線維筋痛症と慢性疲労症候群の違いは何? 類似点や治療法と共に解説!

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

体の節々に痛みを感じるが、検査をしても問題ない。しっかりと休んでいるのにけん怠感が抜けずに悩んでいる。このような症状が続く場合は、慢性疲労症候群や線維筋痛症の疑いがあります。この2つの病気は、血液検査やレントゲン検査をしても異常がないため、診断がつくまでに時間がかかることも珍しくありません。また、詐病を疑われて悩んでいる人も多いでしょう。
今回は線維筋痛症と慢性疲労症候群のそれぞれの特徴や違いを解説します。

  1. 線維筋痛症と慢性疲労症候群の特徴
  2. 線維筋痛症と慢性疲労症候群の違い
  3. 線維筋痛症と慢性疲労症候群の治療について
  4. 線維筋痛症や慢性疲労症候群に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、病気の特徴や治療方法もよく分かることでしょう。原因不明の体調不良に悩まされている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.線維筋痛症と慢性疲労症候群の特徴

はじめに、線維筋痛症と慢性疲労症候群の症状や特徴を解説します。どのような病気なのでしょうか?

1-1.線維筋痛症とはどのような病気?

線維筋痛症とは、全身・もしくは体の一部に強い痛みを感じる病気です。痛みの強さは人それぞれですが、重症化すれば日常生活を送ることも困難になります。また、痛みのほかにだるさや倦怠感・睡眠障害・抑うつ症状などが現れる人もいるでしょう。

1-2.慢性疲労症候群とはどのような病気?

慢性疲労症候群は、生活に影響が出るほど強い疲労感・頭痛・微熱・筋肉痛などが6か月以上にわたって続く病気です。特に、強い疲労感を症状として訴える患者さんが多く、ひどい場合には寝たきりになってしまうこともあります。

1-3.線維筋痛症と慢性疲労症候群の類似点

線維筋痛症と慢性疲労症候群は性別や年代問わずに発病しますが、特に20代~60代の女性に発症しやすい病気です。また、どちらの病気もレントゲン検査や血液検査・ホルモン検査・CT検査などを行っても、異常がありません。そのため、どちらの病気も数十万人以上の患者がいると言われながら、診断が下るまでには時間がかかることも多いでしょう。さらに、検査結果に異常が出ないことから、詐病を疑われたり心因性の原因があると言われたりして悩んでいる人もいます。

2.線維筋痛症と慢性疲労症候群の違い

この項では、繊維筋痛症と慢性疲労症候群の違いや併発の可能性について解説します。

2-1.線維筋痛症と慢性疲労症候群の相違点

線維筋痛症と慢性疲労症候群の最も大きな相違点は痛みです。慢性疲労症候群でも筋肉痛のような痛みを感じることもありますが、線維筋痛症より痛みを訴える患者さんは少ないでしょう。線維筋痛症の場合は、日によって痛みを感じる場所が変わったりすることもあります。また、症状が進めば髪や爪に風が当たっただけで痛みを感じることもあるでしょう。
一方、慢性疲労症候群の場合は、疲れやだるさが症状として強く現れます。ちょっと動いただけでも立っていられなくなるくらい疲れてしまう場合は、慢性疲労症候群の可能性が高いでしょう。

2-2.類似点も多い

しかし、1-3でご紹介したように線維筋痛症と慢性疲労症候群は、類似点も多い病気です。特に発病初期の頃は、線維筋痛症の患者さんも痛みよりだるさやけん怠感を強く訴える人もいます。検査をしても異常が出ないことから、線維筋痛症か慢性疲労症候群かを見分けるのは、医師でも難しい場合もあるでしょう。

2-3.線維筋痛症と慢性疲労症候群を併発する可能性

線維筋痛症と慢性疲労症候群は、併発する可能性があります。また、前述したように医師でも2つの病気の見分けがつかないこともあるため、両方の治療法が試されることもあるでしょう。さらに、だるさや痛み・けん怠感・疲労感が症状として現れる病気はたくさんあります。そのため、検査をした結果ほかの病気を示す特徴がなかった場合、「機能性身体症候群」と診断されることもあるでしょう。この場合も、線維筋痛症と慢性疲労症候群、両方の治療を行っていきます。

3.線維筋痛症と慢性疲労症候群の治療について

この項では、線維筋痛症と慢性疲労症候群の治療方法や病院を受診する目安について解説します。

3-1.病院を受診する目安

ここでは、病院を受診する目安を解説します。

3-1-1.線維筋痛症

全身の広範囲にわたる痛みが1か月近く続いている場合は、すぐに病院を受診しましょう。全身に痛みを感じる病気には、関節リウマチなどもあります。特に、痛みで眠れない夜もある場合は痛みを感じ始めて1か月未満でも病院を受診しましょう。

3-1-2.慢性疲労症候群

慢性疲労症候群は、休んでも疲労感やだるさが取れない状態が2週間以上続いたら、病院を受診しましょう。だるさや疲労感が症状として現れる病気は数多く、休養を取っても解消しない場合は正式な検査が必要です。

3-2.何科を受診するべきか?

線維筋痛症は、整形外科・ペインクリニック・心療内科などで治療が行われています。一方、慢性疲労症候群はまだどの科が専門で治療を行うか決まっていません。そのため、どちらの病気も治療実績がある病院を受診しましょう。今はホームページを開設している病院も多く、治療実績も確認しやすくなっています。

3-3.検査方法

線維筋痛症や慢性疲労症候群が疑われる場合でも、血液検査やレントゲン検査は一通り行われます。ほかの病気である場合は、検査をすれば数値に表れるはずです。検査に何の異常がない場合は、次のような問診が行われます。

3-3-1.線維筋痛症

  • 全身の広範囲にわたる痛みが3か月以上続いているかどうかの確認
  • 全身18か所の圧痛点のうち、11か所以上に痛みがあることの確認

圧痛点とは、米国リウマチ学会で定められた押すと痛みを感じるポイントです。医師はそこを1つずつ押して、痛みがあるかどうかを確かめます。

3-3-2.慢性疲労症候群

慢性疲労症候群は、

  1. 日常生活に支障が出るほどのだるさが、6か月以上くり返し発症している
  2. 検査の結果、ほかに病気がないことがはっきりとしてる
  3. 微熱・のどの痛み・リンパの腫れなどがある
  4. 筋肉痛・筋力低下などの症状が出ている
  5. 思考力の低下やうつ状態などの神経症状が出ている
  6. 関節痛がある
  7. 過眠・不眠などの睡眠障害がある
  8. 運動後にけん怠感が24時間以上続く

以上8項目のうち、1・2の症状を自覚し、3~8の症状のうち、4つ以上当てはまっていれば慢性疲労症候群と診断されます。また、近年は社会的な生活や身の回りのことが自分でできるかどうかを表わす、PS値の値も診断基準です。PS値が3以上だと慢性疲労症候群と診断されるでしょう。PS値の基準につきましてはリンク先の国立がん研究センターのページも参考にしてください。

3-4.線維筋痛症の治療方法

線維筋痛症の治療は、まず薬物を用いて痛みをコントロールし、その後、認知行動療法・運動療法・心理療法・温熱療法を行っていきます。まだ原因が分からない以上「この治療法を行えば治る」というものはありません。ですから医師と相談しながら治療法を試していきます。

3-5.慢性疲労症候群の治療方法

慢性疲労症候群の治療方法には、投薬治療・認知行動療法・運動療法などがあります。線維筋痛症と同じく、慢性疲労症候群も治療法が確立されていません。そのため、どの治療法が効果があるのか医師と相談をしながら治療をすすめていきます。

3-6.治療をする際の注意点

線維筋痛症や慢性疲労症候群は、治療を行って劇的に症状が改善することもあれば、治療効果が実感できるまで時間がかかることもあります。大切なのは焦らないことと、医師との信頼関係を築いていくことです。今は、患者同士がインターネットを介して情報を交換し合うこともよくあります。ですから、患者やその家族同士が支え合いながら治療をすすめて行きましょう。

4.線維筋痛症や慢性疲労症候群に関するよくある質問

Q.線維筋痛症や慢性疲労症候群が完治することはないのでしょうか?
A.完治することは難しいですが、症状がほとんど現れなくなることもあります。

Q.線維筋痛症や慢性疲労症候群は難病に指定されていないのですか?
A.はい。現在のところ難病には指定されていません。

Q.線維筋痛症や慢性疲労症候群は、治療方法も同じですか?
A.完全に同じではありませんが認知療法や運動療法など共通しているものもあります。ですから、両方の病気に効果のある治療法もあるでしょう。

Q.線維筋痛症や慢性疲労症候群は男性でも発症しますか?
A.はい。男性の患者さんは女性の患者さんの5分の1程度ですが、全くは発症しないということはありません。

Q.過度なストレスが線維筋痛症や慢性疲労症候群の原因と聞きました。
A.まだ確定はされていませんが、その可能性は十分にあります。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は線維筋痛症と慢性疲労症候群の違いや類似点を解説しました。この2つの病気はまだ解明されていないことも多く、診断を下したり治療を行ったりできる医師も数少ないのです。しかし、少しずつ病名や症状も認知されてきました。焦らず症状の改善を第一の目標に治療を続けていきましょう。

アタナハクリニック院長 矢崎 智子

監修者

矢崎 智子
アタナハクリニック院長
日本産科婦人科学会認定医/高濃度ビタミンC点滴療法学会理事/世界アンチエイジング学会認定医/日本内分泌学会・国際オーソモレキュラー医学会・病巣疾患研究会会員/日本線維筋痛症学会会員

1969年長野県生まれ。平成6年杏林大学医学部卒。産婦人科医としての経験を積んだあと、2005年11月、分子整合栄養医学に基づく栄養療法と東洋医学を中心とした統合医療をおこなうクリニックハイジーアを開設。関節リウマチや線維筋痛症、慢性疲労症候群、摂食障害など、通常治療困難とされる疾患や、不妊症などの婦人科疾患の治療において豊富な臨床経験を持つ。日本では数少ない機能性医療の専門家であり、最も経験豊富な一人。

平成24年、医療とヒーリングの統合を目指し、アタナハクリニックを開設。現在はキネシオロジー(筋肉反射テストを使ったセラピー)の一種であるインテグレートヒーリング(IH)を中心とした統合医療を行なっている。

著書
なぜあなたは食べすぎてしまうのか 低血糖症という病

雑誌掲載歴
2014年:『ゆほびか(6月号)』『スターピープル(vol49)』『スターピープル(Vol.48)』
2013年:『トリニティ(Vol.48)』
2011年:『日経ヘルス(1月号)』
2010年:『VoCE(12月号)』『AERA with BABY』『anan(1月20日号)』
2009年:『クロワッサン(6月10日号)』『クロワッサン(1月25日号)』