微熱が続くのは慢性疲労症候群が原因

微熱が続くのは慢性疲労症候群が原因? 対処法・予防法を解説

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

微熱とは、37℃以上38℃未満の熱を指します。風邪をひいた場合、このくらいの熱がよく出るという人もいるでしょう。頭痛やだるさといった症状が出ることも多いですが、意識ははっきりしており、「このくらいの熱なら」と仕事をする人もいます。一晩寝れば熱が下がるようならば、問題ありません。しかし、微熱が続く場合は風邪以外の重い病気が隠れている場合があります。
そこで、今回は微熱が続く原因や病院を受診する基準、治療法などを解説しましょう。

  1. 微熱の基礎知識
  2. 慢性疲労症候群とは?
  3. 慢性疲労症候群の治療方法
  4. 微熱や慢性疲労症候群に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、安静にしていれば治る微熱と、病院を受診した方がよい微熱の違いも分かります。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.微熱の基礎知識

はじめに、微熱が出る原因や対処法、注意しなければならない微熱などを解説します。なぜ、熱が出るのでしょうか?

1-1.微熱の定義

前述のとおり微熱とは、37℃以上38℃未満の発熱のことです。平熱が36℃台ですから、やや高い熱といえるでしょう。38℃近くになればだるかったり悪寒がしたりしますが、37℃台前半ならば「ちょっと調子が悪いかな」と思う位の人もいます。ただし、平熱が35℃台と低い場合は、37℃でもかなりつらく感じることがあるでしょう。

1-2.微熱の原因

微熱は、風邪をはじめとする軽度の感染症や内臓の炎症・関節リウマチなどで起こります。風邪をはじめとする感染症が原因の場合は、一晩寝ればすっきりと下がることが多いでしょう。このような微熱は心配いりません。逆に、十分休養を取っても熱が下がらない場合や、1週間以上熱が上がったり下がったりをくり返すようならば、重大な病気の可能性もあります。

1-3.病院受診したほうがよい場合とは?

休養を取っても微熱が1週間以上続いている場合や、頭痛・腹痛・鼻づまり・だるさ・不眠・関節痛などの症状が併せて現れている場合は、一度病院を受診しましょう。微熱が出る病気はたくさんありますが、前述したような症状も併せて1週間以上続いている場合は、臓器や関節が炎症を起こしている可能性があります。また、熱はそれほど高くないのにだるさや疲労感で体が動かないという場合は、慢性疲労症候群の可能性もあるでしょう。病院は、まず内科を受診しましょう。ただし、手や足の関節が複数箇所痛むという場合は、整形外科を受診したほうが病名が早く特定できる可能性があります。