食べても食べても満たされずに、食べすぎてしまうことを「過食(かしょく)」といいます。過食は本来の欲求を満たすものではなく、偽の欲望を充足するための代償行為といわれているのです。ですから、行為をくり返すたびに空(むな)しさや自己嫌悪を味わうことになるでしょう。また、恐怖・不安などのストレスが、過食に大きく関係しています。

過食から抜け出すためには、原因を知ることが大切です。本記事では、過食の基礎知識や原因・セルフチェック・改善のポイントなどについて説明します。

  1. 過食の基礎知識
  2. 過食の原因について
  3. 過食のセルフチェック
  4. 過食をやめるには?
  5. 過食症について
  6. 過食症の診断・治療について
  7. 過食に関するよくある質問

この記事を読むことで、過食症を改善するために必要な知識を身につけることができます。気になっている方や悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む


「関節の腫れやこわばりが気になる」「皮膚に紅斑(こうはん)や紫斑(しはん)が現れる」などの症状が出ている場合、膠原病(こうげんびょう)のおそれがあります。膠原病が悪化すると、関節の変形や臓器に障害が起こり、日常生活に支障をきたしかねません。また、1度進行した障害はもとに戻らないといわれているため、早期発見が大きなポイントです。そこで、本記事では、膠原病の基礎知識や原因・症状・経過と影響・治療法について説明します。

  1. 膠原病の基礎知識
  2. 膠原病の原因
  3. 膠原病の症状
  4. 膠原病の経過と影響
  5. 膠原病の治療について
  6. 膠原病に関してよくある質問

この記事を読むことで、膠原病の原因や症状・治療法などについて詳しく知ることができます。悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む


複合性局所疼痛症候群(CRPS)とは、ケガや手術など激しい痛みを感じる事柄が起こった後、ケガや手術の際についた傷が治っても、慢性的な痛みが続く病気です。痛みのほかには、骨の萎縮やむくみなどがみられ、適切な治療を受けないと長期間痛みや不調で苦しむこともあるでしょう。また、自分が複合性局所疼痛症候群であると気づかず、痛みに悩まされている人もいると思います。
そこで、今回は複合性局所疼痛症候群の症状や診断基準・治療方法などを解説しましょう。

  1. 複合性局所疼痛症候群の基礎知識
  2. 複合性局所疼痛症候群の治療について
  3. 複合性局所疼痛症候群に関するよくある質問

この記事を読めば、複合性局所疼痛症候群が疑われる症状が現れた場合、すぐに適切な対応をすることができます。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


線維筋痛症とは、身体のあちこちに激しい痛みが出るのに、検査をしても全く異常が出ない病気のことです。痛む場所が日によって変わることもあるので心因性の病気と誤診されることも珍しくありません。現在は、現在はこのに病気に対する理解も広まってきており、早期診断も可能になってきました。しかし、まだ「どのような病院でも診断が可能」と言うわけではありません。そのため、自分が線維筋痛症だと気がつかずに悩んでいる人も、いまだたくさんいます。また、治療法を探している人も多いことでしょう。

今回は、線維筋痛症の診断方法である圧痛点の話を中心に、線維筋痛症について解説します。

  1. 線維筋痛症の基礎知識
  2. 線維筋痛症の診断方法
  3. 線維筋痛症の治療について
  4. 線維筋痛症に関するよくある質問

この記事を読めば、線維筋痛症の自覚症状や特徴などもよく分かるでしょう。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


チョコレート嚢胞(のうほう)の症状や治療法をご存じでしょうか? チョコレート嚢胞は不妊症の原因にもなる怖い病気です。卵巣がんを引き起こすこともあるため、早めの診断と治療開始が望ましいでしょう。生理のたびにつらい症状に悩まされているという女性は、できるだけ早く病院を受診してください。この記事では、チョコレート嚢胞の原因や症状・治療法・セルフケアのポイントなどをまとめてご紹介しましょう。

  1. チョコレート嚢胞の基礎知識
  2. チョコレート嚢胞の症状
  3. チョコレート嚢胞の経過と影響
  4. チョコレート嚢胞の検診と治療について
  5. チョコレート嚢胞のセルフケア
  6. チョコレート嚢胞に関するよくある質問

この記事を読むことでチョコレート嚢胞という病気についてわかるはずです。ぜひ参考にして自分の症状と向き合ってください。

続きを読む


パニック障害とは、突然、動悸(どうき)や息切れ・強い不安感といったパニック発作が生じる病気です。命に別状はありませんが、発作がくり返されると、「いつ発作が起きるか」という予期不安に襲われて外出もままならなくなることもあるでしょう。また、発作を起こしやすい公共交通機関や広い場所、容易に出られない閉ざされた場所に恐怖を感じる「広場恐怖症」を併発する可能性もあります。パニック障害は、100人に1人の割合で発症する病気です。しかし、まだ病気に対する理解度は高いとは言えません。誰にも相談できずに悩んでいる人もいるでしょう。

そこで今回は、パニック障害の症状や原因、治療方法について解説します。

  1. パニック障害とはどんな病気?
  2. パニック障害の症状は?
  3. パニック障害の原因は?
  4. パニック障害の治療法について
  5. パニック発作を予防するには?

この記事を読めば、パニック障害への理解も深まるでしょう。パニック障害のについて知りたい方は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


「子どもが訴えている痛みの原因が分からない」「子どもが登校拒否をする」など、当てはまる場合、若年性線維筋痛症の可能性があります。若年性線維筋痛症を放置すれば、さらに症状が悪化し、完治するまで時間がかかるでしょう。しかし、きちんと基礎知識を身につけておけば、早期治療ができ、良好な予後が期待できると言われているので安心してください。本記事では、若年性線維筋痛症の基礎知識や症状・原因・経過と影響・治療法・セルフケアについて説明します。

  1. 若年性線維筋痛症の基礎知識
  2. 若年性線維筋痛症の症状
  3. 若年性線維筋痛症の原因
  4. 若年性線維筋痛症の経過と影響
  5. 若年性線維筋痛症の治療法
  6. 若年性線維筋痛症のセルフケア
  7. 若年性線維筋痛症に関してよくある質問

この記事を読むことで、若年性線維筋痛症について詳しく知ることができ、適切な治療が受けられます。悩んでいる方や治療法を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む


平成4年の国民生活基礎調査によると、「手足の関節が痛む」と訴える人は日本全国で560万人にもおよびます。「きっと、年を取ったからだろう」と楽観視している方も多いと思いでしょう。しかし、中にはリウマチ性筋痛症という難病が原因のこともあります。もしも、リウマチ性筋痛症であれば早めにを始めなければいけません。そこで、今回はリウマチ性筋痛症の治療法についてご紹介します。自分の症状と照らし合わせてみましょう!

  1. リウマチ性筋痛症とは?
  2. リウマチ性筋痛症の原因は?
  3. リウマチ性筋痛症の発生場所と主な症状について
  4. リウマチ性筋痛症の病状経過と影響について
  5. リウマチ性筋痛症の治療について
  6. リウマチ性筋痛症のセルフケア
  7. リウマチ性筋痛症に関してよくある質問

この記事を読むことで、リウマチ性筋痛症に関する基本的な知識を得ることができます。後悔しないためにも、しっかりとリウマチ性筋痛症について学んでいきましょう。

続きを読む


内臓疲労とは、暴飲暴食・過度な小食・運動のし過ぎなどが原因で起こる内臓の不調です。病気ではありませんが、内臓疲労をそのままにしておくと常に体が重く、肌荒れや便秘・下痢などの不調が出てきます。さらに、免疫力も低下してさまざまな病気になる可能性もあるでしょう。特に、夏や年末年始は内臓が疲れやすい時期です。

そこで今回は、内臓疲労の原因や対処方法・予防法を解説します。

  1. 内臓疲労の基礎知識
  2. 内臓疲労と間違えやすい病気
  3. 内臓疲労の回復方法・予防法
  4. 内臓疲労に関するよくある質問

この記事を読めば、内臓が疲れ気味の時、どうしたらよいのかもよく分かるでしょう。最近、食欲がないという方や疲れやすいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む


「全身がだるい」「疲れやすい」と感じている方はいませんか? だるさは、睡眠不足や疲労などが原因で起こりやすい体の不調の一種です。十分な休養を取れば回復することも多いのですが、重大な病気の症状である可能性もあります。
今回は、全身だるい、疲れやすいといった症状の原因と対処法や予防方法を解説しましょう。

  1. だるさの基礎知識
  2. だるさの対処方法
  3. だるさの予防方法
  4. 全身のたるさに対するよくある質問

この記事を読めば、体がだるくてつらい時、どうすればよいのか分かりますよ。体がよくだるくなる、疲れやすいという方は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む