れないことで日中の活動に支障が出ていることも条件となります。眠れないことでイライラしたり集中力が欠けたりして仕事や家事に支障が出る状態です。1日に3時間の睡眠時間であっても、ぐっすりと眠ることができ、健康でいるのなら不眠ではありません。

1-2.不眠症の主な症状

不眠症になると、主に以下の症状が出ます。

  • 寝つきが悪い
  • 眠りが浅い
  • 朝早くに目が覚める
  • 夜中に何度も起きてしまう
  • 悪夢を見てすぐに目が覚める
  • まったく眠れない

1-3.不眠で悩んでいる人やなりやすい人

不眠で悩む人は、大きなストレスを抱えていることが多いのが特徴です。また、何らかの理由で生活リズムが狂っている人も注意してください。特に、以下のような人は不眠になりやすいものです。

  • 布団に入る時間が不規則
  • 夜更かしをしている
  • 悩みごとが絶えない
  • 仕事で大きなプレッシャーを感じている
  • 昼寝の習慣がある
  • 不規則な勤務形態
  • 体に合った寝具で寝ていない
  • 子育て中の母親

1-4.不眠の患者数や最近の傾向について

不眠の患者数は、成人男女の約20%にも上ると言われています。もはや、生活習慣病として深刻な状態でしょう。最近では、眠る前のスマホ使用が原因の不眠が急増中です。ほんの短時間だけ、のつもりがいつまでも操作をしてしまい、入眠のタイミングを逃したり睡眠時間を短くしてしまったりします。すると、朝起きても疲れている・日中に眠気に襲わるなどの症状が出てくるのです。しかし、スマホは生活必需品となっているため、なかなか状況を改善できない人も多くいます。