だるい症状を伴う病気

だるいのは病気? 原因や症状・治し方を詳しく解説!

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

「いつもだるいと感じる」「十分に寝ているはずなのにだるい」など、だるさに悩んでいる人が増えています。症状が改善しない場合、病気なのかと心配になることでしょう。しかし、対策も間違った方法を選ぶと逆効果です。まずは、だるいと感じる原因を知り、病気かどうかを確認する必要があります。今回は、だるい原因や病気などについて詳しく解説しましょう。

  1. だるいとは?
  2. だるい症状を伴う病気について
  3. だるいときの対処方法
  4. だるい症状で病院に行くべき場合は?
  5. だるいことに関するよくある質問

この記事を読むことで、だるい原因が分かり、適切な対処法や治療法を選ぶことができます。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.だるいとは?

最初に、だるいとはどんな状態か、原因やメカニズムなどを詳しく解説します。

1-1.だるいとはどんな状態?

だるいとは、医学的に「倦怠(けんたい)感」と呼ばれる状態を言います。主な症状は、疲れを感じて体を動かしたくない・やる気が出ないなどです。だるいときは、集中力や作業効率が下がるため、仕事や勉強・家事などに支障が出ます。原因を正しく突きとめ、適切な対策を行うことが大切です。

1-2.だるいと感じる原因やメカニズム

だるいと感じる原因は、主に以下のようなものがあります。

  • 肉体疲労:長時間労働・激しい運動など
  • 精神疲労:うつ・育児疲れなど
  • 栄養不足:栄養バランスの悪化・エネルギー不足など
  • 病気:貧血・慢性疲労症候群など

心身に何らかの異常があるときに、だるいと感じることで休息や治療など対策が必要だと自覚できるのです。

1-3.だるいと感じたときの注意点

だるいと感じたときには、ほかに気になる症状がないかチェックしましょう。たとえば、吐き気や特定部分の痛みなどです。特定の病気が原因の場合は根本的な治療が必要なため、速やかに受診してください。

1-4.だるくなりやすい人や最近の傾向について

以下の人は、だるくなりやすいので気をつけましょう。

  • 糖質(甘いものや主食など)を食べすぎる
  • 栄養バランスが悪い(ビタミン・ミネラル不足)
  • 極端なダイエットをしている
  • 生活が昼夜逆転している
  • 慢性的な睡眠不足
  • 常に多忙
  • 筋肉量が少ない
  • 大きなストレスがある
  • 体力がない
  • 肉体労働をしている
  • 免疫力が落ちている

最近では、精神的なストレスが原因で自律神経が乱れ、だるいと感じる人が増えていることが特徴です。