不眠を解消したい人

不眠を解消したい人必見! セルフ解消法と病院を受診する目安は?

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

不眠とは、夜になかなか寝つけなかったり、早朝に目が覚めてそのまま眠れなかったりする症状の総称です。質の良い睡眠は、私たちの健康を維持するために欠かせません。不眠が続けば、体調はもちろんのこと、精神にも悪影響が出ます。では、不眠は自分で解消できるのでしょうか?
そこで、今回は不眠の解消方法や対策方法、さらに病院を受診する目安などを解説します。

  1. 不眠の基礎知識
  2. 不眠のセルフ解消法
  3. 病院を受診するべき症状とは?
  4. 不眠に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、不眠を予防するポイントもよく分かるでしょう。最近寝不足気味という人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.不眠の基礎知識

はじめに、不眠の定義や原因、体への影響などを解説します。どのような状態が不眠なのでしょうか?

1-1.不眠の定義

不眠というと夜なかなか寝つけない症状というイメージがありますが、不眠の症状はそれだけではありません。睡眠中に2回以上目覚め、眠りが浅い中途覚醒、目覚めなければならない時間よりも2時間以上早く目覚めてしまう早朝覚醒、などもあります。また、睡眠時間が長くても、日中耐えがたい眠気がある場合や目覚めがすっきりしない場合は不眠の可能性があるでしょう。逆に、睡眠時間が短くてもすっきりと目覚められる場合は、不眠ではありません。

1-2.不眠の原因

不眠の原因には、以下のようなものがあります。

  • 肉体的な病気:睡眠時無呼吸症候群・関節リウマチなど
  • 精神的な病気:うつ病、自律神経失調症など
  • 加齢
  • 過度の飲酒
  • 生活習慣
  • 運動不足

この中で、過度の飲酒や運動不足、生活習慣が原因の不眠の場合は、自分で改善ができるでしょう。

1-3.不眠のセルフチェック

現在、数百万人の人が不眠で悩んでいると言われています。特に、高齢者の場合は40%近くが不眠に悩まされており、睡眠薬などを服用している人も珍しくありません。自分が不眠かな? と思った場合は、以下のようなセルフチェックをしてみましょう。

  • 寝つくまでに1時間以上かかる
  • ちょっとした物音で目が覚めてしまい、以後眠れない
  • 早朝に目が覚めてしまい、以後眠れない
  • 日中耐えがたい眠気に襲われることが多い
  • 日中にうたたねをすることが多い
  • 日中眠気でだるい

以上のような症状に当てはまる場合は、不眠の可能性があります。