「難病」の原因としてのマイコプラズマ⑧~新しい脂質抗原抗体検査

みなさま、こんばんは。

マイコプラズマの続きです。

 

さて前回、現行の検査ではマイコプラズマ感染の診断がなかなか難しいことを書きました。

しかし幸いなことに、新しいマイコプラズマ感染症の検査が開発され、2012年より指定医療機関で検査が可能になったのです。

 

その検査とは、マイコプラズマの細胞膜にある、種に特異的な糖脂質抗原に対する抗体を調べるものです。

 

細菌の細胞壁や細胞膜には、糖脂質というものがあります。

糖脂質は生体機能の制御に関与しているとともに、エンドトキシンなどの病因物質となったり、アジュバント活性(免疫応答を活性化させる性質)を持つなどということで、近年注目されている物質です。

糖脂質は構造が複雑で精製が難しいため、不明な点が多いのですが、日本の研究者(後述します)が歳月をかけて研究し、マイコプラズマ細胞膜の糖脂質を解析し、ようやくその精製および合成に成功したのです。

その論文はこちらです。

 

検査方法は、微生物由来の抗原とそれに反応する血液中の抗体の量を酵素を標識して調べるという方法(ELISA法)という方法ですが、今まであったELISA法(保険未収載)とは違い、種に特異的な抗原であるというところがポイントです。

種に特異的な抗原というのは、マイコプラズマ・ニューモニエであれば、ニューモニエだけにしかない抗原(抗体を作り出す物質)だということですが、その抗原に対して反応する抗体を測定するので、ニューモニエの感染がある(またはあった)ことを明瞭に診断することができることができます。

抗体を定量的に数値で測定できるため、感染の強さの度合いを判断することができます。

また、IgM抗体とIgG抗体を調べることで、感染の時期の診断ができ、また治療経過に沿って調べることで抗体価の比較ができ、治療効果の判定などの判断に役立ちます。

 

今のところ調べられるのはニューモニエとファーメンタンスだけですが、これは、急性期のマイコプラズマ肺炎を除いて、今まで検査をしても判定に難渋し、対処に困ることが多かった状況に比べると、とても画期的なことです。

まず、マイコプラズマ・ニューモニエ感染で典型的な肺炎像を示さずに肺以外の症状を呈している症例、急性期を過ぎて慢性化した症例などで非常に有用と考えられますし、ファーメンタンスに至っては、今まで検査法がなかったことを考えれば、特にエポック・メイキングな検査であると考えられます。

慢性疲労症候群や線維筋痛症、関節リウマチなどでは特にファーメンタンスの関与が疑われるからです。

もちろんマイコプラズマ感染症がこれらの難病の原因の全てではないにしても、これによって救われる患者様は確実に増えるでしょう。

特に、症状が何らかの炎症(風邪症状や尿道炎症状など)で始まった慢性疲労症候群や線維筋痛症、関節リウマチなどでは、マイコプラズマ感染を疑ってみることは価値のあることだと思います。

私や私の医師仲間の患者様でも、そのような改善例が着実に増えてきています。

 

マイコプラズマが関与すると考えられる疾患は18日のブログに書きましたが、このような病気でお困りの方はぜひ検査をお受けになることをおすすめします。

 

次回は、マイコプラズマの感染経路についてや、これら難病が増えた背景について書きたいと思います。

 

 

 

☆このマイコプラズマ脂質抗原抗体検査を開発した、マイコプラズマ感染症研究センター長・松田和洋医師と、矢崎による患者様向け無料セミナーを開催します☆

 

マイコプラズマ研究の専門家であり、新しい脂質抗原抗体検査を開発した松田和洋医師をお招きし、セミナーを開催します。

新しいマイコプラズマ検査について詳しく知ることができる貴重な機会です。

矢崎による、慢性疲労症候群や線維筋痛症、関節リウマチの統合医療的な治療経験についてもお話させていただきます。

<セミナー内容>

・慢性疲労症候群・線維筋痛症・関節リウマチなどの「難病」とマイコプラズマの関係

・これらの難病に対する統合医療的アプローチ

・マイコプラズマ脂質抗原抗体検査について

・マイコプラズマ脂質抗原抗体検査を通して明らかになってきたマイコプラズマ感染症

など

 

開催日時 2013年2月6日(水) 14~17時

場所 アタナハクリニック(東京都渋谷区)

講師:松田和洋(マイコプラズマ感染症研究センター長)、矢崎智子(アタナハクリニック院長)

定員 8名 (希望者多数の場合は先着順とさせていただきます)

お申し込み TEL 03-6314-3507

またはE-Mail info@atanaha-clinic.jp

まで、お名前、ご住所、お電話番号、おかかりの病名についてお書の上、お申し込みください。

 

マイコプラズマ脂質抗原抗体検査と治療のページはこちら