IHのご感想【1回のIHで化学物質過敏症が劇的に改善した患者さま】

皆さま、こんにちは!

カラダを通して魂を癒すドクター、矢崎智子です。

 
さて今回は、1回のインテグレートヒーリング(IH)で化学物質過敏症の症状が劇的に改善した患者さまについて、シェアさせていただきたいと思います(患者さまの同意は得ています)。

 
患者さまは30代後半の女性の方です。

もともと強い月経前症候群(PMS)の症状があり、私のところで栄養療法を受けられ、だいぶ改善されたという経緯があります。

その後、シックハウス症候群の後遺症で、めまい・頭痛・鼻炎・鼻づまりなどの症状がおありということだったので、歯科をご紹介したところ、アマルガム(水銀が入った歯の詰め物)があることがわかったので、歯科で安全にアマルガムを除去していただき、その後に点滴による重金属キレーション療法もさせていただきました。

それから3年ほどたち、再度受診されたのですが、症状はだいぶ改善したとのことなのですが、まだ香料に過敏である、胃がもたれるなどの症状が残っており、化学物質過敏症と診断されているということでした。

患者さまは、再度の血液検査と栄養療法を希望されたのですが、筋肉反射テストでカラダに原因を聞いたところ、物理的な原因ではなく、感情的なものが原因だ、ということだったので、IHをさせていただいたわけです。
(*筋肉反射テストは診断にはなりませんので、あくまで医療情報の一部としての情報です)

そのIHの後のご感想です。

 
矢崎智子先生

おかげさまでその後元気に過ごしております。
体調や気分について、驚くことが多く起こりました。

 

1.IHセッションを受けられたご感想をお聞かせください。

IHについてはアタナハクリニックにおいてあるリーフレットとホームページでしか知らなかったので、期待していいのかどうかわかりませんでした。

受けた後すぐに体調や気分に大きな変化があり、驚いています。いろいろな人に伝えたくなりました。

 
2.受けた後、ご気分や体調、周りの状況などに変化がありましたら、どのように変化があったかお教えください。

・手足が温かくなった

IHを受けてからのクリニックからの帰り道に両手の手のひらが温かいことに気づきました。

前回うかがったときに待合室で読んだあいうべ体操をやってみたときと同じ状態でした。

翌日には足の裏も温かいことに気づき、手も足も温かいのがずっと続いています。

・香りの刺激や影響を受けにくくなった、疲れにくくなった

○月△日(セッションを受けた日)の午後は新潟県での会合に出る予定で、往復新幹線で移動しました。

5か月前にも長岡市を訪ねていて、新幹線の客車内の空気がわるく座っているのがつらかったので、往復デッキに立っていました。

△日はマスクはしていましたが、往復とも客車に座っていても空気の悪さをそれほど辛く感じることもなく、翌日にも頭痛がおきませんでした(長時間乗り物に乗ると香料などを刺激に感じ、翌日は一日頭痛、足元の軽いふらつきがあり、このため出かけるのが億劫になっていました)。

翌日も地下鉄に乗ってでかけ、二日連続で乗り物にのって出かけることができ、頭痛やめまいもおきず、翌日は通常通り出勤できました。

・肩こりが軽減し、痛みがなくなった

仕事は一日中デスクワークでパソコンを使って主に作図をしています。

作業中に肩から首にかけて固まってくるような重さを感じていましたが、肩こりはしているようではあるものの軽くなって驚いています。

手の親指の付け根や肘の横の肩こりのツボ?を押すととても痛かったのが、まったく痛くなくなりました。

20代前半から首、肩、背中の左側に痛みを感じていて、30代になってから通い続いている整骨院での治療で痛みは軽く、部分的になっていたものの、痛みに記憶だけが残り続けているのか、右はいくら凝っても痛みを感じず、左側ばかり痛むことが続いていましたが、左側の痛みがまったくなくなりました。

代わりに右の凝った部分を押されると痛みを感じるようになったので、痛みの記憶?のアンバランスだったのが調整されたのかと思います。

・尿量の変化

これまで1時間に一度は尿意を感じ、尿量が多いことも気になっていました。水、お湯をなるべく飲むようにしていますが、飲んだ量よりも多く尿が出ているようでいつも不思議に思っていました。

それがIHを受けてその日から、尿意を感じる頻度が少し減って、尿量が8~7割程度になっているように思います。

・頭の中が整理された

必要なことと、不必要なことが頭の中で整理されて、具体的に考えやすくなったように感じます。仕事のケリがつけやすくなり、次に取り掛かりやすくなりました。

・おなかが前より空かなくなった

食欲自体が減ったわけではないのですが、我慢できないほどの空腹を感じることがなくなり、以前ほど間食しなくてもよくなりました。

 
3.セッションを受けたことで、何かご自分に気づきがありましたらお教えください。

疲れやすさの原因がエネルギー漏れという指摘をうけ、体全体のエネルギーが下がっていたから香料などの化学物質といった、外からの刺激を受けやすくなっていたのかと思いました。

おなかが空かなくなったり、尿の量が減ったり、頭の中の整理がつけやすくなったのは、これまで漏れていたものがとまったのかなあと感じています。

我慢できないほどの空腹を感じると間食のために小額ですがお金を使うことが多かったので、お金も漏れていたと気づきました。

喜びの制限が母からきているというのは、そういうところもあるかなとは思いますが、そんなに大きく影響を受けているかどうか、よくわからないところもあります。

人に合わせすぎることで感じる窮屈さが、疲れの原因になっているのではないかと感じるようになり、そこを改善したいと思うようになりました。

 
4.セッションでテーマになった問題やお悩みについてのストレス度合いについてお教え下さい。

10段階評価で10が一番ストレスが強い状態だとすると、
セッション前のストレス度合いは(10) セッション後は(1~2)

セッション前では考えられないほど元気になっているので、0にしたいところですが、まだ改善の余地があるのかもしれない、と思い、1~2にします。

 
とのことでした。

ちなみにこれはUIHではなく、普通のIHでした。

テーマも、「化学物質過敏症」ではカラダがOKしてくれず、「疲れやすい」と言うテーマで始めたIHだったので、化学物質過敏症の症状がこんなに改善することは予想しておらず、やった私もびっくりしました(笑)

「漏れてる」というのは、セッション中に「エネルギーが漏れている」とカラダが伝えてきたのでした。

心当たりのある症状としては、食べても食べてもお腹がすく、食べても太らない、午後3時ごろおやつを食べても帰宅する頃にはまたお腹がすいて、何か食べてしまう、ということでした。

低血糖症か?とカラダに聞いたら、そうではなく、エネルギー漏れ、ということだったのでした。

それが、IHの後は前ほど空腹を感じることがなくなり、間食も減ったということだったのでした。

そしてそのエネルギー漏れが何から来ていたのか、というと、お母さまから継承していた「喜びを受け取ってはいけない」という信念(思い込み)だったのでした。

喜びの制限がどのようにしてエネルギー漏れにつながるのかは定かではないのですが、とにかくこの方は自分の喜びを受け取ること、楽しむことにかなりの制限をかけていらっしゃったようでした。

そしてその調整をしたところ、このような結果だったのです。

 
いや~、キネシオロジーって本当に面白いですね(^^)

 
全ての化学物質過敏症がこのような理由ではないでしょうが、現代医学的には化学物質過敏症の治療は化学物質のばく露を避けるなどしかなく、決定的な治療がないわけです。

やはりカラダに直接聴けるキネシオロジーは、こういった場合にこそ有益だと思います。

化学物質過敏症に悩んでいらっしゃる方のご参考になれば幸いです☆

 
医師から受けられるインテグレートヒーリングはこちら

アタナハクリニックのHPはこちら

IMG_6945

IHのご感想【痛みレベルが0〜3になった全身痛の患者さま】

みなさま、こんにちは!

カラダを通して魂を癒すドクター、矢崎智子です。

 
今日は、全身痛の患者さまからIHのご感想をいただきましたので、ご紹介させていただきます。(患者さまの同意は得ています)。

 
患者さまは40代前半の主婦の方で、初診時の症状は、2年ほど前から続く頭痛、肩、腰、臀部、股関節、膝などほぼ全身の痛みで、その日によって痛む部位が移動するということでした。
(患者さまのご希望により病名は伏せさせていただきます)

薬物治療で炎症は治まりましたが、痛みには効果がなく、鎮痛剤で出血性胃炎になるなど、薬に敏感なために強い薬は飲めず、トリガーポイント注射・プラセンタ注射・マイヤーズカクテル・はり治療など、様々な代替療法を試みましたが、痛みには効果がなかったとのことでした。

この方に4回インテグレートヒーリング(IH)をさせていただいた後のご感想です(最後の1回はUIHでした)。

 

矢崎先生
お世話になっております。○○です。

お電話にてプロバイオティクスとマグネシウムのサプリを再注文し、発送して頂くことになりました。
この二点は身体に合っている感覚があるためもうしばらく続けていきたいと思っています。

前回からの変化としては、体重が増えました。
以前は何を食べても、どんなに食べても太らず、逆にそれが怖くて仕方がなかったのですが、今は食べたら太るようになり、ある意味正常な反応になった感覚があります。
ただし、うっかり調子に乗ると吐き気が出ることが先月から今月にかけても何回かあったので、全く心配がないわけではありません。

お尻の肉がついてきたからなのか、椅子に座っている時、以前よりお尻の痛みが減ってきました
ただ、痛みは他の部位にもありますので、そのあたりは相変わらず行ったり来たりです。
 
そして、痛みレベルが(マックス10として)0~3の範囲内をウロウロが多いので、本当に過ごしやすくなりました。

そして、先日、セミナーというものにはじめてチャレンジしました。
私は△△が好きなので、その学びをもう少し深めたい気持ちが以前からありました。

ただ、セミナー時間が一日10時~18時とかなり長く、闘病してからこれほどまでの拘束時間は一度も経験したことがなかったので、かなり不安だったのです。

しかし思いのほか、丸二日間こなすことができました。(西洋のお薬は使いました)

もともと二日連日出る自信はなかったので、一か月おきに一日ずつ、で先方にご了承を頂いていたのですが、二日目の朝、勢いに任せて行きたい気分になり えいっと踏み込んだら出来てしまった感じです。

セミナー中は、多分夢中になっていたからだと思うのですが、痛みがあっても1程度で、本当に楽に過ごせていたと思います。

何より講座の内容のことで夢中でした。

ただ、今回のセミナーは大人数で、私にとってはそれが相変わらず苦痛でした。
(一人や少人数で過ごすのが好きです)

学びたいけれど、大人数に交じるのが嫌い。
そこに長いこと揺れましたが△△を学びたかったので、思い切って飛び込みました。

 
この方は、強い痛みや疲労感のため、初診時はクリニックまでいらっしゃるのがやっと、という状態だったのですが、3回のIHと1回のUIHでマックス10の痛みが0〜3になり、2日間のセミナーに出られるまでになられたそうです。(最初のヒーリングから約半年)

痛みのためにやりたいことができなかった方が、このようにやりたいことをやれるようになられるというのは、ヒーリングをさせていただいた側としても、とても嬉しいことですキラキラ

 
(続き)

(セミナーで)実際大人数と過ごす時間は、やはり面倒だな~とか、疲れるな~とか、ストレスだな~、と感じて過ごしていました。

お昼休憩も、ランチに誘われましたが、私はお昼位一人にさせてくれ、という思いが強いため、やんわり断って二日間とも一人で外へ出かけて食べました。
私にとって一人になる時間はやはり大切だと感じました。

以前の私なら無理して一緒にランチして余計ストレスを溜めていたと思うので、はっきり言えるようになっただけでも進歩だとは思っています。

ただ、この二日間疲れと人疲れで、肌荒れが酷くなったり摂食障害は帰宅後何度か出ました。
つくづく人付き合いが苦手なのだな~と実感しております。

相変わらずひょんなことから摂食障害がでますが、その都度、どうしてそうなったのかな?と問いかけます。自分を責める感覚とは違います。

~してしまった、ではなく、『私は~した』、なぜしたの? ‥そんな感じの問いかけです。

 
この方は、最近はだいぶよくなられてはいたものの(むしろ胃腸障害であまり食べられなくなっていた)、若い頃から摂食障害がおありだったそうです。

おそらくかなり栄養失調もあったと思われるのに加え、2〜3年ほど子育てしながらお仕事もされ、かなりハードな生活を送っていらしたところ、筋肉痛から症状が始まり、全身に広がっていったそうです。

ふつう、摂食障害の方は、食べたくないと思っているのに食べてしまうという症状のために、自己否定・自己卑下の気持ちがとても強くなってしまうのですが、そのような自分を責める感覚が変わってきた、とのことです。

食べすぎてしまうのも頑張りすぎてしまうのも、自分の価値を認められない自分を愛せない、ということが、多くの場合その土台になっています(どんな病気もそうだと言えるかもしれませんが)。

こんな風に、食べてしまったけれど自分を責める気持ちからではなく、なぜ食べてしまったのだろう?と、単に自分に問いかけられるようになられたのは、とても大きな変化ですキラキラ

また、以前は人付き合いが苦手と思っていても、誘いを断ることができずに無理して付き合っていたそうなのですが、それを断れるようになったというのも、自分を大事にできるようになったということだと思います。

さらに元気になられて、生き生きとこの人生でやりたいことを存分に楽しんでやっていただければと思いますヒマワリ

 
ちなみにこの方に行ったIHの内容は、ご家族や友人などに対する感情について、リラックスすること、自分らしさなどについての調整、および胃の不調に関係していた真菌や重金属の影響や、筋肉などの医学的情報をピックアップしての身体の調整でした。

また、筋肉や神経のリラックスやエネルギー産生に関わるマグネシウムの補充や、腸内環境を改善するプロバイオティクスのような治療レベルのサプリメントも、相乗効果で役に立ったのではと思います。

 
このように、IHでは、病気の症状が良くなられるだけではなく、人生が楽になり、幸せな方向に向かっていかれる方が多いです。

難病だからといって諦める必要はありません。どんな病気でも希望はあります。

ご興味がある方は、ぜひ一度医師によるインテグレートヒーリングをお受けになってみてくださいね。(^ ^)

 
アタナハクリニックのご予約はこちら TEL 044-712-0247

インテグレートヒーリングについてはこちら

リラックス
 

最近のIH(インテグレートヒーリング)・UIHについて

 
皆さま、こんにちは!

カラダを通して魂を癒すドクター、矢崎智子です。

またまたお久しぶりのブログ更新になってしまいました~

 
さて、新しいやり方で始めた最近のインテグレートヒーリング(IH)ですが、明らかに以前に比べ、違った結果が出るようになってきています。

 
・今まで自然妊娠されたことがなく、数十回以上体外受精にトライされてきた方が、自然妊娠された・・・

・集中力の低下、頭がぼーっとする、やる気が起きない、慢性的な疲労感、などの症状が、1回のIHの数日後に以前とは比較にならないほど集中力が向上した・・・

・1回のセッション終了後、パートナーとの関係性が格段に良くなった・・・

・末期がんの痛みが、1回のセッションで、ほぼなくなったと感じるほど軽くなった・・・

などのフィードバックをいただいています。

 
今日は、なぜ今までのIHと違った結果が出るのかということについて書いてみたいと思います。
(IHをご存じない方にはわかりにくいかもしれません。私の独り言のようになってしまうかもしれませんが(←いつものことかA(^_^; )、お許しください。)
 

以前のIH(普通のIH)も素晴らしかったのですが、効果の出方の違う点は、即効性があることと、効果がわかりやすいことです(もちろん効果には個人差があります)。

 
わかりにくくなってしまうので、普通のIHと分けるために、新しいやり方のIHを、暫定的に「Ultimate Integrated Healing:UIH (究極のIH)」(他に言葉が思い浮かばない・・・)と呼ぶことにしますね。

 
UIHがIHと違う点は、いくつかありますが、大きいのはまず筋肉反射の取り方が違うことです。

IHをはじめ普通のキネシオロジーでは、筋肉反射をとる際にクライアントさんにある程度の力を入れてもらって筋肉の位置を維持していただく必要があるのですが、UIHでは完全に脱力していただいた状態で筋肉反射をとるので、より深い部分の情報がとれるのです。

私の経験上、今までのIHでは、クライアントさんの持つイシューやブロックがある深さよりも深い場合、それらを筋肉反射によってピックアップすることができませんでした。

クライアントさんが、顕在意識的には”今の状況を変えたい”(たとえば”病気を治したい”)、といくら強く願っていたとしても、ものすごく深いところでそれを阻む要因がある場合、カラダはそれを隠すので、筋肉反射で拾い上げることができないのです(少しでも筋肉に力が入っていると、ブロックが入りやすくなります)。

だから、何回IHを繰り返しても、全く変わらない、改善しない、という方がいらした場合、ある深さより浅い情報しか取れておらず、表面的な調整しかできていない、ということが起きているのではないかと思います。

この筋肉反射テストの違いは、かなり大きな違いです。
 

よく、キネシオロジーの素晴らしさを伝える説明として、私たちのマインドはウソをつけるのに対し、「カラダはウソをつかない」(=だから筋肉反射テストで真実を導き出せる)、というのがあるのですが、いやいやいや〜、カラダもウソをつきますガーン

(もちろん、カラダにセラピストをだまそうとかいう意図があるわけではなく、単に自分を守るためにそうしているのであって、ウソというには語弊がありますが・・・)

深い変容を起こすためには、そういうブロックをかいくぐって、本当のカラダの本音のホンネにアプローチしていきたいわけで、そのためには今のやり方の筋肉反射テストは適したやり方だと思います。

(*ただし、病気は必ずしも”治すべき”ものや”治さなければならない”ものではなく、ご本人の魂がそれを選んでいることもありますし、深いレベルのブロックを外したからといって全て治るというものでもないと思います。)

 
そしてもう一つ大きいのは、プロトコル(IHで行うメニュー のようなもの)を、普通のIHでは1回のセッションにつき一つしか使わないということになっているのですが、UIHでは複数のプロトコルを使うということです(普通のIHではご法度です)。

プロトコルを複数使うということは、私はとても理にかなっていると思います。
なぜかというと、一つの問題には大抵一つの原因ではなく、複数の原因が絡んでいるからです。

 
例えば、月経困難症(生理痛)を例にとってみます。

もっとも考えられるメタフィジカルな原因は、ざっくり言えば「女性性のブロック」なのですが(女性性を受け入れていないなど)、女性性のブロックを引き起こす要因としては、

・過去世など目に見えないエネルギーの影響(過去世で女性としてつらい目にあった、男性に抑圧されたなど)

・遺伝(女性らしくない性質や、女性ホルモンが出にくいなど)

・母親や祖母からの思い込みやエネルギーの継承(母や祖母が女性性を抑圧している場合、遺伝とは別にそれを受け継ぐ)

・幼少時の環境(父親や母親との関係においての問題や、女性らしく育てられなかったなど)

・脳の問題(卵巣の司令塔である視床下部や下垂体がうまく働いていないなど)

・扁桃体(脳の一部分)(扁桃体にトラウマが多すぎてサバイバルモードになっており、女性性を育むところまでいかない)

・・・

などの原因がありえます。

その結果として、女性性が抑圧され、生理痛という症状が起こるわけです。(他の婦人科疾患にも共通していると思います)

(*上記のようなメタフィジカルな原因が、(医学的に月経困難症の原因とされている)プロスタグランジンの過剰産生や女性ホルモンのアンバランスという形で、三次元的(フィジカル)に表出され、症状につながっていくわけです)

 
そしてこれらの要因は、それぞれ使うプロトコルが違います。

ということは、普通のIHで「月経困難症(生理痛)」をテーマにセッションを行って、プロトコルを一つしか選ばないのであれば、上記の原因のうちの大まかには一つしか調整ができないということになり、残ったものは違うセッションで扱わなければ、 取りこぼしということになります。

それだけたくさん調整するということは強い好転反応も起こりえるので、安全のためにIHでは一つのプロトコルしかやらないということになっているのですが 、私は病気の治療を目的にIHを行なっているので、時間との勝負という側面もあるので、なるべく1回のセッションで多くの調整を行いたいわけです。

もちろん1回につき一つのプロトコルでも変容は起こりますし、普通のIHが良くないとか否定しているわけではありません。
(ヒーリングというのは不思議なもので、必ずしもセッションの情報量が多ければよいということでもないので)

 
好転反応については、やはり注意しなければならないと思います。

最初にあげた例の「パートナーとの関係が良くなった」という患者さまですが、子宮筋腫の治療を目的にいらっしゃった方で、1回目のセッションで女性性についてのイシューがたくさん出てきたので、その調整を行ないました。

そうしましたらセッション後、ホットフラッシュのようなのぼせや汗、目にみえてわかるほどのお肌のたるみなど、更年期障害のような症状がドッと出たそうです。

それらの症状は2週間程度で収まり、パートナーとの関係が驚くほど良くなった、女性らしくあることに気を使うようになった、などの変化があったとのことでした。

ご本人さまは、底によどんでいた澱(おり)のようなものが出てきたのではないか、とおっしゃっていました。

更年期障害のような好転反応が出たというのは初めてですが、興味深いですね。

私なりの対策をとっておりますが、大きな変容が起きる時には、こういったことも含め、いろいろなことが起こりうるわけです。
(とはいうものの、変容が大きいから必ずしも好転反応が起こるわけでもないです。本当に色々ですね。)

 
また、情報量が全体的に格段に増えたことに伴ってか、ピックアップする医学的な情報もぐっと増えました。

医学書や医学論文、学会やセミナー資料の情報などがバンバン出てきて、とても役に立っています。

もちろん今までもピックアップしていましたが、量や専門的な情報が増え、カラダから求められることが高度になったような・・・?

すでに多くの方のセッションをやらせていただいておりますが、これからどんなフィードバックをいただけるか、とても楽しみですアップ

 
というわけで、私のIHもどんどん進化しております。

受けてみたいと思われる方は、アタナハクリニック TEL 044-712-0247 までおいでくださいませ〜。

img_8461

(最後はちょっとおどけてみました・・)

 
インテグレートヒーリングについてはこちら

 

 

NYに行ってきました♬

 
皆さま、こんにちは!
カラダを通して魂を癒すドクター、矢崎智子です^^
 

さて、7年ぶりにNYに行ってまいりました!

知る人ぞ知るNY在住のカリスマキネシオロジスト、のりこさんのキネシオロジー上級クラスを受けるためです。

IH(インテグレートヒーリング)を始めて1年とちょっと、のべ300人以上の方にIHをやらせていただき、今までやってきたヒーリングを超える素晴らしい効果も感じましたが(いいとか悪いとかではありませんが)、正直、限界も感じはじめていました。

IHの限界というより、筋肉反射テストの限界というか・・・
(たかだか1年ちょっとの経験なので、キネシのベテランの方には怒られるかもしれませんが・・・)

そして、IHで出てこない深いレベルの肉体の条件付けが、ボディラブトリニティ(BLT)のフルセッションで外れていくのも見てきました。

方向性の転換を迫られているのか?と、いろいろ考えていたタイミングで、今回のクラスを受講し、目からウロコがボロボロと落ちまくりました。

 
のりこさんのセッションは、IHをベースにしていますが、のりこさんの長い経験と研究からアレンジされたもので、IHの正式なクラスで習うこととは違う部分がかなりあります。

カラダが抵抗を起こすため筋肉反射ではなかなか出てきづらい深いイシューの情報の取り方や、筋肉反射をブロックしてしまうエネルギー的な要因とその外し方、全方向的で幅広くかつ深いレベルの情報の挙げ方、そしてそれに対する細やかな調整法の使い分けなど・・・

まるで職人のようにIHをこつこつと何千件もやってこられ、研究し、深めてこられたのりこさんならではのノウハウを惜しげもなくシェアしていただき、セミナー中何度膝を打ったかわかりません。

IHでここまでできるのか!という驚きと、まさにこれが私が聞きたかった情報だ!!という感銘でいっぱいでした。

そして、すべてのベースにのりこさんのスピリチュアリティに関する深い理解と愛があり、安心して受けることができました。

クラスを受ける前に2回個人セッションを受けたので(なんと4時間と3時間半!!)、それによる解放もあり、しみじみといろんな意味で学びと収穫の多いNYでありました。
 

行ってよかった〜〜!!

 
まずは、のりこさん流IHのやり方を愚直に取り入れてやってみたいと思います。
それから、わたし流に自然にアレンジされていくのではないかな。

わたし的な解釈では、IHはトリニティでいう2Dの究極です。
つまり、”方法論”の究極であって、”覚醒”とはまた違うという理解。(わかりませんけど)
(*覚醒とは”あり方”なので、方法論ではありません)

でも、ただ、目覚めましょう、というのは、根深いブロック(条件付け)をたくさん持っている人にとっては遠すぎることがあるのも事実。

トリニティの無条件の愛の世界に目覚めるための道筋の一つとして、IHをより深いレベルで提供できることは、大きな助けになるのではないかと思います。
(ちょっと言葉として矛盾しますが・・・)

どうなっていくかは流れに任せる感じになると思いますが、これから個人セッションは、のりこ流を取り入れたIHと、BLTフルセッションの2本立てになりそうかな?

わたし的には、何をするにしてもベースにトリニティの無条件の愛をもって取り組むことに変わりはないですが・・・^^

img_8321

のりこ師匠とまさかの明け方5時のツーショット(笑)
のりこさんすごいのにめっちゃ可愛くて、大好きになっちゃいました♡

dsc02091

クラス終了後の打ち上げパーティー♬

 
NYの写真はまた別途アップしますね♬

 

愛する人と、トロットロに愛しあいたい方へ♡BLT基礎セミナー終了しました♡

 
皆さま、こんにちは!

カラダを通して魂を癒すドクター、矢崎智子です。

 

先日、2回目のボディラブトリニティ(BLT)基礎セミナーを開催しました。

今回は4名様の予定でしたが、お一人急なお怪我のため、3名様に。

奇数だったので私もワークに入って、トロトロのボディラブの至福に浸った1日となりました♡

IMG_7917

(ボディラブトリニティセミナーについてはこちら

 
さて今回は、セミナーを開始させていただく前に、こんな話をさせていただきました。

個人的な話になりますが・・・(ちょっと恥ずかしいですが・・・)

 

私、先日の夏休みに、彼と旅行に行ってきたんですね。

久しぶりに長い時間彼と一緒にいたのと、条件付けの少ない南の島の開放感も手伝って、肉体的な交わりも含めた濃密な時間を、二人っきりで過ごすことができました。

愛する人と、何の気兼ねもなく時間も肉体も共有できる時間。

その数日間、身も心もトロットロの、それまで体験したことのない幸せを感じました。

不思議だったのは、それは、愛する人と一緒にいられて嬉しい気持ちとか、肉体的な快感だとか、エロティシズムだとか、そういうものを超えた幸せだった、ということでした。

まるで肉体を持ったまま天国にいるような、「至福」の体験だったのです。

Unknown

 
それまでの私は、恋人と幸せな時間を過ごすことがあっても、いつかこの関係が終わってしまうのではないか、と、その幸せを失うことの恐れや不安を同時に抱いていました。

過去の傷ついた体験や失敗や後悔を思い出したり、その体験からくる”今度こそは幸せになるぞ!”という未来への期待や気負い、また同じ体験をするのではないかという不安や恐れの中で、揺れ動いていたのですね。

だから、本当の意味での安心感や幸せを、感じたことがなかったのだと思います。

でもその数日間は、そういうものを感じることが全くありませんでした。

そこには「過去」も「未来」もなく、「いまここ」の幸せしかありませんでした。

 

でも・・・、この幸せははたして、「いまここ」にいるから、というだけだからなのだろうか・・・?

この至福感は、一体なんなんだろう・・・?と、幸せすぎて、むしろいぶかしく?思うくらいでした。

そしたら、BLTセミナーの準備のためにテキストを読み直していた時に、ハッと気づいたのです。

 
(ここから先、ちょっと言葉が難しくなるかもですが・・)

 
これはBLTではなくトリニティ覚醒セミナーで教えていることなのですが、私たちが現実で体験していること(=アトラクション)は、

「感情の二元性」と

「思考の時間」と

「肉体の分離」

の3つの条件付けがかけ合わさってできています。

立体が縦軸・横軸・奥行き軸3つの軸で表現できるのと同じで、3D映画のようなものだと思っていただけばいいと思います。

3D attraction
 
私たちが、喜び・悲しみなどの感情を強く感じている時、感情はタテ軸(二元性)の両極の外側の方に向かっています。

過去や未来について強く考えている時、思考はヨコ軸(時間)の両極の外側の方に向かっています。

「自分が」「あの人が」「みんなが」 という分離を知覚している時、肉体は奥行き軸(分離)の両極の外側の方にあります。

 
私たちは常にこの座標軸の真ん中ではないどこかにいて、そのかけ合わせによる様々なアトラクションを体験しているのです。

 
しかし、これらのアトラクションは、ほんとうにはホログラム≒幻想であり、「実在」していません。

(この世=ホログラムとは、量子力学の世界でも言われています)
 

そして、それぞれの軸の外側に行くほどアトラクション度が強くなるのとは反対に、内側の中心に行くほど、無条件、つまり神の世界になります。

実際にはその中心にしか、「実在」しているものはないのです。
 
maxresdefault
 
ポジティブやネガティブを感じている「感情の二元性」の中心には、無条件に全てを与える愛という「実在」があります。

過去や未来を考えている「思考の時間」の中心には、すべてを無条件に受け取り委ねる愛という「実在」があります。

そして肉体によって「私」「あなた」「皆」を知覚している「肉体の分離」の中心には、無条件に交わる愛という「実在」があります。

 
私が気づいたこととは、あの至福の体験は、私と彼が無条件に肉体で交わっていた時、そこに肉体の分離というアトラクションを超えた「実在する愛」があったからだった、ということなのです。

 
アトラクションの関係における愛は、有限です。

どんなに愛していても、気持ちが変わることもあれば、愛しあっていても肉体が滅びれば、(肉体的なレベルでは)いつか別れがやってきます。

そもそも、肉体という制限を持つ私たちの愛は多くが無条件ではないので、真実の愛という側面はあるとは思うものの、やはりアトラクションなのです。
有限だし、実在しないのです。

だから、どんなに愛していても、愛されていても、いつかそれがなくなるかも、って、不安になります。

愛は儚いものだって、有限だって、心(体?)のどこかでわかっているからです。

 
でも実在する愛は、不変で、永続する愛です。

それは、感情の二元性や、思考の時間や、肉体の分離を超えた神の愛であり、人間の喜びを超えた、無上の喜びなのです。

 
ああ、だからだったんだ・・・

 
これに気づいた時、深く納得したと同時に、感動で涙が出そうになりました。

そして、多くの方にこの喜びを味わってもらいたい、と強く感じました。
 

 
この無条件の愛の世界は実は特別なものなのではなく、死んだ(肉体が滅びた)後の世界は、おそらくこういう世界なのだと私は思っています。

(ちなみに死後の世界と無条件の愛についてとても素晴らしく書かれているのが、エベン・アレクサンダー博士の「プルーフ・オブ・ヘブン」です。よろしければお読みくださいね)
 
Unknown-4

「感情」「思考」「肉体」とは、そもそも無条件の愛の存在である私たちが、それを忘れて地球上でいろいろなことを学ぶために、わざわざ条件付けの目的で装着している3Dメガネのようなものです。

その中でも、私たちが無条件の愛に覚醒しようとする時、もっとも邪魔になるのが、肉体です。

なぜなら、愛をもっとも条件付けているのが、肉体だからです。

 
肉体は否が応でも「私」と「あなた」という分離を感じさせますし、思考や感情よりも根深い条件付けが肉体には刻み付けられているので、感情や思考を無条件化することはできても、結局肉体の条件付けが外れないために、本当には覚醒できない、というのが、今までの常でした。

中でももっとも強く根深い条件付けは、セクシャリティに関するものだと言われています。

だから、その深い肉体の条件付けを外して覚醒するために、様々な宗教などにおける秘儀やタントラのような、肉体の交わりを通して悟りを目指す方法が研究されてきたわけです。

私はそれらの秘儀についてはよく知らないので何とも言えませんが、それらの修行をすることや、またはただ愛による肉体の交わりを昇華させることで、「実在する愛」にたどり着いた人は、今までにもいらっしゃるのだと思います。

でも、きっとそういう人の絶対数はそれほど多くはないのではないかな、と推測しています。

なぜなら、そういう人がたくさんいたら、今ごろ地球はもっと愛の星になっているんじゃないかな、と思うからです。
 
images-2
では、私たちがこの人生で肉体を持ったまま「実在の愛」に目覚めるには、どうしたらいいのか?

私は、そのための最短距離の方法が、ボディラブトリニティを実践することではないか、と思っています。

まさにそのまんまで、死んでからではなく肉体を持って生きながら、肉体を超えた「実在の愛」に目覚めるために伝えられたのが、ボディラブトリニティだからです。

私がこの至福体験をしたのも、ボディラブの伝授を受け、そして教えはじめた直後のことでした。

(*私の場合は、ボディラブだけじゃなくて、それまでのいろいろな積み重ねもあると思いますが・・・)。
 

ボディラブでなしに、肉体と肉体の交わりとして、セックスしましょう!でもいいのですが(笑)、セックス自体に強い条件付けを持っている人も多いし、そしてそれが肉体を強く条件付けてしまっている。
そういう人が普通にセックスしただけでは、かえってアトラクションを強化してしまって、無条件の愛に目覚めるには難しいことも多いです。

だから、ボディラブなんです。
 
dreamstimesmall_32841651-e1407154716363

相手に無条件の愛を求めるのではなく、まず自分のカラダの中に、無条件の愛を内包して生きること。

それによって、眼に映る世界が、無条件の愛の世界に勝手に変容してゆきます。

自分のカラダを愛しやすく、そして愛されやすくなるので、パートナーとより深く愛しあえるようになるでしょう。実際、パートナーとの関係が良くなった、という話をよく聞きます。

パートナーが欲しい方は、めぐり逢う可能性が高まると思います。

平たく言うと、肉体が関係することすべてにボディラブは影響するので、人間関係の変容だけではなく、(絶対的な保証はできかねますが)健康になる、若返る、美しくなる、といった変化も、普通に起きるでしょう。
(ただ、変容の前に毒出しが起きることはあります〜)

必然的に豊かさも巡ってくるでしょうし(お金は人と人との間のエネルギー循環です)、喜びを素直に表現できるようになる、などの変化も起きるでしょう。

肉体の条件付けをはずすことで本来の世界の豊かさが現れ出でてくる、という感じでしょうか。

 
ボディラブを実践すれば、セックスなしでも、このように、肉体レベルで無条件の愛に目覚めて生きていくことができます。

でも私としては、多くの方に、せっかく肉体を持って生まれてきたのですから、どうせならセックスという生きた肉体同士の交わりという形でもそれを体現していただきたいな、と思うのです。

それが、肉体を持って生まれてきたことの最上の幸せの一つだと思うからです。
 
images
 

幸せって、本当にシンプルなんです。

本当に愛する人と、心もカラダもトロトロに溶け合って無条件に愛しあえたなら、悩みの大部分は消え失せる、と私は思います(単純すぎますか?笑)。

 

どうですか?

こんな無条件の愛、実在する愛を体現しながら、生きていきたくなりませんか?

 

真面目な話、私は、これに目覚めることで、ある程度の割合で病気が治るのではないかと思っています。

とくに、セクシャリティが深く関係する婦人科系の病気や、不妊症(セックスレスを含む)などは、最たる適応ですね^^

 

というわけで、アタナハクリニックでは、今後もボディラブトリニティ基礎セミナーを積極的に行ってまいります♡

 
肉体を離れて開く悟りではなく、肉体を持ったまま、無条件に愛し、愛され、愛しあう。

無上の喜びと安心感に包まれた、実在の愛の世界へ。

 
あなたはいま、それを受け取るのにベストなタイミングですよ。

どうぞ恐れずに、一歩踏み出してみてくださいね♡

 

~次回のBLT基礎セミナーは、2016年11月3日(木・祝)NEW! 開催します♫~
延期となりました~次回開催はまた告知させていただきます。

時間:10~18時(延長する場合あり)

場所:アタナハクリニック
〒211-0067 神奈川県川崎市中原区今井上町1-26 NOCビル2階(旧高木ビル)

費用:6万円(再受講3万円) 事前振り込み式

定員:8名

矢崎の気まぐれランチ付きです♪(たぶん)

詳しくはこちらをご覧ください!

もちろん男性の方も歓迎ですよ!

参加ご希望の方は、info︎atanaha-clinic.jp (︎を@に変換してください)でお申し込みください!詳細をお知らせいたします。

 

 
続編が出ていたようです。

 

 

医師が教える!トリニティ覚醒セミナーのご案内♪

~~2016年11月5日(土)・6日(日)開催します! ~~

 
皆さま、こんにちは!

カラダを通して魂を癒すドクター、矢崎智子です!

 
アタナハクリニックにて、

✨✨トリニティプラクティショナー覚醒セミナー✨✨✨を開催します✨✨✨

 

トリニティ・メソッドはこんな方におすすめです!

・自分の病気を治したい方
・人の病気を治したい方(プロの治療家含む)
・病気と治療のいたちごっこから抜け出したい方
・この世の仕組みを知りたい方
・本当の自分を知りたい方
・自分の使命が何かを知りたい方
・人生にほとほと疲れた方
・悩みから解放されて楽に生きたい方
・過去のトラウマに苦しんでいる方
・未来への不安に苛まれている方
・無条件の愛を知りたい方
・人間関係に悩んでいる方
・お金に悩んでいる方
・誰かに愛されたい方
・願望実現したい方
・心の平安が欲しい方
・死ぬのが怖い方
・悟りたい・覚醒したい方
・ただ幸せになりたい方
・・・・・

リスト、長!
ほとんど全員かも(笑)

 
トリニティ・メソッドとは・・・

この世で私たちが体験することを、

「感情(二元性)」「思考(時間)」「肉体(分離)」

の3つの条件づけでできたアトラクションとして捉え、

その3つの条件づけを外して、

無条件の真ん中に入っていく。

無条件の「わたしはある」に目覚める。

それに目覚めるメソッドが、トリニティです。

310_1li062_girl_in_grass2

 

 

 

 

究極の覚醒術でもあり、究極のヒーリングメソッドでもあり、究極の願望実現のツールでもあり、はたまた、そのどれでもない

なんとも説明が難しいですが、「すべてあるわたし」に目覚めると、その前と後では明らかに違う世界が待っています。

 
トリニティプラクティショナー覚醒セミナーを受けると、どうなるか?

・この世がアトラクションだということに覚醒します
・ほんとうの自分に目覚めます
・悩みがどうでもよくなります
・自分の使命を生きれるようになります
・自分の本来の能力を活かせるようになります
・人にヒーリングができるようになります
・究極のエネルギーワーク・フルトリニティの伝授を受けることができます
・病気が治ります・・・・とは保証できませんが、病気も健康もアトラクションだ、ということに目覚めると、何が起きるでしょうか?
病気の悩みがなくなります。病気の必要性がなくなります。
ということは、病気の状態を手放しやすくなります。(個人差はあります)
 

「すべてあるわたし」に目覚めると、それまで、アトラクションに振り回されてアップダウンして、私の人生どうしてこーなの!?という状態から、魂が、この人生でほんとうにやりたいと決めてきた、でも強烈にブロックしてきた”使命”に、生き様がシフトしていきます。

そうなるとですね、私の感覚ですが、人生がなんというか壮大な感じになってくるし、もっとLIVE感がでてくるし、心の底からやりたいことをやっている!という充実感があふれてきます。

うっぷんというものがたまらなくて、思い通りに物事が運ぼうが運ぶまいが、爽快感さえ感じるのです。

つまり、つねに「いまここ」を生きている、という感じになるんです(もちろんそうでない時もありますけど)。

目覚めたから個性がなくなるのではなくて、さらに個性がパワーアップされて、その”わたし”を生きることそのものが喜びになっていくのです。

consciousness-parallel-universe

 

 

 

 

アップダウンが、なくなるわけではありませんが、その中身は変容しているし、それすらも含めて、人生を愛する。そんな感じ?

 
この説明じゃ理解できなくて、欲求不満!、と思う方は、ノンストップ自動再生・延々ループのエゴの思考を超えて、魂がトリニティを求めている、再会したがっている、ことの証拠かもしれません。

そういう方には、たったの2日間だし、とりあえず(え゛)受けてみられることをおすすめします(笑)

あ、もちろん超真剣な方も、とりあえずの方も、超超ウェルカムです♡♡♡

 
<セミナー内容>
・この世の現実=アトラクションに目覚める
・1D二元性アトラクションの終わりなきゲームをクリアする
・無条件の愛の自己充足エクスタシーに目覚める
・アトラクションBoxで簡単リーディング
・「いまここ」トリニティヒーリング
・人生のファイナルステージ、無条件の愛の共同創造へと旅する
・人生の様々なアトラクションの無条件化
・対人関係のアトラクションの無条件化
・お金のアトラクションの無条件化
・仕事やビジネスのアトラクションの無条件化
・世界の諸問題のアトラクションの無条件化
・親子関係のアトラクションの無条件化
・ソウルメイト・セクシャリティのアトラクションの無条件化
・魂のコアアトラクションと使命に目覚める

 
トリニティメソッドは、無条件の神のエネルギーワークである「フルトリニティ」と、満を持して2016年5月に完成した「ボディラブトリニティ(BLT)」が合わさって、三位一体のメソッドとなっています。

全く初めての方は、ボディラブトリニティでも、トリニティ覚醒セミナーのどちらからでも受講可能です。

フルトリニティは、トリニティ覚醒セミナー修了していることが受講要件となり、トリニティメソッドの本拠地八ヶ岳で創始者の渡邉聡先生から伝授を受けることができます。

トリニティ&フルトリニティ公式サイトはこちら

(乳がんの改善過程の写真が載っています。ご興味がある方はご覧ください)

 

さて、気になる日程は・・・

2015年11月2日(月)3日(火・祝)終了いたしました

2015年12月5日(土)6日(日)終了いたしました

2016年7月2日(土)3日(日)終了いたしました

~~2016年11月5日(土)・6日(日)開催します! ~~

 
10~18時(延長する場合あり)

費用:2日間で8万円(再受講4万円)
*事前お振込み式でお願いしております。詳しくはお申込みいただきましたらメールにてお知らせします。

定員:8名 (最少開催人数2名)

インストラクター:矢崎智子

場所:アタナハクリニック

〒211-0067 神奈川県川崎市中原区今井上町1-26 NOCビル2階
TEL 044-712-0247

最寄駅:東急東横線 JR線 武蔵小杉駅北口より徒歩8分(アクセス

持ち物:ノート、筆記用具
 

☆リラックスできる服装をおすすめします
☆ヒーリングが全く初めての方でも大丈夫です。
☆開始時間までにお越し下さい。遅刻されますと受講できなくなり、次回日程に変更となります。

 
ご予約はこちらにお願いいたします。
info☆atanaha-clinic.jp(☆を@に変更してください)

 
メールへの返信にて、参加費振込先等をご連絡いたします。
お振込みの確認を持ちまして、ご予約完了となります。
お振込みはお申込みからなるべく5営業日以内にお願いします。
なお、お振込み後のキャンセルの場合の返金はできません。他の日程への変更は可能です。

 
皆さまのご参加をお待ちしております!!

healing-hands

ボディラブトリニティ基礎セミナー開催しました🎵

去る7月31日(日)、アタナハクリニックにて、トリニティの新しいエネルギーワークである「ボディラブトリニティ(BLT)」基礎セミナーを開催しました!

(最近ボディラブボディラブ言ってて恐縮ですが・・・(笑))

 
満席の8名様がご参加予定でしたが、急な体調不良などでお二人が欠席となり、6名様での開催となりました。

ご縁があり集まられた皆さまで、アットホームなセミナーとなりました。

以下、まとまっておらず私の独白みたいになっていますが、よろしければお読みくださいね。

みんなでペアワーク中

みんなでペアワーク中♪

思考よりも、感情よりも、はるかに根深く、私たちを縛る肉体の条件付け・・・

それを外し、肉体から無条件の愛に目覚めさせてくれるのが、ボディラブです。

私がボディラブの伝授を受けた時、本当に感無量でした。

ここに答えがあったのか!と。
 

頭で理解するものではない。感情で納得するものでもない。

でもなぜか体感があり、腑に落ちる。カラダでわかる。カラダが変わる。

なんとも言えない幸せに包まれたカラダになっていく。

そうなると、目覚めちゃうんですね。勝手に。
 

しみじみ、人間が創ったんじゃない、と思います。人間には到底、できないことです。

そしてついに、そんなセミナーを開催させていただけることになったわけです。

ランチはグリーンカレーでした♪

ランチはグリーンカレーでした♪

ところが・・・

セミナーでは、受講生さんにテキストに載っている質問の答えを書いていただき、シェアする時間があるのですが、そのシェアを聞いていたら、私、段々と気分が落ちてしまったんです。

楽しいランチの時間も、なぜかローテンション・・・

セクシャリティの深いところのイシューなども出てくるので、それにトリガーされちゃったのかしらん?と思ったのですが、そうではなく・・・

いよいよ伝授タイムになった時、その理由がわかりました。
 

私、緊張していたんです。BLTを 伝授をすることに対して。

 
それは、「伝授がうまくできるかどうか?」というようなことではありません。

過去生で何度も、神の意志を伝えようと同じようなことをしてきて、でも結果的に失敗して、その度に失意のまま肉体を去り、何度も生まれ変わってきた・・・、そんな悲しみや悔しさや怒りや後悔の気持ちが、湧き上がってきていたのです。

それが、緊張感を生み出していたのですね。
 

でも、いざ伝授を始めると、そんなものは吹っ飛んでしまいました。

やる前からわかっていたことではあるのですが、どう考えても、私がやっているのではないんですね。

何かがそれを起こしている。または、起きている、としか言いようがない。

私はただ、委ねているだけでした。

伝授しながら、相手の肉体に秘められた深い罪悪感や、闇や、孤独を感じ、それがボディラブで癒されていくのを感じるたび、感動しかなく、涙があふれました。
 

ボディラブを語る時(トリニティやフルトリニティもすべてそうですが)、これを創った偉大な存在、つまり「無条件の神」を感じずにはいられません。

肉体が、私たちを縛る不自由なもの、という理解から、まさに神(トリニティ的にいうと”精霊なる神”)そのもの、ということにシフトするわけです。

どんだけすごいシフトなんでしょう〜〜〜〜!!!

みんなで修了写真♪

みんなで修了写真♪

私たち人類は、今までいろいろな試行錯誤をしてきました。

ここ数十年?のスピリチュアルブームで、目覚めるため、または単に幸せになるために、思考の書き換えをしたり、感情解放をしたりしてきた方は数多いと思います。

それでも、肉体に残る強固な条件付けを外すことは、とても困難でした。

ほんの短い束の間や、カラダを抜け出してなら、目覚めることは可能だったと思います。

でも、肉体を持っている限り、肉体の条件付けに引き戻されてしまい、目覚めたと思ってもまたアトラクションの世界に舞い戻ってしまうのが、私たち人間の常だったわけです。

だから、幸せ(という言葉が適切なのかどうかわかりませんが)が永続することも、難しかったんです。

でも、カラダの条件付けを外すことができたなら、私たちは本当の意味で、目覚めることができるんです。

私たちが抱える、「罪」「闇」「孤独」から、本当の意味で救われるんです。

救済のカナメは肉体だった!!、という話です。

(救済を、目覚め・覚醒・解脱?w、などと言い換えてもいいですね)
 

ずいぶんとぶっ飛んだ話だと思いますか?(思いますよねぇ、普通ww)

でも、本当なんです。
 

もちろん、伝授を受けたら必ず全員そうなるか、といったら、それはわかりません。まだ未知の世界、だからです。

医者の私がなんでこんなことをやってるのか・・・という疑問も生じるかもしれません。

それは、過去生からの使命であるということもありますが(もちろん証明できませんけどね!)、思考の書き換えや感情解放やそんじょそこらのエネルギーヒーリングではだめで、肉体の条件付けを外すことでしか治らない病気があると思っているからです。

ていうか、裏を返すと、目覚めるために病気してるんでは?、という話です。

気づこうぜ!そろそろ。
 

o-SMILING-facebook

 
︎︎︎ ボディラブトリニティ基礎セミナー開催のお知らせ♫ ︎︎︎

 
トリニティの新しいエネルギーワークである、「ボディラブトリニティ(略してBLT)」基礎セミナーを開催します!

 
2016年7月31日(日) ~終了しました~

2016年8月28日(日) ~終了しました~

2016年9月19日(月・祝) ~終了しました~

2016年11月3日(木・祝)NEW! 開催します!
延期となりました~次回開催はまた告知させていただきます。

時間:10~18時(延長する場合あり)

場所:アタナハクリニック
〒211-0067 神奈川県川崎市中原区今井上町1-26 NOCビル2階(旧高木ビル)

費用:6万円(再受講3万円) 事前振り込み式

定員:8名

矢崎の気まぐれランチ付きです♪(たぶん)

詳しくはこちらをご覧ください!

参加ご希望の方は、info︎atanaha-clinic.jp (︎を@に変換してください)でお申し込みください!詳細をお知らせいたします。

 

というわけで、ボディラブ、可愛い名前のくせして破壊力(?)抜群です。

目覚めたくない人は来ないでね♡にひひ

 

 

ボディラブトリニティ基礎セミナー開催のお知らせ♫

~2016年11月3日(木・祝)NEW! 開催します♫~
延期となりました~次回開催はまた告知させていただきます。

 

 
地球上の人間がみんな ボディラブに目覚めたら

 
たぶん戦争はなくなる

 

 
なぜって

 
 

白い肌を持ってることも

 
黒い肌を持ってることも

 
黄色い肌を持ってることも
 

 

長いあいだ 争い 戦ってきたことも
 

うばい うばわれてきたことも
 

血をながし 涙をながしてきたことも
 

 

ほんとうはわたしたちが ただそれを体験するために 

 
ひとつの魂を無数にわけて 

 
それぞれのからだをまとってやってきた

 
たったひとりの人間だってことが わかるから
 

 

男であることも
 

女であることも
 

どちらかなのかわからなくて 悩んでいることも
 

相手に求めるものが得られずに悲しむことも
 

愛憎のはざまで苦しむことも
 

 

ただ それを体験してる
 

それを超えた たったひとりの 満ち足りた人間だってことが わかるから
 

 
年をとってしまったことも
 

まだ若いことも
 

元気なことも 
 

元気がないことも
 

病気でからだが 痛いことも かゆいことも 
 

苦しくて つらくて こわいことも
 

からだが言うことをきかないことも
 

 

ごはんを食べなければいけないことも
 

眠らなければいけないことも

 
いつか死んでしまうかもしれないことも
 

 

ほんとうには 生死を超えた たったひとつのからだであることを 

 
知るために 体験しているってことが わかるから
 

 

あの親のもとに生まれたことも
 

この子どもの親であることも
 

 

孤独でひとりぼっちなことも
 

誰かを支配したいことも
 

誰かに依存していることも
 

誰かと罵りあってることも
 

誰かと愛しあっていることも
 

 

すべて
 

感情 思考 肉体
 

というものがつくりだす

 
アトラクションに過ぎない
 

 

でも からだの感覚は それを本物だと 思わせる
 

そして わたしたちは 分離してしまう
 

 

分離のない 無条件のからだ
 

 

それはありのままで 愛し 愛され 愛し合う 神のからだ

 

 
神のからだに目覚めれば
 

 

そこには 
 

 

 

無条件の愛で満ち足りた 

 

 

 

 
たったひとりの 人間しかいない。

 

 

 

 

父と子と精霊の 無条件の愛の ボディラブトリニティ♫

 

 

 

それはもう 見果てぬ夢 じゃないよ
 

みんなで神の国をつくろうよ♪
 

smiling-kids

 
︎︎︎ ボディラブトリニティ基礎セミナー開催のお知らせ♫ ︎︎︎

 
トリニティの新しいエネルギーワークである、「ボディラブトリニティ(略してBLT)」基礎セミナーを開催します!

 
BLTは、一番深く外れにくい肉体の条件付けを超えて、無条件のカラダ、神のカラダ(Body of God)に変容させていくエネルギーワークです。

私たちは、生きている以上、どこまで行っても肉体の条件づけにしばられています。

それを超えて、無条件のカラダに目覚めること。

そのために、このタイミングで降りてきたのが、BLTです。

ボディラブを学ぶことは、肉体によって条件づけられた愛ではなく、無条件の愛をより深く学ぶことです。

・男性性と女性性の分離 セクシャリティの問題
・家族や遺伝などの条件付け
・肉体を持つことによる根源的な孤独

それらの根深いアトラクションを超えて、無条件の幸せなカラダへと目覚めましょう♡

【セミナーでやること】

☆肉体によって条件づけられた愛の無条件化
☆子宮の真実について学ぶ
☆BLTのエネルギー伝授
☆個々の問題に対してのペアワーク
☆自分や身近な人などにBLTを送る方法を学ぶ
(*BLTの有料セッションを行うプラクティショナーになるは、トリニティとフルトリニティのプラクティショナーであること、そしてBLT基礎セミナー修了後、アドバンスセミナーを修了し、試験に合格することが必要です。)

肉体に深く働きかけるBLT・・・。それは、思考や感情を吹き飛ばす破壊力(?)があります。
本当にすごいエネルギーワークです。

今までの今の時代にまさに必要なこと、それがBLTなのです。

私はいま暫定的にインテグレートヒーリング(IH)の調整としてBLTをやっていますが、多くの方が、今までのIHと効果の出方が違うとおっしゃっています。
(このやり方は条件付けされてしまう感じがするので、今後BLTだけでセッションをしていくつもりですが・・)

今まではBLT受講はトリニティプラクティショナー限定でしたが、いよいよ、トリニティを受けていない一般の方にも扉が開かれました。

ですので、トリニティプラクティショナーはもちろん、どなたでもご参加可能です。

ヒーリングを全く知らない方でも大丈夫です。

 
病気でお悩みの方・・

セクシャリティやパートナーシップでお悩みの方・・

老化が怖い方・・

深い安心感に包まれて生きていきたい方・・
 

などの方はとくに、BLTを強くお勧めします。

ぜひこれからの時代を、無条件の幸せなカラダで生きていきましょう♪

 

以下、セミナー情報です。

 
2016年7月31日(日) ~終了しました~

2016年8月28日(日) ~終了しました~

2016年9月19日(月・祝)開催します!

2016年11月3日(木・祝)NEW! 開催します!
延期となりました~次回開催はまた告知させていただきます。

時間:10~18時(延長する場合あり)

場所:アタナハクリニック
〒211-0067 神奈川県川崎市中原区今井上町1-26 NOCビル2階(旧高木ビル)

費用:6万円(再受講3万円) 事前振り込み式

定員:8名

矢崎の気まぐれランチ付きです♪(たぶん)

参加ご希望の方は、info︎atanaha-clinic.jp (︎を@に変換してください)でお申し込みください!詳細をお知らせいたします。

みなさまのご参加お待ちしております♡

 

脳の調整キネシオロジー「LEAP」レベル1修了しました!

 
皆さま、こんにちは!
 
カラダを通して魂を癒すドクター、矢崎智子です。
 
 
先週ですが、7日間ぶっ続けで、脳の調整キネシオロジー「LEAP」レベル1を受講していました!

FullSizeRender 4

・特定の状況になると、頭が真っ白になってしまう…

・何かミスをすると緊張してしまい、さらにミスをするという、ネガティブなループにはまってしまう…

・そして自分はダメだと思ってしまう…

・学習障害がある…

・パニックに陥ってしまう…

・思考と感情が乖離している…

・過去のことにばかり囚われてしまう…

・感情が爆発して抑えられない…

・やめたいと思っているのにやめられない…

・人の気持ちがわからない…

・などなど…
 
とっても多いこういったお悩み、もしかするとあなたの脳内での統合がうまくいっていないために、起きているかもしれませんよ〜
 

2016-07-11 11.47.08

LEAPとは「Learning Enhancement Acupressure Program (学習能力向上指圧プログラム)」の略で、元々は学習障害の改善を目的に発展してきたキネシオロジーの一種です(アプライドフィジオロジー:APが基盤になっているそうです)。

(*講師のジャッキー先生のクライアントのほとんどがお子さんだそうです)

ですが、学習障害のみならず、人間のすべての思考や行動レベルにおいて、根本的な脳の機能がちゃんと働いていることが大切であるということがわかってきたので、上記のような様々な症状や行動の問題も扱うことができるということです。

 

脳の機能を理解すると、本当に多くの症状や振る舞いの原因や、それらに対してヒーリングで経験的・感覚的に行ってきたことを、明快に脳科学的に説明することができます。

かなり多くの問題が、脳の各部位の機能やそれらの統合の問題、スイッチング(脳内のエネルギーの流れが異常になっている)などによって起きているのです。

(もちろんこれはある一つの見方で、様々な角度で見ることが可能だと思います)

13708410_1014397332015172_9077574743229026699_o

私たちの言動を実際にコントロールしている部分、それは爬虫類脳(延髄や間脳など)と旧哺乳類脳(大脳辺縁系:感情脳)と呼ばれる部分で、ざっくり言うとこの部分の意識が潜在意識です。

これらの部分の最優先事項は、「私」という個体の「生存」なので、ここにある生き残りのための感情(サバイバル感情)が発動すると、大脳皮質(≒顕在意識≒思考≒理性)がどうがんばっても抗うことはできず、その言いなりになってしまいます。
(やめたいのにやめられない、逆にやりたいのにやることができない、などなど・・)

それの感情が本当に必要だったのは過去においてのことで、現在はその必要がないのに、自動的に脳とカラダが「闘争-逃走反応」になってしまうのですね。

そして、それらの危険信号が脳の統合を邪魔してしまうため、脳の機能が低下してしまい、本来の能力を発揮できなくなってしまうわけです。

このような感情を刺激し、私たちの脳の統合を失わせる原因は、ズバリ、ストレスです。

(つまりストレス満載の現代人は、つねになんらかの脳の不統合を抱えている、っちゅうことですね〜💦)

13710615_1014398468681725_190267015480636707_o

LEAPのテキストによれば、脳が完全に統合していれば、事実上脳にとって困難なことは何一つないそうです。

ですが、ほんの少数の人たちしか(おそらく2〜3%以下)、脳の機能をほとんど完全に備えたまま、子ども時代を生き抜いてきた人たちがいないといいます。

(なるほどねぇ・・)

2016-07-10 11.48.51

しょっぱなから、やれ大脳皮質だ、脳梁だ、扁桃体だ、視床だ、大脳基底核だ、連合繊維だと、だいぶ脳がスイッチングを起こしていたと思いますが(医学部の授業かい?)、最終的には全部繋がって、なるほど〜〜!と膝を叩きたくなるような感じ。

そしてそのアカデミックな知識が、東洋思想のエソテリック(秘儀)的な部分や包括的・宇宙的な視点とあいまって、キネシオロジーとしての調整に直結していることも素晴らしい。

セミナー中のペアワークで、かなり深い感情の解放ができた方もいらしたみたいです。

LEAP、深いです。

懇親会にて!みんながやってるのはオーラモードで〜す!

懇親会にて!みんながやってるのはオーラモードで〜す!

 
しかし学べば学ぶほど、脳って、人体って、本当にすごいんだなあ〜と、改めて認識しましたYO!
(よくこんなもの創ったよねぇ〜〜 >神!)

 
そして何より、このセミナーを興味深く、わかりやすいものしてくれたのが、講師のジャッキー・ムーニー先生でした!

13692969_1014400348681537_3557641265471880799_o

ジャッキー先生はとても愛に溢れたチャーミングな方で、ともすると難解で退屈になりがちな脳の解剖や機能を、ユーモアたっぷりに教えてくださり、とても楽しく勉強できました。
(学生時代にこんな風に教わりたかった!)

セミナーの内容はもちろんですが、私が感銘を受けたのは、デモセッションをする時のジャッキー先生のクライアントに対する慈愛に満ちた在り方でした。

これだけ知識が豊富なのにも関わらず、知識が最重要なのではなく、ヒーリングするのに最も重要なことは愛である、とおっしゃっていました。

本当にその通りだと思います。

知識は大切かもしれませんが、ヒーリング自体は何の知識がなくても、子どもや動物にもできること。

知識よりも、愛そのものでいられるかどうかが重要ですよね❤️

その上で知識を活かせるようになりたいですね^^

13711682_1201559929908384_807525254_o

まだ理解しきれてない部分がたくさんあるので、復習しつつ、臨床に応用していきたいと思います。

とりあえず今はIHの中に取り入れる形でLEAPを使う予定です。

ご興味のある方はアタナハクリニック TEL 044-712-0247 までお問い合わせくださいね〜〜^^

13775991_1015665898554982_1745328390821674302_n

数々のキネシオロジーの大御所の皆さまとご一緒させていただきましたよん♪

 

7月31日(日)開催「ボディ・ラブ・トリニティ」基礎セミナー残席3名となりました!

満席となりました!ありがとうございます!

詳しくはこちらをごらんください❤️

 

トリニティプラクティショナー覚醒セミナー開催しました♪

皆さま、こんにちは!
カラダを通して魂を癒すドクター、矢崎智子です。

 
この週末に、トリニティプラクティショナー覚醒セミナーを開催させていただきました!

トリニティのセミナーを開催した後、いつもすぐブログを書こうと思うのですが、すぐに書くことができないのです。

なぜなら、言葉がなかなか出てこないから。

トリニティ・メソッドは、すべての条件付けを外した真ん中、すべてある自分の中心に還るメソッドです。

そこは言葉や思考を超え、感情を超え、肉体の分離をも超えた世界です。

わかりやすい歓喜や達成感ではなく、もっと曖昧な感覚ではあるものの、言葉では表現しきれない充足感や満足感に充たされる感じです。

それをうまく伝えようと思っても伝えられない、歯がゆさ・・・

でも、参加者の皆さまは、思考が捉えるレベル?でいうとそれぞれかもしれませんが、私たちが肉体を持つ前にもともと持っていたその感覚を、思い出していただけたようです。

 
頭では理解はできていないけど、なぜかハートはわかっている・・・

なぜかわからないけど納得している・・・

深いところが癒されている・・・

すごいものを知ってしまった・・・(←もともとご存知なんですが!)

 
こんなご感想をいただいています。

 

マリアさまと集合写真♪

マリアさまと集合写真♪

終了後に皆さんと♡

 
今回久しぶりに開催させていただいて、私は本当にトリニティを皆さんに伝えたいんだなあ、と再認識しました。

私にとって、病気治しの先にあるもの、それがトリニティの世界です。

病気をはじめとした地球のアトラクションを遊び尽くした後に、そこにたどり着いていただくこと。

それが私の使命のひとつなんだなあ、と改めて感じました。

私の使命といっても、このセミナーは私がやっているのではありません。

私がセミナー開催中に、一番気をつけていること・・・

それは、いかにアトラクションの「私」を介在させないで、トリニティがやっていることを邪魔しないでいるか。いかに、起こることに任せるか。

ヒーリングセッションをしている時も同じですが、それに尽きます。

私と受講生さんの分離がなくなり、私が完全に委ねた時に、その邂逅が起きます。

この感覚は、これも文章になかなかならなくてまだ書いていませんが、6月中旬に八ヶ岳で伝授を受けたトリニティ・メソッドの新しいエネルギーワーク(ボディワーク?)である「ボディ・ラブ・トリニティ(B.L.T)」によって、さらに強くなった感じです。

 
このボディ・ラブ・トリニティも、超強力です。

強力具合でいうと、フルトリ二ティのさらに上を行ってる感じです(別のものなので上とか下とかないですけど^^;)。

こんなものが降りてくるとは全く予想もしていませんでした。私にとってはIHがかすんでしまうほどのインパクトがありました。

これについても追い追い書かせていただきますね。

 
取り急ぎ私のご報告でした♡

今回は初めてランチをご用意してみました♪ゆったりとみんなで食事ができてよかったです♡

今回は初めてランチをご用意してみました♪ゆったりとみんなで食事ができてよかったです♡

セミナーのご感想も、順次追加させていただきますね。
参加者の皆さま、ご感想よろしくです(業務連絡w)

1日目はチキンのトマト煮込み、2日目は夏野菜のドライカレーでした♪ 美味しいと言ってもらってうれしかったです♡

1日目はチキンのトマト煮込み、2日目は夏野菜のドライカレーでした♪
美味しいと言ってもらってうれしかったです♡

次回のトリニティ覚醒セミナーの開催は9月か10月を予定しています。

その前に、ボディ・ラブ・トリニティの基礎セミナーを行うかもしれません。
(*今のところ、対象者はトリニティプラクティショナーとなります)

また告知させていただきますので、どうぞ宜しくお願い致します♪