亜急性皮膚エリテマトーデスとは?

【必読】亜急性皮膚エリテマトーデスとは? 治療方法も詳しく解説!

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

「顔や腕に赤い発しんが出て気になる」「時々関節が痛くなる」など、亜急性皮膚エリテマトーデスの症状に悩んでいる人もいることでしょう。つらい症状は、早く適切な治療を受けて改善したいですよね。しかし、どんな病院で治療を受けるべきか・どんな治療方法を行うのかなど、よくわからないことも多いでしょう。そこで、今回は、亜急性皮膚エリテマトーデスについて、治療方法を含め詳しく解説します。

  1. 全身性と亜急性皮膚エリテマトーデスについて
  2. 亜急性皮膚エリテマトーデスとは?
  3. 亜急性皮膚エリテマトーデスの原因
  4. エリテマトーデスの診断と治療について
  5. 亜急性皮膚エリテマトーデスに関するよくある質問

この記事を読むことで、亜急性皮膚エリテマトーデスに関する基本が身につき、適切な対応を取ることができるようになります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.全身性と亜急性皮膚エリテマトーデスについて

最初に、全身性と皮膚エリテマトーデスについての基本を解説します。

1-1.エリテマトーデスとは?

エリテマトーデスとは、全身にさまざまな病変が現れる病気で、膠原(こうげん)病のひとつです。エリテマトーデスの主な症状は、以下を参考にしてください。

  • 皮膚症状(発しん・蝶(ちょう)形紅斑・日光過敏など)
  • 関節炎
  • 肺障害
  • 肝障害
  • 腎障害
  • 神経症状

1-2.患者数など

エリテマトーデスの患者数は、6万~7万人規模におよびます。患者は、20~40代の女性が多いことが特徴です。症状が軽いために未受診である人を含めると、より多くの患者数になると予測できます。

1-3.エリテマトーデスの種類

エリテマトーデスの主な種類は、全身にあらゆる症状が現れるものと主に皮膚症状だけのものの2種類です。全身に症状が現れるものを全身性エリテマトーデス、皮膚症状が主なものは、亜急性皮膚エリテマトーデスと呼びます。両者の共通点は、皮膚の発しんや関節炎が現れる点です。

1-4.エリテマトーデスの症状の違いについて

エリテマトーデスであっても、種類によって症状が異なります。全身性エリテマトーデスは、全身にさまざまな症状が現れ、皮膚や関節だけでなく、内臓疾患も現れることが特徴的です。しかし、亜急性皮膚エリテマトーデスでは、神経疾患や腎疾患が見られることはほとんどありません。皮膚に発しんが出現した場合でも、全身性エリテマトーデスではない可能性が高くなります。