関節リウマチの初期症状は? 見分け方・セルフチェックの方法などを解説!

アタナハクリニック 院長 矢崎智子

記事監修
アタナハクリニック 院長 矢崎智子
免責事項について

「最近関節が痛むのは、もしかするとリウマチかもしれない」と悩んでいる人はいませんか? 確かに、関節の痛みはリウマチの代表的な症状です。しかし、初期症状は痛みよりもほかの症状が出やすく、リウマチと分かりにくいケースも珍しくありません。リウマチは早期発見、早期治療が大切な病気です。そのためには、リウマチの初期症状を知ることが大切になります。

今回は、リウマチの初期症状や治療方法を紹介しましょう。

  1. 関節リウマチの初期症状の見分け方
  2. 関節リウマチのセルフチェック
  3. 関節リウマチはどのような病気か?
  4. 関節​リウマチの治療方法
  5. リウマチの初期症状に関するよくある質問

この記事を読めば、関節リウマチを診療してくれる科や病院を受診する目安も分かります。関節リウマチについて知りたい人は、ぜひ読んでみてください。

1.関節リウマチの初期症状の見分け方

はじめに、関節リウマチの初期症状や症状の進み方を解説します。

1-1.初期症状は朝に現れやすい

関節リウマチの初期症状は、手のむくみ・こわばり・腫れなどが挙げられます。朝に最も症状が強く現れやすく、夜になると落ち着いてくるのが特徴です。ですから、最初は「寝違え」や「疲れ」と誤解することもあるでしょう。しかし、朝30分以上指のコワバリガ治まらず、その後はスムーズに動くようになるのはほかの病気にはないリウマチ独自の特徴です。

1-2.左右対称に症状が出やすいのはほかの病気にはない特徴

関節リウマチは、指の第二関節に症状が現れやすく、左右対称に症状が出ることも見分け方のポイントです。ただし、すべての人が手足の指の第二関節に症状が左右対称で現れるわけではありません。関節のむくみや腫れが1週間以上続いたら、「もしかしたら」と疑いましょう。

1-3.痛みがひどくなくても関節破壊は起こる

関節リウマチは、自分の免疫細胞が関節を攻撃して破壊していく病気です。関節破壊は、発症後すぐに進行します。一度破壊された関節は元に戻りません。ですから、早期に病名を判明させて治療することが大切です。

2.関節リウマチのセルフチェック

関節リウマチかもと思っている人は、以下のようなセルフチェックをしてみましょう。

  • 朝、30分以上の手のこわばりを感じる
  • ふたを開ける、ひもを結ぶなど細かい動作ができにくくなっている
  • 左右の指の第二関節が腫れている
  • 腫れている関節が熱を持っている
  • 腫れている関節を押すとぶよぶよとしている
  • 一週間以上、関節の腫れやむくみが治らない

このような症状に当てはまる場合は、至急病院を受診してください。

3.関節リウマチはどのような病気か?

この項では、関節リウマチの症状やなりやすい人などを紹介します。

3-1.関節リウマチは自己免疫疾患の1つ

関節リウマチは、本来は外部から体内に入ってくる細菌やウィルスを攻撃する免疫細胞が自分の体を攻撃し、関節の炎症や破壊を起こす病気です。最初は関節の腫れやこわばり・むくみなどの症状が現れ、進行すると関節の変形や破壊が起こります。治療しなければ、歩けなくなってしまうケースも珍しくありません。手足の関節に左右対称で症状が発生しやすいのも特徴の1つです。

3-2.女性の多い病気

関節リウマチは、30~50歳代の女性に多く発症します。男性も発症しますが、女性の4分の1程度です。働き盛りに発症する可能性が高いので、痛みや腫れをがまんしているうちに重症化するケースもあります。

3-3.早期治療が大切

前述したように、関節が破壊されて変形してしまえば治すことができません。関節の変形が起こらないうちに治療をすることが大切です。

4.リウマチの治療方法

この項では、リウマチの治療方法や病院の選び方を紹介します。

4-1.リウマチは根本的な治療がまだ見つかっていない

現在、リウマチの根本的な治療はありません。ですから、薬剤などを用いて症状の進行を遅らせることが主な治療方法です。また、関節が変形してしまった場合は、人工関節に付け替える手術をすすめられることもあります。

4-2.薬で症状をコントロールすることが大切

リウマチは、薬で症状をコントロールしていれば日常生活が問題なく送れるようになっています。大切なのは、将来を悲観しないことです。また、定期的に病院に通って関節の状態をチェックしてもらうことも重要になります。

4-3.リウマチを治療してくれる診療科

リウマチの治療は、「リウマチ科」という専門の診療科があります。リウマチは、血液検査をすれば分かる病気です。また、関節の状態を調べるためには、レントゲン検査や関節の超音波検査が用いられます。かかりつけの病院にリウマチ科がある場合は、まずはそこを受診しましょう。リウマチ科は個人病院にも総合病院にも設置されています。ですから、個人病院でまず診察を受け、大きい病院へ紹介状を書いてもらうことも可能です。

5.リウマチの初期症状に関するよくある質問

この項では、リウマチの初期症状に関する質問を紹介します。

Q.関節リウマチは、20代でも発症することがあるでしょうか?
A.はい。20代でも60代以降でも発症します。

Q.関節リウマチが原因でほかの病気を発症することはあるでしょうか?
A.関節リウマチが直接的な原因でほかの病気を発症することはありませんが、痛みや将来への不安からうつ状態になるケースはあります。

Q.関節リウマチを発症しても、仕事は続けられるでしょうか?
A.はい。もちろんです。薬で症状をコントロールすれば十分働けます。

Q.関節リウマチは食事制限が必要な病気ですか?
A.痛風とは異なるので、食事制限は必要ありません。

Q.関節リウマチはどのくらいのスピードで進行しますか?
A.人によって異なりますが、早い人だと発症して1か月くらいで関節の変形が始まることもあるでしょう。だからこそ、早期治療が大切です。

まとめ

いかがでしたか? 今回は、関節リウマチの初期症状や治療方法などを紹介しました。関節リウマチは決して珍しい病気ではありません。また、早期に治療を開始するほど病気の進行を遅らせることができます。関節のこわばりや腫れは、捻挫や疲れなどの原因でも起こるでしょう。しかし、毎朝30分ほどこわばりが続き、夜は比較的症状が出ない状態が1週間以上続く場合は、関節リウマチの可能性が高くなります。できるだけ早くリウマチ科を受診しましょう。内科などでは正確な診断が下せないこともあります。必ず専門医を受診してください。

アタナハクリニック院長 矢崎 智子

監修者

矢崎 智子
アタナハクリニック院長
日本産科婦人科学会認定医/高濃度ビタミンC点滴療法学会理事/世界アンチエイジング学会認定医/日本内分泌学会・国際オーソモレキュラー医学会・病巣疾患研究会会員/日本線維筋痛症学会会員

1969年長野県生まれ。平成6年杏林大学医学部卒。産婦人科医としての経験を積んだあと、2005年11月、分子整合栄養医学に基づく栄養療法と東洋医学を中心とした統合医療をおこなうクリニックハイジーアを開設。関節リウマチや線維筋痛症、慢性疲労症候群、摂食障害など、通常治療困難とされる疾患や、不妊症などの婦人科疾患の治療において豊富な臨床経験を持つ。日本では数少ない機能性医療の専門家であり、最も経験豊富な一人。

平成24年、医療とヒーリングの統合を目指し、アタナハクリニックを開設。現在はキネシオロジー(筋肉反射テストを使ったセラピー)の一種であるインテグレートヒーリング(IH)を中心とした統合医療を行なっている。

著書
なぜあなたは食べすぎてしまうのか 低血糖症という病

雑誌掲載歴
2014年:『ゆほびか(6月号)』『スターピープル(vol49)』『スターピープル(Vol.48)』
2013年:『トリニティ(Vol.48)』
2011年:『日経ヘルス(1月号)』
2010年:『VoCE(12月号)』『AERA with BABY』『anan(1月20日号)』
2009年:『クロワッサン(6月10日号)』『クロワッサン(1月25日号)』